ちきゅうラジオ〜 ワールドカップ開催国ブラジルより!!

やったーーー!!!
決めましたね、サムライジャパン、来年のワールドカップブラジル大会、進出(祝)!
ということで今回お届けする国・都市はブラジル・リオデジャネイロ★
いつもラジオのみならずとーってもお世話になっているリオ在住のスーパー・ハンサムウーマンで、ブラジルと日本でミュージシャンとしてご活躍中のMAKOさんより、日経ウーマンブログ読者の皆さんへ、あつーいレポートをいただきましたよ♡

MAKO_2.jpg

***
世界のイチメン http://www.nhk.or.jp/gr/ichimen/  より
来週 15 日から開催されるコンフェデレーションズカップに続き、2014 年のワールドカッ プ、そして 2016 年のオリンピックと、ブラジルはスポーツイベント満載で、ブラジル経 済に大きな影響を与えています。こうしたスポーツに関連したプロジェクトに国が 10 億 ドル、日本円でおよそ 1000 億円もの投資を予定しているということもあり、ブラジルの インフレ状況がとどまる気配を見せない、ということが記事に書かれていました。
ホテル、レストランはもちろん、アパートの家賃に食料品、交通費などありとあらゆるも のの値段が上がっています。私は今週月曜までリオからブラジルの北東部の街に旅行に出 ていたのですが、帰ってきてバスに乗ったらびっくり!。バスをよく使うんですが、いつ もの料金を払ったらお金を収集するバスの乗務員に「お金が足りないよ、と注意されて、 値上がりしている料金を「ほら!」と指で指され ヒヤー!としました。つい先日までは 日本円で 140 円ほどだったのですが、今月 4 日から 150 円に値上がりしていたんですよ。 ちなみに、私が初めてブラジルを訪れた 2000 年当時のバス料金は日本円で 40 円ほどでし たが、13 年たった今、およそ 4 倍近くになっているわけですから驚きでですよね。私が いま住んでいるアパートも、5 年前の家賃からおよそ 1.5 倍になりましたし、観光地で有 名な地区では、家賃が、3 倍にも 4 倍にも膨れ上がっている状況です。
食料品の値段も上がっていて、特に4月に、恐るべき物価上昇が、「トマト に起こりました!3 月まで 1 キロあたり日本円でおよそ 180 円だったトマトが、480 円ま で値上がりしたんですよ!このとき市民の間で、「恋人への贈りものは、宝石よりもトマ トの方が値打ちがある」という、風刺のきいたギャグも生まれました。
特に4月に起こった恐るべき物価上昇が、”トマト”に起こりました。3 月迄 1 キロあたり 約日本円で 180 円だったトマトが、480 円に値上がりし、国民は、恋人からの贈り物は、 「宝石よりもトマトの方が値打ちがある」など、ギャグが生まれたりもしました。
給料は、最低賃金というのがあるんですが、それは、物価の上昇に伴い上がっています。 でも、ある程度収入のある人たちは、あまり変わっていないのが現状です。
わたしは、日本のバブル崩壊による深刻な経済問題を体験したので、これから世界的なス ポーツイベントが続くブラジルの経済がどうなっていくのか、少し心配しながら見守って います。
Brasil.jpg   Corcovado.jpg
MAKO さん-プロフィール
MAKO_1.jpgのサムネール画像

兵庫県神戸市出身。 ブラジル音楽に魅せられ、日本でブラジル音楽歌手として、関西を中心に2001年迄活動 し、2001年8月にポルトガル語を学ぶ為ブラジル、リオ・デ・ジャネイロへ渡る。その後 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで歌手、パーカッショニストとして音楽活動を開始。ボ サノヴァ、サンバ、サンバカンサォンなどのレパートリーで、 MPBの正統派スタイルを 受け継ぎながら表現し演奏する日本人アーティストとしてブラジル、日本、そして各国で 活動。今までにWanda Sa、Roberto Menescal、Pedro Luis、Robertinho Silva、Teresa Cristina、Mônica Salmasoらと共演。
リオの空気で培った視点で選び抜かれた作品、優れたアレンジでレコーディングを行い 、 2010年ブラジルでCD「Algumas Coresーいくつかの色」をリリース。ブラジリア、サン パウロ、リオ・デ・ジャネイロでCD発売記念ライブを行なう。その可憐な美しい歌声は、 まさに”カリオカ(リオっ子)”女性シンガーのみが持つ特有の空気を放つ歌手、と過大な 評価を浴びる。PianOrquestra(ピアノオーケストラ)のパーカッショニストとして、カ ナダのバンクーバーそしてカルガリー、チリ、アルゼンチン、オランダへ演奏旅行 。 2010年ノルウェーオスロで行なわれたブラジル音楽フェスティバルに、
Flávio Venturin(フラヴィオ・ヴェントゥリーニ)、Yamandu Costa(ヤマンドゥ・コス タ)、Andrá Mehmar(アンドレ・メーマリ)らと共に参加。
リオで毎年行なわれるカーニバルのパレードで50万人の観客動員数があり、現在音楽シー ンにおいて絶大な人気を誇るストリート・パーカッション軍団” MONOBLOCO(モノブ ロッコ)”の唯一日本人メンバーとして、活動を続ける。そして、MONOBLOCO(モノブ ロッコ)2010年初来日の際に東京リキッドルーム、名古屋ライブでゲスト出演。その他 、 MPB(ブラジル・ポピュラー音楽)を代表するコンポーザーChico Buarque(シコ・ブア ルキ)の楽曲のみを演奏する女性グループ “Mulheres de Chico-シコの女達”、南米で最も 人気のあるアーティストRoberto Carlos(ホベルト・カルロス)を賞賛するバンド”Exalta Reiー王を賛美”で活動中。ブラジル国外で幅広い活躍を続けているブラジル音楽界の重要 性ある日本人アーティストとして、注目を浴びている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です