ニューヨーク在住 国際フォトジャーナリスト 内海夏子さん

日経ウーマンブログの読者の皆さんへ:

ニューヨーク在住で、大先輩の国際フォトジャーナリスト 内海 夏子さんより、下記、ご自身が主宰されるNPO「コーズ・ビジョン」の最新プロジェクトの熱いご紹介メッセージが届きました。大変、大変興味深い内容なので、是非読み頂き、拡散のほど宜しくお願いします!!!

萩野絵美

>>>>

嬉しい悲鳴。日本の漫画でメキシコのヒューマン・トラッフィキング(人身売買)を防ぐプロジェクト

 

ニューヨークがベースのNPOコーズ・ビジョン(http://causevision.org)が始めた「日本の漫画で人身売買を防ぐプロジェクト」にメキシコの高校教師たちからのリクエストが殺到して嬉しい悲鳴をあげている。

コーズ・ビジョンは、情報を最も必要とするのに情報が最も行き渡ってない途上国の人たちにターゲットを絞り,カスタムデザインの教育用のメディアを製作して届けようという非営利法人だ。

創始者はニューヨーク在住のフォトジャーナリストで「ドキュメント女子割礼」の著者でもある 内海夏子。彼女はそれまで取材で行った僻地の村などで、そうした教育用資料が欠如していることを見てきた。「多くのお金が意識向上の名目で、すでに情報が行き渡っている人たちにさらに情報を流すことに使われている。ところが、公共衛生や人権意識の向上などのためにそうした情報が最も必要な肝心な人たちにはちゃんと届いていない」と、ジャーナリズムを通じて培ったスキルとネットワークを使って2010年にNPOを立ち上げた。電気やインターネットのインフラが整っておらず、識字率も低い地域の人たちには、結局、紙媒体でビジュアルな日本の漫画が効果的なのではとアイディアを開発していった。

まずはヒューマン・トラフィッキング(人身売買)に焦点を定め、若い女性たちがメキシコからアメリカに売られてくる前に「警告」を発する教育手段として、漫画プロジェクト「エベリナ」をスタート。プロの漫画家を目指している兵庫県姫路市の江本佑作君が賛同し、メキシコ系アメリカ人の脚本をもとに36ページにわたる漫画をボランティアで描いた。ストーリーは、14歳のメキシコ人の女の子エベリナが、アメリカで大金持ちになったと言い放つ村出身のエスペランサに言いくるめられてアメリカに旅立つが、国境を超えるや否や、売り飛ばされて奴隷にされてしまうという話だ。メキシコに行ったことのない日本人漫画家と、メキシコ人らしい顔つきやサボテンの形などグーグルで検索しながらの製作だった。もちろん言語はスペイン語に訳した。出来上がりは上々!さっそくアリゾナとメキシコの国境の町ノガレスや、メキシコでも女性の殺人が多くて有名なホワァレス市の女性達に配って反応を見た。「漫画とはいい方法ね」「勉強になる」と大人気だった。

そして今年の2月、メキシコ市郊外のテスココで行われていた、高校教師に人身売買防止の為の教育方法を教えるワークショップに招ばれた。500人の教師にエベリナを配り、どのように教室で使いたいかを聞いた。115校の教師たちが、授業で教育資料として使いたいから是非漫画を送ってくれるようにリクエストしてきた。総数は5万部以上だ!「この結果は、いかに現場にこうした教育ツールが不足しているか、そして漫画という手段で情報のギャップを埋めるという方法が学校の先生からも認められるという効果的なメソッドだということで、コーズ・ビジョンの構想が当たりだったという確信に繋がりました」と内海は言う。しかし問題はこれからだ。「こんなにデマンドがあると考えてなかったので、ファンドが足りません。一日も早くエベリナをメキシコの高校に届けたいので、必死で寄付を募っています。」

 

人身売買の犠牲者は歴史を振り返っても今が最も多く、今現在240万人の人が地球上のどこかで奴隷として働かされている。その80%は強制的に売春、17%は強制労働をさせられていると国連は発表している。日本も例外ではないどころか、対処が悪い国であると批判されている。メキシコはラテンアメリカのバンコクとも呼ばれるほど、強制売春が多い国だといわれており、人身売買はドラッグ・トラフィックに次いで最も実入りのいい犯罪だという。

427557_397144573645937_110584472301950_1491708_70756450_n.jpg

20111106-212936.jpg    Evelina 1 Cover.jpg

コーズ・ビジョンへの寄付はホームページから。。http://causevision.org

【プロフィール】

内海夏子 うつみ なつこさん

甲南大学法学部を卒業後、イギリスへ語学留学。1987年来米。ボスニア、シエラレオネ内戦、中米の森林伐採、家庭内暴力(DV)、十代の母親、少女への性的虐待、米国のホスピスケア、女子割礼などについて取材し、タイム誌、ニューズウィーク誌、ニューヨーク誌、コスモポリタン誌などに寄稿。3年間アフリカ6ヶ国を取材し、2003年に『ドキュメント女子割礼』(集英社)を出版。2007年ハーバード大学で修士号取得。昨年NPO「Cause Vision」を設立。

http://causevision.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です