フランス・リヨンより、 *PASSIONパッション* 注入~!!

Bonjour, ca va? 海外コーディネーター萩野絵美です。皆さま、残暑お見舞い申し上げます。お元気でいらっしゃいますか?

ところで皆さん、、、

身近でもそうではなくても、

或いはどんなレベルでも、

ロールモデルさんといいますか、何時でもやる気や刺激、ポジティブなエネルギーを与えてくれる方って、

いらっしゃいますか?

私にとって、言わずもがな、このブログの主人公たちであります、海外で活躍する日本人女性=ハンサムウーマンは、そんな存在・・・。

今まで、如何に自分が「花より団子」「色気より食い気」ということを公言していますが、

今私がおりますフランスでは、年中無休で胃袋&肝臓が活躍中です 苦笑

今週は、南仏プロヴァンスを北上しまして

美食、そして知る人ぞ知る!!シルクの街 (フランスの中でもパリより、生地の御店が多いらしいです)、フランス第二の都市、リヨンに来ております。

LyonFlower.jpg  LyonSilkMarket.jpg

なんとココには、

私と同い年で、同郷の東京出身、

デザインや ランジェリー&ファッションビジネスの本場フランスで、現場の第一線でご活躍し

初めての自身のブランド&会社を立上げ、

あらゆる意味で良い刺激をくれる、最高に素敵な女性がいらっしゃいます。

ファッション&ランジェリーデザイナー、大和田里佳さん。

朴訥で朗らかな人柄の中に、意志の強さや、1人の職人としての、モノづくりへのフィロソフィーや拘りといったものが、うかがえます。

riccacouture3.jpg  riccacouture1.jpg

そんな里佳さんからのパッション溢れる応援メッセージを、働く素敵な女子の皆様にも、お届けしちゃいます!

>>>>

日本全国の働く女性の皆様

Bonjour こんにちは!

リカクチュール(riccacouture)の代表、大和田里佳(OhwadaRika)です。

絹の都、フランスのリヨン(Lyon)で、ファッションデザイナーをしています。フランスで活動を始めてから、7年になります。

Emiさんよりご連絡を頂いてから、皆様に何をお伝えしたいかと考えていました。

最近、「Passion情熱」の大切さについて改めて感じる機会がありましたので、そのことを書きたいと思います。

フランスを代表する美食の街としても有名なリヨンには、たくさんの星付きレストランがあります。それらのレストランには、多くのトップクラスの日本人シェフたちが活躍しています。

先日、彼らが発起人となり、日本への東日本大震災の義援金を集めるための《チャリティーレストラン》が、一夜だけ開催されました。

職業柄、自由な時間の少ないシェフたちは、仕事の終わった深夜1時からミーティングを始めるなどし、準備期間2ヶ月をかけて《チャリティーレストラン 》の実現に至りました。

当日は、300人分のテーブルが用意されました。食材、飲み物はすべて各シェフたちのもとへ集まった、取引先から寄付されたもので賄われました。

プロの料理人、パティシィエ、ソムリエ、ウェイターに加え、受付など、総勢70人程の人たちがボランティアで参加しました。

私も、その中の一人として参加しました。レストラン業の経験ゼロの私には何が出来るのか不安でしたが、お客様をテーブルに案内したり、直径60cm程の業務用の大きなトレ-に小皿をたくさん乗せて運んだり、という仕事をしました。

視覚、味覚共に洗練されたひと皿ひと皿を、300人分、同じタイミングで、完璧な状態でお客様のテーブルへ届けるためには、各ポジションに高い集中力が求められ、緊張感が走ります。

その日の厨房はまさに « 情熱の塊 »。

シェフの指示する声が飛び交い、目まぐるしく動く人の手、手、手……

そして、まるでアート作品のように盛り付けられてゆく、皿、皿、皿……

それらが、ウェイターの手へ渡ると、それまでの慌ただしさがまるで嘘のように、優雅な仕草と共に、テーブルへと渡る。

会場には、絶え間なく響き渡るお客様の感嘆の声、満面の笑顔。

その日の厨房スタッフの集合時間は午後14時、解散時間は夜中の午前2時でしたが、終えたときの会場の雰囲気は疲労困ぱいどころか、熱気に溢れ、みんな笑顔でした。

この《チャリティーレストラン 》の成功は、一人一人の「Passion」なしには実現できなかったことだと実感しました。

何かを動かすときの原動力は、自分以外の誰か、何かを思う気持ち。

仕事においても私生活においても、その気持ち「Passion」を大切にしていくことを、日本全国の働く女性の皆様に伝えたいと思います。

Merci (ありがとう)

À bientôt (ではまた)

Rika Ohwada

>>>

次回は、大和田里佳さんデザインのシルクファッションの最新コレクションに加えて、ランジェリー話に、花を咲かせて・・・!

フランス女性と下着について、下着の選び方&買い方、パリジェンヌ&マダム&リヨンの女性に人気の下着などなど、お伺いします。

最後に、私の大学時代のメンターに言われた、大好きな言葉で締めくくります~

Find something that sets you on Fire ! 熱中できるものを、見つけましょう!

EH

PS  Facebook Pageを立ち上げました~!

リカクチュールRICCACOUTURE
代表兼デザイナー大和田 里佳さん

【Lyonリヨン発、シルクラグジュアリーブランド、riccacoutureリカクチュール www.riccacouture.com

プロフィール

東京生まれ。2000〜2003年、東京のインナーメーカーにてデザイナーとして勤務。商品の企画、製造、管理を任される。

2003年11月渡仏。

2006年11月、オリジナルファッションブランド、「リカクチュール(riccacouture)」をフランス絹の街リヨン(Lyon)にて設立。世界中の、いつまでも好奇心溢れる女性に向けた、コレクションを発信中・・・!

Works

2005June.        インターナショナルコンペティションに入選   Evian

2006Nov.         リカクチュールRICCACOUTURE s.a.r.l.設立  Lyon

2008Nov.-09Jan.  サンティエンヌ国立美術館に展示          St-Etienne

2009July.         リヨン大使に任命される            Lyon

2009Nov.         フランスのシルク専門見本市に出展      Lyon

2010Mar.          TAC(TokyoArtCollective)設立             France-Japan

2010Sep.  国際展示会 サロンドゥプレタポルテに出展Paris

2011mars.   モドード界の注目ブランドに抜擢

CNMM(Cercle des nouvelles marques de mode)Lyon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です