マレーシアより、ハンサムウーマン和田麻起子さんのレポートです!

13418549_1058127807600348_6340285910230167316_o

TFM「未来へのタカラモノ」、今回も紹介しきれなかった話題をマレーシアより、ハンサムウーマン和田麻起子さんのレポートです!

「この国なら誰でも知っている有名人」・・・皆さん、Michael Yeoh(ミッシェル・ヨー)という女優はご存じですか?
1997年公開の「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」のボンドガールをつとめたことで一躍有名になったハリウッドでも活躍するマレーシア人の女優です。数少ない(といったら失礼ですが)、国際レベルの有名人。この質問の回答には該当しないですね・・・。というわけで回答するとき困ったんですよね。それでローカルのお友達に教えてもらって知ったのがSiti Nurhaliza(シティ・ヌールリハザ)という女性歌手。「彼女はナショナルレベルのシンガーよ」と。日本の場合、テレビは全て日本語で共通だし、流行りもわかりやすいですよね。でもマレーシアは多民族国家で、視聴するTV番組もマレー語、中国語、タミル語、英語とあって、好む音楽やドラマ、認識されている有名人も民族によって違うんです。だから、特に外国人の私なんか、なにが流行っているのかよくわからない…というのが正直なところなんです。逆にこういうお国柄だから、どれかひとつに合わせることも強制されない=とっても暮らしやすい国ですよ。

写真1.番組でもご紹介した東海岸のレダン島の海の透明度はご覧の通り。潜らなくても見えます!

<和田麻紀子さん プロフィール>
早稲田大学大学院(教育学)修了後、大手渉外法律事務所の秘書、翻訳会社勤務を経て、2012年よりクアラルンプール在住。翻訳(日英・英日)から、雑誌、本、ウェブコンテンツ、レポートの執筆や市場リサーチ、論文チェックまでフリーランスで活動中。広告撮影、TV・ラジオ番組のコーディネート実績あり。硬めの文章から、旅行やファッションなど情報発信系のWebコンテンツまで幅広く対応可能。愛犬の寝息を聞きながらの仕事は何より幸せ!?ママ世代の永遠のテーマ、ワーク・ライフ・バランスを目指して、二男児の子育てに、仕事に日々奮闘中。

13442542_1058127804267015_8509693478800547617_o 13443051_1058127810933681_5326712918499777230_o

写真2. レダン島の蟹。子供がいるとこの蟹君が格好の遊び相手です。
写真3.信じ難い一枚、マラッカ動物園のキリンです。いくらなんでも近すぎやしませんか!?なぜこんな設計がされているのか、ほんとに疑問です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です