ワシントンDC桜祭り2012

日経ウーマンブログ読者のみなさん、こんにちは!お元気ですか?

いや〜5月の連休ももうすぐというのに、ちょっと肌寒いというか、すっきりしないお天気続いていますよね。そんな早くも?!5月病になりそうな気分を「吹き飛ばして」くれる、お写真とレポートが届きました〜フロム ワシントンDC, USA!
IMG_1236.JPG
そう、皆さんもご存知、テレビでも今年は大々的に放送されていた恒例のCherry Blossom Festivalですが、3/20から4/27まで行われています。凄い。
イベント詳細
というのも、今年2012年は日本からワシントンに桜が贈られて100周年という節目の年で、フェスティバルも5週間に延長。
ワシントンDCの桜の開花具合、桜の名所Tidal Basinの様子、イベントの見所、そしてアメリカ人のお花見スタイルについて、今回もラジオ番組で電話レポートをお届けしました。
IMG_1241.JPG      IMG_1233.JPG
さーて、みなさんに質問!
1. 桜にもいろいろはりますが多くの観光客がワシントンDCに見に来る日本から1912年におくられた 桜は何という桜でしょうか。
A ソメイヨシノ
B しだれ桜
C 八重桜(ヤエザクラ)
2.ワシントンDCでのお花見で、日本ではできてもワシントンDCではできない事はなにでしょうか。
A. お弁当を外でたべること
B.  桜に触る事
C.  カラオケ
3.夜桜はアメリカ人に楽しまれているでしょうか。
A. 楽しまれている ー 夜の桜はライトアップされている。大型バスにのってくる観光客でいっぱいだが、お昼よりもゆったりとみられる。
B.  楽しまれていない。
赤字が答え
と、クイズを出題&レポートをいただいたのは、ワシントンDC在住のメンタルセラピスト、栩木利再(とちき・りさ)さん!
 
 
>>>
ストリートフェスティバルは、現地に住んでいる友人と再会できる絶好の機会ですから、毎年楽しみにしています。しかも国会議事堂が見えるペンジルバにア通りで日本のおつまみやビールが飲めることはこの祭り以外には無いですから。
通勤でタイダルベースンを通ります。毎年あのダイナミックな桜にはハッとさせられます。
車で通勤しているのですが、運転に集中するのが難しいくらい、本当に美しい風景です。
私の住んでいるワシントンDCのネブラスカアベニューでは、住人達は年中庭の手入れにかなり力を入れています。とくに春はその成果がみられる季節です。各々の庭にカラフルな春の花が咲きみだれ、まるでカラフルな絵画をみている間があります。是非一度日本の皆さんにも楽しんで頂きたいです。
Overlook 2.jpg   Overlook.jpg
渡米の経緯:日本で大学卒業後社会人として4年仕事をして、アメリカワシントンDCにあるジョージワシントン大学の大学院に進みました。渡米は2001年のアメリカ同時テロの3ヶ月前です。大学で心理を学びましたが、セラピーが日本より受け入れられているアメリカでセラピーの実技を学ぶ為に来ました。
現在はワシントンDCでメンタルヘルスセラピストとしての免許をもって、子どもから大人の治療に関わっています。トラウマの外来治療で知られているCommunity Connectionsでフルタイムで仕事をしているほか、日本語学校でスクールカウンセラーとしてのボランティアに携わっています。またRisa Tochiki Counseling Service, PLLC というセラピーの会社を2年前に設立しました。
今は8割はアメリカ人の小中学生を対象にセラピーを提供しています。
日本のセラピストが少ないワシントンDCですので、今後更にメンタルヘルスの啓蒙活動に関わって、地元の日本人のメンタルヘルスの向上に貢献していきたいと思っています。
IMG_1217.jpg   IMG_1219.jpg
IMG_1210.jpg   IMG_1215.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です