HSWW新コーナー!Meet the Handsome Woman:第一回

14047144_1105675922845536_4175839139051114383_o

<HSWW新コーナー!Meet the Handsome Woman> 第一回目!は、北欧スウェーデンから、ストックホルムより。
今回の主人公は、バルト海を臨む和風デザイナーホテル「Yasuragi」で活躍しているハンサムウーマン、佐藤公美(さとう・くみ)さん。

かれこれ、それこそ私がラジオ番組の制作を始めてから、なので、10年強はお付き合いただいています。私と年も変わらず、初めてのインタビューで意気投合して、それ以来、スウェーデン案件は全て、リサーチや執筆、メディアのインタビューやブッキングなど、本職もあるというのに、遠慮なくどーんと任せてお願いしてきました。テレビの辛い宿題にも(失礼!)、ヒーヒー言いながらも、共に乗り越えてきました。入院先の病院から電話をくれたり、雪の中の乳母車の写真を求めて、一軒一軒ストッホルムの保育園を廻ってくれたりして、私はどんなに心打たれたことか!

公美さんを一言で言うと、根っからの体育会系(なんてったって剣道7段だよ!)で頑張り屋、ど根性、情熱ウーマン。

そんな彼女が全身全霊こめて勤めている「Yasuragi」は、首都ストックホルムから20分、静かで森に囲まれた高台にひっそりと建っています。今回私は初めて、ストックホルムの地を訪ねましたが、グランドホテル目の前から出るフェリーに乗り込み、街が離れて小さくなって行くにつれて、どんなところなんだろう?とわくわくどきどき、もう既にちょっとしたショートトリップ気分に!ハッセルウッデンの駅に到着し、歩くこと10分ほど。白樺やモミの木が生い茂る森を抜ける道には、山アリがうようよ。脇に目をやるとブルーべリーがぱらぱらとなっていたり、下に落ちていたり。イメージ通り、北欧の森、そして都会では考えられない自然が広がっていました。しかもホテルが見えてくるや否や、私が目にしたのは、Yasuragiの浴衣を身につけ、かごを手に持った、スウェーデン人が数組。なんて非日常的なところなんだろう、想像以上だわ~!と、一瞬にて顔がほころびました。ホテル入り口を入ってすぐ、フロントに続く長い階段も非常に印象的で、まさに「千と千尋の神隠し」に出てきそうで、時が止まったような感覚に!

公美さんは、サービスアンバサダー/ サービスマネージャーを担当、社員の指導、面接、会社の発展のための様々なプロジェクトを任されています。スウェーデン人や日本人、スウェーデンと日本人のハーフを始め、ブラジル人、アメリカ人、クルド人と、国際色豊かで自由闊達な職場の雰囲気を感じました。勤務時間中にも関わらず、Yasuragiのセミナーやボールルーム、ご自慢のお風呂、鉄板焼きレストランや展望テラスなどを、一つ一つ丁寧に案内してくれた公美さん。その他、自分の誕生日だというのに、スウェーデン名物・ミートボールのお店に連れて行ってくれたり、8月解禁のザリガニパーティーや地元のフリーマーケット、お得意のショッピングツアーin セーデルマルム&ノールマルムにもお連れいただき、並々ならぬサービス精神ぶりや手厚いおもてなしの心に、正直圧倒され感激しました。

スウェーデン語ペラペラの彼女、現地では日本人よりスウェーデン人の友達の方が多いと言いますが、彼女を知れば知るほど、Yasuragiを回れば回るほど、Yasuragiは彼女そのもの、分身なんですね。ストックホルムの喧騒を離れた、自然豊かで静かなリトリートに、公美さんが伝えたい温かいジャパニーズスピリット、おもてなしの心、和のこだわりや日本独自の美意識が随所に溢れています。

座右の銘、常に心に置いている言葉を聞いてみると、「初心」と「感謝」。何事においても誰に対しても驕りたかぶらず、常に学ばさせていただこうという気持ち。そしてそれに感謝の心を忘れない気持ち、と公美さん。

日本を離れてこそ強く感じる日本人としてのアイデンティティや、常日頃から大切に持っておきたい、感謝と初心の気持ち。海外にいれど、海外在住ハンサムウーマンは常に故郷の日本を向いて、伝えたい届けたい温かいメッセージがあるんです!

さぁ、これからも私、死ぬまで、海外や日本で、我がハンサムウーマンたちを訪ねに参ります!次はあなたかもしれません!ご期待くださいね〜☆

EH.

14047173_1105676169512178_8134834290302868736_o 13988064_1105676166178845_1916433821772789134_o 14047336_1105676112845517_6595560536924081858_o 13996284_1105676109512184_3683232810056379943_o 13988244_1105675989512196_2645842870216423186_o 14067780_1105675899512205_8673714001106403773_o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です