スペイン・バレンシアにて part 2

Greetings from Valencia, Espana!

海外コーディネーター萩野絵美です。皆さん、御元気でいらっしゃいますか?

今私は、スペイン第三の都市、バレンシアに、

世界中で活躍する日本人女性『ハンサム・ウーマン』 のお一人を訪ねに来ていています。

その女性は、在住12年、バレンシア大学文学部で、日本語を教えていらっしゃり、又、スペインタイル制作家としてもご活躍中の、柳川佳代さん。

 

故郷日本への熱い想いや、働く女子の皆様へ、応援メッセージを頂いてまいりました!

la foto17.JPG     watashi no tile.jpg

---------------------------------
 「もうバレンシアに来て12年も経つのか〜」


退職し、12年前にガイドブック片手に一人トランク転がしながら安宿探し。あれが12年前なんて信じられない。時の早さも感じるけど、12年分の自分の成長が残念かな感じない
強い意志を持って西渡した訳でもなく、かと言って積極的で勝気な性格でもなく、学生時代も英語、仏語も合格ギリギリ、語学に縁なし

 

外国住んでいると突然に言葉が分かるようになる!っていう語学の神降臨みたいな現象も未だ起こらず〜かと言って今も12年前を同じ決断をするかと問われると難しいところ。
現状を後悔している訳ではないけど、昔の自分の甘ちゃん幼稚な部分、何も見えてなかった部分等ばかり思い出すと我ながら溜息連発。ま、そう思えると言う事は1cm位は自分なりに成長できているのかもしれない。いや、してくれ!

 

現在、溜息ついて働いてる女性のみなさん!悩みも多いと思いますが、気付かないだけで大事な物にも囲まれてますよ。現状飛び出し外国へ行こうとも、人間向上心がある限り悩みはどこ行ってもあると思います。悩みがあると言う事は現状より「良くなりたい」が気持ちがあるからこそ。と、まぁ見る角度を少し変えるだけで見え方が変わってくるものです。いい意味で適当になったり、さばったりしながら、お互い頑張りすぎ頑張りましょう。あれ?この考えはスペイン流か?私、スペイン人化してるか?!

語学学校で一通りのスペイン語を勉強し、いくつかの個人タイル工房を自分で探しては学ばせてもらい、それから地元の人が通うが公立学校陶器コ-スへ。
実は授業前に少しお酒をひっかけて登校してました。


Tilekoubou.jpgceramica4.JPG

語学学校では講師も分かりやすく話してくれるし、周囲も外国人生徒なのでスペイン語レベルも同等なので分かり合える、個人タイル工房でもほぼマンツ-マンなのでどうにか乗り越えてきたが、公立学校では生徒のほとんどが、まさかのバレンシア語!外国人にも慣れてなく私の存在は自分でも異質。おまけに日本人の倍以上のテンションの高さなもので、これがまた授業前にお酒を少しひっかけてから行くと、丁度いい。自分の萎縮の鎧も脱げるし、テンションも上がるしこの作戦は大成功。そして黙々と器用に制作をこなす私の姿に関心してくれる人も増え、逆に制作の相談を受けるまでになった。

熱いお湯に手をつっこまないと「熱い!」って分からない性格なもので全てがこんな感じでドタバタ劇。泥くさい!スマ-トにかっこよく生きるっていう遺伝子はどうも私にはないらしい。

スペインから吸収する生活が数年経ち、現在は逆に日本文化を生徒達に吸収してもらおうと奮闘する日々。12年経ちスペイン人化していくと思いきや、日本語、日本文化を教える立場なったせいもあってか、以前よりもずっと自分の国を意識し、日本を美しく愛おしく、そして自分が日本人である事を強く思うようになった。大袈裟に言えば外国にいるにもかかわらず、いるからこそ、日本人である事を誇りに思う。


nihogo clase3.JPG外国人の「日本オタク」も度々、日本のマスコミでも取り上げられるが、私のほとんどの生徒もソレである。これもインタ-ネット様々なのだろうが、日本にいるのと変わらぬ速さで瞬時にあらゆる情報をキャッチ!私もなかなかのテレビっ子だが彼らのスピ-ド、情報力には完敗。と同時に年甲斐もなく一緒に大盛り上がり。

日本のマンガ好き曰く、スペインにもマンガあるけど、日本のマンガは絵も緻密かつ繊細。なんと言ってもスト-リ-が深く面白いそうだ。
最近では少しづつスペインでも「かわいい物」を目にするようになったが、何でも「かわいく」してしまうのも日本の誇るべき才能だろうな。

 

J-POP、アイドル、ドラマ好き曰く、いわゆる胸毛ボーン!シャツ胸元バ-ン!と胸元開襟ラテン男には全く興味がないそうだ。ラテン男と比較にならない線の細い華奢な日本人男子がとにかくかっこよく、またご近所物、病院物、家族物程度しかないスペインドラマとは比較にならないスト-リ-豊富の日本ドラマはとにかく面白いそうだ。


nihongo clase1.JPG先日、学期末総仕上げとして授業で各グル-プに日本を舞台にしたドラマをスト-リ-、台詞も生徒達が考えて制作してもらったのだが、これが傑作!

あるグル-プは「カラオケボックスでの合コン」。教室内インタ-フォンをボックスインタ-フォンに見立て「ビ-ルお願いします」「延長します」などと。

また別のグル-プはタイトル「恵比寿ガ-デンプレイス」。ガ-デンプレイスでの一幕。宇多田ヒカル「ありがとう」BGM使用する本格派。ドラマ花より男子に影響大だな。

はたまた別のグル-プは「アイドルファンミ-ティング」を面白くしたドラマ。よくここまで遠い国ジパングの最新文化を知ってるな〜と関心するばかり。

もちろん約1年程度の日本語学習でここまで日本語で書けるようになる生徒達の努力に教師として感動もするし、ドラマとは別だけど日本復興の願いを込め「上を向いて歩こう」を日本語で大合唱してくれた。私の国をこんなにも好きであってくれまた感動。

教師だから教える立場なのだが、生徒達から日々学ばせてもらっている。生徒、日本に恥じないように今後も私の全能力フル回転で邁進せねば!

Un beso a Japón . ウン ベソ ア ハポン
日本の皆様へキス(愛を込めたさようならのご挨拶)

 


nihongo clase2.JPGPS:

ドラマ、歌、授業風景 「上を向いて歩こう」歌いました  日本がんばれ!ファイトオ〜!!スペインからも応援してます!

http://www.youtube.com/user/KuramotoKaoru#p/u

授業。バックステ-ジ!
http://www.youtube.com/user/KuramotoKaoru#p/u/2/VuDBVdHCgRQ

日本語土曜日クラス(日本語学習歴約1)自主制作したミニドラマ。。「恵比寿ガ-デンプレイス」
http://www.youtube.com/user/KuramotoKaoru#p/u/3/h_u8pPHvoJY

自主制作ミニドラマ2「合コンinカラオケボックス」
 
http://www.youtube.com/user/KuramotoKaoru#p/u/4/vezSyCbqmLQ

自主制作ミニドラマ3「アイドルのファンミ-ティング」
http://www.youtube.com/user/KuramotoKaoru#p/u/1/f4rkDxepKN4

◆◇◆◇

柳川佳代さん Yanagawa Kayo
バレンシア大学文学部国際関係学科 日本語教師 ・ スペインタイル制作

 

la foto2.JPG

http://www.telefonica.net/web2/holavalencia/

History

神奈川県 横浜市生まれ
1989
   青山学院女子短期大学芸術学科 入学
1992
   青山学院女子短期大学芸術学科専攻科卒業
 
1992年〜19998月 某新聞社系出版社勤務 販売促進課所属。広告宣伝担当。
1999
10月〜 何度かのスペイン旅行を経て、バレンシアでの生活スタート。

2000年〜2003年 いくつかの個人スペインタイル工房を渡り歩き、2000年より公立学校Escuela del Adulto陶器コ-ス入学し2003年コ-ス修了。
2002
   三重県バレンシア姉妹都市記念イベントとして招待を受けスペインタイル教室を開講。それ以降東京「東西文化センタ-」等でも短期教室、個展を行う。
2006
年バレンシアで初の個展。希望者がある場合バレンシアにてスペインタイル教室開講。
2004
年スペイン人と結婚
2006
年バレンシア大学文学部国際関係学科 日本語教師として勤務。

スペイン・バレンシアにて part 1

みなさん、こんにちは!

海外コーディネーター萩野絵美です。

世界中で活躍する日本人女性『ハンサム・ウーマン』を訪ねる旅に出てから、

早いもので、2カ月が経とうとしております。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、

最近夏バテしているせいか、かなりペースダウンしておりまして 苦笑

まだまだスペイン、バレンシアにおります・・・!

私にとって、バレンシアといえば、決して忘れもしない場所。

イギリス大学院時代の、確か3月中旬ごろの週末に、

スペイン3大祭りの 「サン・ホセの火祭り」 (スペイン語ではLAS FALLAS)に行った時のこと。

実はこの火祭りと共に、スペインには春がやってくる(そして闘牛のシーズンも幕開け)ともいわれていますが、

私にやって来たのは、人生・初めての「お財布を摺られた」という災難、だったのでした~!

さてさて。

この思い出ナンバーワンの街に12年間、住んでいらっしゃるのは、スペインタイル制作者であり、バレンシア大学文学部で、日本語教師もされていらっしゃる、柳川佳代さん。

と、お話を御伺いする前に、せっかくの機会ですので、バレンシアのお勉強タイム!

基本情報のおさらいがてら、バレンシア・トリビアを集めてみました ↓

バレンシア

*スペインの東部 地中海に面する、マドリッド、バルセロナに次ぐスペイン 第三の都市。

*ほぼ一年間温暖で快適

*観光業、ビーチリゾートを中心に、陶器産業(銀座にも直営ショップがある「リヤドロ」が有名)

*バルセロナにつぐスペイン第二の港を持つ

ceramica3.JPG  fukei2.JPG

 

*バレンシアの公用語は スペイン語とバレンシア語!

・道路、駅の標識や案内等も2言語で表記。

・バレンシア語は、バルセロナで話されている、カタルーニャ語に起源があるそうです。

レコンキスタ【国土回復運動】によって バレンシア王国に持ち込まれたと言われていますが、多くのバレンシア人にとっては、バレンシア語は(バレンシア王国から生まれた)独立言語だという誇りが強いみたい。

カタルーニャ、バスク地方、バレンシアもそう、実はスペインが統一されていない、民族意識がとても強いですよね。だからサッカーもスペイン代表より、クラブにスペイン人が興味あるのかしら?

 

*ヨーロッパ・トップクラスの大規模な文化複合施設に加えて、 海と陸の F1レースも開催!

・臨海地区の 「芸術科学都市」 CIUDAD DE LAS ARTES Y LAS CIENCIAS という、未来的な建物が立ち並ぶエリアには、ヨーロッパで最大級の水族館や劇場、プラネタリウムなどの 5つの現代建築群が連なっています。

設計者はバレンシア出身の建築家で、アテネ・オリンピックのスタジアムを手がけた、サンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava)

・海のF1 世界的ヨットレ-ス「アメリカズカップ」に加え、世界的自動車レ-ス・F1も開催。


la foto8.JPG

*パエリアの発祥の地、本場の パエリアは、 インゲン豆、 鶏肉、 うさぎの肉、 かたつむりが入っている?!

豊かな土地で取れる自然の食材を活かした、シンプルで伝統的なお料理が多い。

米料理の種類が豊富で、毎日米料理を、365日食べられると言われるほど!!

・バレンシアは その「パエリア」 発祥の地。

・スラム教徒がバレンシアにお米の栽培をもたらして、その時かたつむりやうなぎやお豆を入れて作ったのがパエリアの始まり!

・本場のパエリアは、日曜日のお昼に、近くに住む家族が集まって、大勢で鍋を囲んで食べるもの。

・日本で鍋奉行がいるように、家族で誰かしら「パエリア奉行」がいるらしい!?

・イスラム教徒がパエリアを作ったとき、豚肉は禁止、魚と肉を一緒に料理することもタブーで、その名残からか、スペイン全体では豚肉が一番ポピュラーなお肉にも関わらず、バレンシアの家庭でパエリアを作るときは、うさぎとチキンを主に使うんだそう。魚介とお肉をミックスした、いわゆる「ミックスパエリア」は 実は、あまり人気がない。

fukei12.JPGfukei8.jpg 

*オレンジの名産地、一家に一台、電動オレンジ絞り器があって、絞りたてオレンジジュ-ス(砂糖入り)を飲む!

 

*1日5食 昼寝付き?!

・お食事は、スペインのほかの地方同様、1日5食で 昼食がメイン。

①「1回目の朝食Desayuno」自宅でシリアル、オレンジジュ-ス

②「2回目の朝食Almuerzo」11時頃 バゲットパンにハムをはさんだスペイン式サンドイッチbocadillo 

③「昼食Comida」2時頃 勤務先近くのバルで(ランチセット1000円) または 自宅に帰って。

④「夜のおやつMerienda」6時頃 

⑤「夕飯 Cena」9時頃 軽めに。

la foto10.JPGla foto12.JPG

IMG_4301.JPGla foto4.JPG

<柳川佳代さんの バレンシアのスペイン語 ワンポイントレッスン♪>


Hola(オラ):こんにちは!気軽な挨拶、時間帯問わずいつでもOK,

 

Adios (アディオス) :さようなら。日本ではお馴染みの挨拶だが実はバレンシア 日常生活ではあまり言わない。

 

Au(アゥ):さようなら。Adios (アディオス)のバレンシア語。村、ご年配者はバレンシ ア語話す場合が多い。街の標識もスペイン語、バレンシア語2言語。所謂スペイン語を話す人でもさよならの挨拶だけは、このAu(アゥ)を言う場合が多い。

Hasta luego(アスタルエゴ) :またね!バレンシア日常生活の別れの挨拶はこれ。Adios (アディオス)よりも一般的。マドリッド等地域により挨拶も微妙に違う。

Hasta pronto(ハスタプロント):またね!また早く会いたい。会いましょう。と言う気持ちを込めた表現。しばらく会えなくなるであろう人、会う機会が少ない人への別れの挨拶。

 

Un beso(ウンベソ):直訳はキス。挨拶時にキス(実際は頬をくつっけあう程度)する習慣から、別れ挨拶後に、Un beso(ウンベソ)!と加えるとより愛情深くよりネィティブの挨拶に。電話を切る際、カジュアルなメッセ-ジ、手紙、メ-ルの締めの言葉としても使用したり、「○○さんによろしく!」「ダレ
ウンベソ ア ○○(Dale un beso a ○○)等 頻繁に使用。


Gracías(グラッシアス):ありがとう。から始まり→Muchas Graías(チャスグラッシアス)→Muchisimas Gracías(ミチシマスグラッシアス)最上級のありがとう。

 

・これらの、日本人も知ってる人も多い、オラ!(こんにちは) グラッシアス!(ありがとう) アディオス!(さようなら) の後、相手のスペイン人100%嬉しがり、場が盛り上がるフレーズ!

 

男性に言う場合、Guapoグアポ!(かっこいい!イケメン!)
女性に言う場合、 Guapaグアパ!(きれい!美人さん!かわいい!
)
男女複数に言う場合、 Guaposグアポス!(複数形
) 

 

 

 

◆◇◆◇

柳川佳代さん Yanagawa Kayo スペイン、バレンシア滞在年数 約12la foto2.JPG

バレンシア大学文学部国際関係学科 日本語教師 ・ スペインタイル制作
http://www.telefonica.net/web2/holavalencia/

History

神奈川県 横浜市生まれ
1989
   青山学院女子短期大学芸術学科 入学
1992
   青山学院女子短期大学芸術学科専攻科卒業
 
1992年〜19998月 某新聞社系出版社勤務 販売促進課所属。広告宣伝担当。
1999
10月〜 何度かのスペイン旅行を経て、バレンシアでの生活スタート。

2000年〜2003年 いくつかの個人スペインタイル工房を渡り歩き、2000年より公立学校Escuela del Adulto陶器コ-ス入学し2003年コ-ス修了。
2002
   三重県バレンシア姉妹都市記念イベントとして招待を受けスペインタイル教室を開講。それ以降東京「東西文化センタ-」等でも短期教室、個展を行う。
2006
年バレンシアで初の個展。希望者がある場合バレンシアにてスペインタイル教室開講。
2004
年スペイン人と結婚
2006
年バレンシア大学文学部国際関係学科 日本語教師として勤務。

「4:3:3」 が、美と健康の鍵?!

Hello everyone! Hope you are enjoying the summer.

H&S WORLDWIDEの海外コーディネーター&リサーチャー萩野絵美です。

さて、皆様、イキナリですが問題です~~!

マドンナ

ブラッド・ピット

サンドラ・ブロック

ジェニファー・アニストン

デミ・ムーア

シンディー・クロフォード

ジャネット・ジャクソン

ビル・クリントン元アメリカ大統領

・・・といった、世界に名だたるセレブたちの、『共通点』は何でしょう?

答えは、Z-O-N-E!

まだまだ、何だ?何だ?と思っていらっしゃる方々も多いかもしれませんが、、、

かつて、女性ファッション誌や海外セレブのゴシップマガジンでも何度か取り上げられた、

世界中のセレブ御用達の話題のダイエットが、

なんとなんと、自宅で気軽に体験できることを、ひょんなことから知りまして、

仕事仲間の女子たちと一緒に、【ゾーンリゾット・試食会】を行うことに相成りました。

IMG_0785.JPG

 

◆和風黒リゾット:166キロカロリー

~しいたけ、ひじき、にんじん、こんにゃく、チキンを、鰹と昆布のきいたダシで仕上げ、和風ダシと野菜を旨味をぎゅっと閉じ込めました~

 

◆中華風リゾット:170キロカロリー

~たけのこ、人参などの野菜と、こんにゃく、チキン、卵、玄米を、ごま油のきいた風味豊かな中華スープで仕上げました~

 

◆キムチ風リゾット:156キロカロリー

~もやし、たけのこ、人参などの野菜と、こんにゃく、チキン、玄米を、ちょっとピリ辛でコクのあるキムチスープで仕上げました~

 ◆トマトリゾット:175キロカロリー

~トマト、玉ねぎ、人参などの野菜と、こんにゃく、チキン、玄米をトマトソースでとろとろに煮詰め、玄米と野菜の旨味をギュッと閉じ込めました

 

◆カレーリゾット:210キロカロリー

~トマト、玉ねぎインゲンなどの野菜と、こんにゃく、チキン、玄米を、ピリリと辛いカレールーで仕上げました。

 

今年27日発売

価格:630

内容量:250g/1

japanese.JPG

chinese.JPG

korean.JPGcurry.JPG

tomato.JPG 

そもそも、ZONEダイエットとは?

 

アメリカの生化学者、バリー・シアーズ博士が考案した、ダイエット理論 「ZONE」は

食事によるカロリー比率を 炭水化物40% たんぱく質30% 脂質30%にするというもの。

 

インスリン分泌をミニマムに抑え、良いホルモンの分泌を促進させ、(ホルモンバランスがZONE状態)、健康的に体内の脂肪を燃焼させ、痩せにくい体質に改善する食事法・ダイエットです。

 

単に体重を減らすのではなくて、筋肉や骨、基礎代謝は確保しつつ、無理なく健康的に、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる、ということですので、

従来のダイエットや低インスリンダイエットとは異なるんだそうです。

 

そして嬉しいことに、リバウンドもしにくい!

 

え?!

 

ジャネット・ジャクソンが25キロの減量に成功した、あのダイエットだったとは!

 

メキシコで、世界一太った男としてギネス認定された、体重560キロのマニュエル・ウリベさんが、

250キロの減量に成功した、あのダイエットだったとは!

 

昨今では医学的、栄養学的視点からも、国民病である生活習慣病の予防策として、また糖尿病の新たな食事療法として、注目が集まっています。

 

更にスポーツ界においても、アスリートの肉体改造や反射神経・集中力の改善などが、報告されている、とのこと。

 

今や、ハリウッド・スターのみならず、世界中の500万以上の方に支持されている究極のアンチエイジング法なのですね!

 

試食会を終えて・・・

 


IMG_0790.JPGこの
ZONEリゾットシリーズ、5食分ですが、押し並べて、ダイエット食という感じがしなくて、

必須アイテムのチキンや、一見タピオカのような粒状のこんにゃく、玄米も、

それぞれのフレーバーに合わせて美味しく、飽きが来ないように頂けるように、

工夫されていましたね。

 

私のお気に入りは、やっぱり和風黒リゾット、でしょうか。どこか昔懐かしい、優しい和の味がして、ひじきの存在が際立つ一品。

 

キムチも、和の要素が感じられて、さっぱり、あっさりと頂けて、ピリ辛の中に、コクや旨味、酸味も感じられました。

 

メンバー票が最も集まったのは、カレー!

 

スパイスやお豆(ひよこ豆、レッドキドニービーンズ)のアクセントがとても効いていて、

食べ応えたっぷりの、本格的インドカレー。

まろやかなコクとピリリとした辛さが、病みつきになりそう。。。。

 

ダイエッターはもちろんのこと、

食生活が偏りがちな、忙しいOLの皆さん

ハリウッド・セレブのプロポーション維持に大活躍の、今話題のダイエットに興味がある女性たち、

食のメカニズムを科学したこの4.3.3の法則を、栄養士のヘルプ無しで、自宅で気軽に実践してみたいという方々にも、

打ってつけ、ですよね。

 

まずは一日一食をゾーンリゾットに、さぁ皆さんも是非、試してみませんか!!!

 

7/28 木曜日に 弊社主催のイベントを開催いたします!

 

*Handsome Worldwide* Workshop

La Fete a la Maison

7月28日(木) 開催のご案内

 

毎日暑い日が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。海外在住日本人女性ネットワーク「Handsome Worldwidehttp://www.hsww.jp/を運営しております、株式会社H&S WORLDWIDEの海外コーディネーター、萩野絵美です。

 

今回のイベントの舞台は、ヴァカンスシーズン真っ只中のフランスより、定番の人気リゾート地、「南仏」。

フランスならではの「ホームパーティーFete」の雰囲気の中で、フランス人女性の美の最強の味方である、旬の夏野菜を使った、ヘルシーで夏バテ知らずのお料理をお楽しみください。

そして、今回のテーマを彩る、ハンサムウーマンのゲストは、フランス・パリやニースで料理修業をされ、東京を拠点に国際的にご活躍中の出張料理人・フードクリエイターの「マカロン由香」さん。
御自身の考案した、南仏の夏野菜をイメージした美レシピやお料理のデモンストレーションに加え、
日本の出張料理人の第一人者として、ホームパーティーでのおもてなしの極意や本場フランスの出張料理について、
また、南仏の隠れ家的ヴァカンス地、アンティーブのマルシェやハーブ最新情報も、御話頂きます。                            

今回もまた、女性限定のイベントとなっております。皆様にとって、有意義な時間になりますよう、スタッフ一同、心からお待ち申し上げております。

 

 

Handsome Worldwide Workshop La fete a la Maison」※女性限定イベントです

■日時: 2011728日(木) 20002200 (1945開場)

■内容:

◎出張料理人「マカロン由香」さんが提案するフランスの料理

「トマトのファルシ プロヴァンス風」

「濃縮トマトのガスパチョ・パールパスタ添え」

「ポーチドエッグサラダ、ラタトゥイユソース掛け」

「プチBOX・ニース風サラダ、カダイフ添え」

「タルティンヌ」

「カリッソン~オレンジ風味~」

※メニューは変更する場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

◎料理のデモンストレーション&トークショー

◎参加者皆さんとの交流会

■会費: 5,000円(お料理、フリードリンク代込み)

■会場: 東京都品川区上大崎21328 ソフィア白金1001       

   JR目黒駅、東京メトロ白金台駅より徒歩にてお越しください。

   目黒通り沿いにある、1Fがテディベアのショップのビルの角を曲がって直ぐのマンションです。

   マンションの一室です。下のインターホンから「1001」をお呼び出しください。

                                                                                                         

 

※  ご参加ご希望の方は、7月25日(月)までに<info@hsww.jp>にご連絡下さい。

【お問い合わせ先】 

株式会社H&S WORLDWIDE  http://www.handsww.com/
鈴木麻子 
090-1666-9596  asakosuzuki@hsww.jp 萩野絵美 090-9815-8644 emihagino@hsww.jp

<出張料理人、フードクリエイター マカロン由香さん>

プロフィール

東京生まれ。日本女子大学卒業。エコール・辻・フランスイタリア料理マスターカレッジ卒業。その後渡仏し、ニースを拠点に、地中海料理を学ぶ。パリではオテル・リッツ・エスコフィエにてディプロマ取得。オテル・リッツ・メインダイニング「エスパドン」、三ツ星レストラン「ルドワイヤン」「アルページュ」にて修行を積み帰国。200511月有限会社サブライムとして出張料理【Le Macaron YUKA.®20061月より料理教室【Le Macaron YUKA.®をスタート。2008M&C株式会社を設立し、レストランやカフェプロデュースを手掛ける。201011月横浜APEC首脳閣僚会議・晩餐会のテーブル空間コーディネートを担当する。雑誌掲載、フランス及び食関連の執筆、連載、パーティ・コーディネート、レシピ開発、講演、ラジオ、テレビ出演など。20121代官山にキッチンスタジオ【Le Macaron YUKA.】(仮名)開設予定。

ポルトガル料理で、暑気払い!

皆さんこんにちは!世界で活躍する日本人女性ハンサムウーマンのプロジェクトを主宰しています、海外コーディネーター萩野絵美です。

梅雨が明けて、いよいよ夏本番。皆さん、夏バテはされていらっしゃいませんか?

食欲が無くなるこの季節に、大活躍の予感の、

美味しくてヘルシー、そして栄養満点!その上、小皿料理(タパス)の種類も豊富で、
気の置けない仲間と楽しく頂けるメニューを、
私、見つけちゃいました。

場所は、ポルトガル料理のお店 ヴィラモウラ 赤坂サカス店。

Vilamoura とは、ポルトガル南部、地中海に面したリゾート地の名前。

気取らず、居心地のよい空間で、ポルトガル全土のお料理と、100種類以上のポルトガルワインが楽しめる、レストランです。

カタプラーナコース

【お一人様 3,800円】※2名様より ※ドリンク別途です

本日の前菜  タラとジャガイモのクリーム煮
イベリコ豚のチョリソー
ぶつ切りタコとオリーブのマリネ
タラとジャガイモのコロッケ
ポン・デ・ケイジョ(チーズパン)
貝と海老の塩茹で
サーモンとトマトのマリネ
タラとお豆のサラダ仕立て
魚介のカタプラーナ(+¥500でオマール海老のカタプラーナに変更可)
カタプラーナの残ったスープでリゾット(1台につき+400円)
コーヒー


DSCF0323.JPGDSCF0325.JPG


DSCF0329.JPGDSCF0327.JPG


DSCF0335.JPGDSCF0333.JPG

このブログの早々に、私はポルトガル料理の特徴や魅力を綴っていましたが・・・

 

・ポルトガルのセンチメンタル&メランコリックな国民性 
・何といっても日本とイチバン近しい部分を持っているのは、グルメ!

オリジナリティーとバラエティに富んだ食文化。
・ヨーロッパ一のお米の消費量
・山と海の幸(甲殻類含む)が豊富で、新鮮、なお且つ地方色も豊か

 

スターター・ドリンクは、もちろん、ポルトガル特有の、微発泡ワイン ヴィーニョベルデ 緑のワイン。爽やかで飲みやすく、お料理にも合わせ易い!キュートなネコのラベルがトレードマーク。この徳利型は、古いバージョンらしい・・・


DSCF0319.JPG
DSCF0321.JPG

タパスが進むにつれ、ドリンクは、Alandra Vihno de Mesaという白ワインへシフト。

これまた夏にぴったりな、フルーティーで爽やか、そして若々しい酸味が特徴のワイン。

リスボンの東へ、スペインとの国境に近い、アレンテージョAlentejo が、産地だそうです。


DSCF0341.JPG 

そして、見て見て!ポルトガルならではの調味料たちを発見。


DSCF0339.JPG 

(写真右)フロール デル サル Flor de Sal 塩のお花、って素敵な表現ですね♪

良質の塩田で採れる、大粒の天日干しにした、天然のシーソルトで、どことなく甘味が感じられて、優しい風味でした。マグネシウム、カルシウムのほかにミネラル成分が多く含まれているそうです。 

(写真左)オリーブオイルは、プレーンタイプのものと白ワインベースのもの2種、Galloというブランド。

 

その他、ニワトリの形をしたつまようじ入れなど、ポルトガルのセンス溢れる小物たちも、見ていてぜんぜん飽きないし、何より舌を巻く!のはこのランチョンマット。ポルトガルの地名と日本語になったポルトガル語などをお勉強しながら、お料理を楽しめます。世界地図を見てうっとりする私には、もう、たまりません。

このお店の中には、舌だけではない、目も楽しませてくれる工夫が幾つも、あるのです。


DSCF0317.JPG

ところで、

ブラジルの豪快な肉の串焼き、BBQのイメージがするシュラスコですが、ポルトガル発祥なんです!通常はイワシやアジ、タイ、スズキなどの炭火焼きを指すようで、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの出身地のマデイラ島では、お肉も食べるそうですよ。

 

と、大変、遅くなりましたが、ココで、ワインやお料理、ポルトガル語やグルメを解説して頂きました、強力なナビゲーターを、お二人御紹介致します。

 

ポルトガル投資貿易振興庁 マーケティングマネージャーの高岡千津さん!62566_479698996803_583966803_6876466_5049178_n.jpg

ご存じの通り、大使館が文化や外交などの問題を司るのに対して、やはり観光関係のお仕事がメイン・・・いわゆる、B to Bで、旅行会社のサポートを行ったり、マスメディアへの対応も行っていらっしゃいます。

私のビジネス上の持論は、people make business and can break business、 所詮ビジネスは、人と人が作ってゆく「アナログ」なものですから、クライアントへの対応や、国のプロモーションにおける熱意は、自ずとその国や都市の印象を左右してくると思っています。。。

 

お二人は、90年後半から、ポルトガルやギリシャにそれぞれ繋がりをお持ちなのですが、私が最も敬服してしまうのは、1人のキャリアウーマンとして、結婚や子育てといったライフステージを感じさせないほどの、バイタリティーや好奇心が漲っているところ。


今回も、ドイツワインの話もするし、ルーマニア人のラテン気質や、マニアックなロマンス語の話、ウィーンの宮廷グルメなど、世界の話に花が咲きました。

ポルトガルやギリシャの人懐っこくて助け合う国民性に触れながらも、ビジネスの話題になると、勤労意欲の欠如や、ファミリービジネス(要はコネ社会)といった、辛口発言も飛び出す。

でもやはり戻って来るところは、ポルトガルとギリシャ。第二の故郷を愛して止まない気持ちが、私は大好きです!

 

さてさて。 

メインのカタプラーナ(ポルトガルの銅鍋料理)が登場するや否や、潮干狩り?貝塚堀り?のように、皆だんだん無口になってゆきます・・・ 苦笑 

リゾットまで、この興奮状態は続くこと間違いなし、です。


DSCF0347.JPG

なんでもこのお鍋料理を日本で初めて、サーブしたのはこのお店の銀座店、らしいですよ!

 

どこか懐かしくて、素朴で、日本人の口にもあうポルトガル料理ですが、(実は、目下私がハマっているのは、魚肉ソーセージというのは関係ないと思いますが・・・苦笑)

世界中のグルメを食べ歩いている私にとって、お気に入りの一つです。

人間は、やっぱり原点に戻るものなのかしら?

 

ボリュームとクオリティ合わせて、食べ&飲みごたえが充分で、単なる白・シーフード以上のパフォーマンスを堪能できました。

こんな贅沢で楽しい夏の会、女子会メニューも数種類用意されているそうですから、

皆さんもいかがですか? ワイワイ・モリモリと。 是非ともお試しあれ!


DSCF0344.JPGDSCF0346.JPG

手放す=戻ってくる? 与える=受け取る?!

Hello again everyone, and thanks for (re)visiting my blog Handsome Worldwide!

H&S WORLDWIDEの海外コーディネーター&リサーチャー萩野絵美です。

 

***

OH MY GOD!

私、あれだけ宝物にしておりました「パワーブレス」を、2週間くらい前に、失くしてしまったようなのです。

贈り主の、ドイツ・ミュンヘン在住のジュエリー宝飾作家/ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター 武市知子さんに、正直にお伝えしたところ、、、

「どうか、悲しまないで下さい。紛失=不吉、ではないので、悪いことはおきませんよ。石って、たまにいなくなってしまうの。私も現在2本、行方不明中で。

でてくるときに、でてきますよ。でも、でてこなくてもかなしまないでくださいね。」

と、逆に、慰めて貰いました・・・。

話を進めていくうちに、いろいろ、思い当たる所が。

「大切なものほど、手放す(委ねる)ことも重要ですよね。

手放して、委ねるのですね、それを手放すことによって、新しい動きがうまれるの
執着は行き止まり。それをすてなさい、というメッセージかもしれませんよ。」

え?!

よく、ネックレスなどを失うと厄落としにもなるとは言うみたいですが、

以前にも、自分のブログで、肌身離さずつけていた、スワロフスキーの赤い靴のモチーフが付いたペンダントや、

香港のキャットストリートで購入した、縁起物のグリーンのヒスイのピンキーリングを立て続けに失くして、

似たようなこと、執着心について、綴ったことがありました。

“Finders keepers Losers Weepers… 拾った者が持ち主、落とした者は泣きをみる。

 

失ったものにゼッタイ取り戻したい、あたふたと焦って非理性的な行動を繰り返す、

制御不可能な自分。ものや人に対する執着心から良いものは何も生まれないのに。

ともかくも大切なものを失ったことで、失って初めて、見えてくることがある。

諦める勇気、忍耐、謙虚な気持ち。相手を思いやる心。

 

ゼッタイ手に入れたい、掴みたいと思ってギュッと握り締めた拳の手。

望むもの事への熱い思いが執着心に近づいてしまった時、その堅く握った拳では何もつかめない。

その拳をそっと広げて自然体で居れば巡ってくるチャンスは掴み取れるもの。

失くしてしまったパワーブレスへの想いを断ち切って、出直そう、と思っていた、その矢先。

なんとなんと、ミュンヘンから、再び思いがけない、そして最高に幸せでパワフルな贈り物が、届いたのです!

photo.jpg おっちょこちょいの私が落とさないようにと、短めに作って頂き、

万が一、行方不明中のブレスが出てきたら、2つ一緒に付けてもよい様に、色々とご配慮頂いたようでして、

感無量の私、感動の余り、言葉が出てきませんでした。

 

その上、<カルテ>石の効能の解説書付き!


photo 2.jpg

もちろんこれは、効能の一部だけで、コンビネーション(とバランス) で全体の効果が変わるのですが、、、、、。

 

◎の石が、前回のブレスにははいっていなかった石です。

◯は、1本目にもいれた種類の石で、今回もグリーンのフローライトを

入れたのは、1本目へのアプローチ。何時戻ってきてくれてもだいじょ

うぶ、という印、です。
(そして、ソウルメイト)


photo 4.jpg 
ブレスのメインストーンから、金具にむかって。

 

◎プレナイト (黄緑)スピリットとのコンタクト。自分に必要ないも

のを手放す。エネルギーの活性化

 

◯ムーンストーン(乳白色)女性らしさ。邪悪なものを排除

 

◎白瑪瑙(白)幸運。勇気。嫉妬や邪気を跳ね除けて大きな希望を育て

る。

 

◯トルマリンクオーツ(白黒)ネガティブなエネルギーの浄化。

 

◯フローライト(グリーン)自然体。コミュニケーション能力。優しい

癒しの力。

 

◎アヴェンチュリン(グリーン)地球の癒し。人とのつながり。優し

さ。忍耐力。幸福と不幸を見極める力。

 

◎ペリドット(オリーブグリーン)霊の癒し。災いから身を守る。解放。

 

◎ゴールドオブジディアン(金黒)攻撃的でネガティブなものからの守

り。無意識を映し出す。感情のバランス。判断力

 

◎チャームの石、チャロアイト(紫)

迷いを断ち切り、みちを切り開く。行動を助ける勇気(霊力)。浄化と強い癒し。変化に対応する柔軟性。3大パワーストーンの一つ。

 

photo 3.jpg 

うーーーん・・・

 

再び感極まって、ぼろぼろと、涙が零れ落ちてまいりました、私。

 

「いえいえ、与えることは受け取ることですから。私もたくさんいただいています。」

と、知子さん。。。

 

これから、この子と一緒に、新たな気持ちで再スタートを切り、成長して行きたい。そうだ、パワー・ジュエリー観察ブログでも書いてみようかな、と思ったのでした。。。


DSCF3177.jpgミュンヘン在住 
ジュエリー宝飾作家/ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター

ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/terraauri/

札幌出身 北海道教育大学教育学部附属札幌中学校卒業後、渡独。H.セーガー教授に師事、フライエ・ヴェルクシュタット・ミュンヘン、造形デザイン科卒業。ドイツ職業訓練システムにて宝飾細工を修業、公認職人資格を習得、金細工職人協会特別賞受賞。2005年、ドイツのマイスター国家資格に合格、マイスターの称号を与えられ、バイエルン州初日本人宝飾細工師マイスターとなる。同年秋、ミュンヘン市内に、ギャラリー&工房テラ・アウリをオープン。ジュエリー、造形アート、音楽と幅広く活動、意欲的にジャンルを超えたアートの融合を試みている。

 

 

 

 

 

 

 

Lieu De Commancer 始まりの場所・・・

Hello Everyone!! Hope you are off to a good start workwise!

海外コーディネーター萩野絵美です。

私は、世界で活躍する日本人女性を御紹介する活動をしていますが、

もう一つのライフワークは、

『新・国際都市 TOKYO 宣言~!』
グルメ、ファッション・ビューティー、アート、エンタメ・・・あらゆるジャンルにおいて、

東京は、知る人ぞ知る ワールドスタンダートなコスモポリタン。

東京に居ながらにして、世界を感じる体験や国際的に生きるスタイルを、日々追求し、提案しております。

今年2011年も早いもので、下半期に突入。

その第一日、しかも偶然にも新月の夜にぴったりな場所に、行って参りました~。

Lieu De Commancer<リュ ド コマンセ>・・・

「始まりの場所」という名の、新感覚フレンチ・レストランの、オープニングレセプション。

 

DSCF0294.JPG

御招待いただいた レストランコンサルタントの中村加奈子さんと一緒に お祝い!!

 吉祥寺駅から徒歩で、5,6分くらいでしょうか。「住みたい街」として若者に絶大な支持があるこの街の繁華街(んん?ハーモニカ横丁、ですって?!)やデパート街を抜けた閑静なエリアに、このレストランはありました。


DSCF0288.JPGDSCF0291.JPG

お店に入って、先ず目に飛び込んで来たのは、ガラス張りの広々とした厨房。アイボリーやベージュを基調とした、清潔感と温かさが感じられるインテリアに好感が持てました。大きな窓からこぼれてくる外明かりや、あちこちに置かれた植物たち、そしてパーティションなど一切ない、シンプルな造りは、開放感やアットホームな感じを演出しています。 

_MG_0585.jpg_MG_0601.jpg

「日常にフレンチを」 

「フランス料理をもっと身近に感じてほしい」

シェフ 尾中智知さんの「始まりの場所」 =原点は、そこにあります。  

  chef 尾中智和さん 


_MG_1031.jpg              

高校卒業後、料理の道に進み、フレンチ、イタリアン、和食の経験を積む。 その後、ブライダルの飲食部門でスーシェフとして在籍(約10年)。現在、35歳。

そう。

フランス料理、フレンチレストラン=高級、フルコース、敷居が高いといったイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思いますが、私がラジオ番組でとてもお世話になった、フランス人ジャーナリスト、フローラン・ダバディーさんは、何時も仰っていました。

農業国フランス。我々のグルメは本来、シンプルで素朴、豪快、そして庶民的なのだと・・・!

私もとてもagree なのですが、うーん、最近のビストロ・ブームに、少し困惑気味ではありました。

 

ジャパニーズフレンチって?!

 

このレストランのもう一つのキーワードは、「ジャパニーズフレンチ」。四季折々の旬な高級食材を使い、日本の食文化を大切にした、フランス料理です。

 

早速、オープニング・レセプション・メニューを拝見。

*私がチョイスしたものは赤字で表記

 

冷たいオードブル

デリッシュなサーモンマリネと夏野菜を使ったテリーヌ

なめらかな人参のムースとコンソメのジュレ

 

温かいオードブル

鴨と生ベーコンのファルスフィーヌ 生姜を効かせたジャポネーズ

フォアグラ西京味噌漬けのソテー 柚胡椒のソース

 

魚料理

シンプルに仕立てた鱸のポワレ 艶色の漁師風赤ワインソース

黄金色に天火焼きした真鯛 ヴェルモットソース

 

肉料理

仔羊のロティ スモーク塩をまぶしたパニスと共に

米沢産三元豚の肩ロースのコンフィ マデラソースのキャラメリゼ

 

デザート

杏仁のパンナコッタとライチジュレのカクテル仕立

繭糸をまとったクレーム・ダンジュ

 

食後の飲み物 コーヒー 紅茶


DSCF0298.JPGDSCF0299.JPG

DSCF0301.JPG

DSCF0303.JPG

 ・・・と、まぁ、フルコースメニューで、見た感じでは、ザッツ・フレンチ!王道のトラディショナルなフランス料理、なのですが・・・・?

(フレンチのテクニック、食材の調理法は、プロの料理評論家ではない私がここでコメントするのは不適切なので、差し控えさせて頂きますね。)

DSCF0305.JPGDSCF0307.JPG

この解放感ある、アットホームな空間の中、一つ一つの作品を味わっているうちに、

今までに味わったことのない感覚が体中を駆け巡り初めました。

ゴージャスなのに、奇をてらっていないというか、優しくって、親近感を覚えるフレンチ。まるで、フランス料理が、自分のいるここまで下りてきてくれた、ような・・・?!

フレンチの中に和のテイストもどことなく感じられて、ホッと出来て、嬉しい! (そして、胃もたれ知らず?!)

 

本来、食事って、純粋に楽しいもので、幸せの原点ですよね。

味や見た目もさることながら、その場の雰囲気や、一緒に食べる人、店内の音(楽)、食器類などなど、ありとあらゆるものを、自分の五感をフルに使って味わうもの。

 

さりげなく流れる店内のBGMに耳を傾け、目の前に居る人と、お料理や飲み物と、真剣に向き合って、ドキドキわくわくして語り合う時間。 

普段、片時も手放さないI-PHONEには目もくれずに・・・!

「このヴェルモットソースって、ベシャメルソースにちょっと似ている?」

「この味噌と柚胡椒の加減が、フォアグラと絶妙に合うね〜」

と言っているうちに、ゆったりと、密な時間が流れていきました。

何時も迷惑かけている、ビジネスパートナーの女性に、一瞬でも孝行が出来たのかな、そんな気に、なれました♪

外食の時の、特別感は、なおさら、ですよね。


DSCF0310.JPGDSCF0312.JPG

201171日金曜日の夜。そんな、原点回帰・体験を、定期的に設けて行きたいなと、心新たに誓ったのです。

 

あなたの、始まりの場所は、どこ、ですか?

DSCF0316.JPG

Lieu de commencer(リュ ド コマンセ)

オープン日 2011/7/02
営業日・営業時間 
月~金 11:3015:00L.O.14:30)/17:3022:00L.O.21:30土日祝 11:3022:00L.O.21:30
広さ・席数 フロア:30席 カウンター:5席 個室:6
メニュー例 ランチコース:1800円~ (オードブル・メイン・デザート・食後のお飲物)    ディナーコース:5200円~ (冷製オードブル・温製オードブル・魚料理・肉料理・デザート・食後のお飲物)ランチ:2000円 ディナー:8000
個室完備 プロジェクター完備 禁煙 お子様連れ可 車いす可

 

留学ジャーナルさんのセミナーで お話させて頂きました。

H&S WORLDWIDEの海外コーディネーター&リサーチャーP1020165.JPG

昨日、留学ジャーナルさんのセミナーに、参加させていただきました。
ゲストスピーカー、として。

普段は、質問する側、なんですが、される側というのも、新鮮でワクワクするものですね!

変に構えず深読みもせずに、率直に、でもゆっくり丁寧に、司会の、加藤ゆかり留学ジャーナル副社長と会話を交わしてゆくうちに、(すみません、こういうのは敢えて準備しすぎない主義でして 汗)、頭の中がクリアになって、感性が研ぎ澄まされてゆく自分がいました。

自分の原点である「ラジオ」、大学卒業後の就職活動、イギリス大学院へ留学、帰国後のお仕事(観)の変遷、昨年末の起業(イブ登記!)、今後のキャリアのビジョンや、共有・発信してゆきたいメッセージ、などなど、自分という1人の人間を客観的且つ冷静に見つめなおし、原点に立ち戻る絶好の機会になりました!

素晴らしい友人や機会に多く恵まれたお陰で、逆にそれが自分自身を知るというきっかけになっています。裏を返せばいかに自分が自分のことを知らないか、内省的に自己分析ができずにいたか、ということの現れでしょうか?「出会い」というのは、何があるか全くわからない人生の最大の歓び、一番の財産!

 


P1020225.JPG

セミナーにいらっしゃって下さった方々に、私ったら、言い忘れたことが・・・!

You are the Messsage!
上智大学時代の恩師の一人、通訳・翻訳をご指導いただいた井上久美教授のお言葉。
はい、theが付いているのがミソ、世界に一つしかない、固有で独自のものを表します。大学一年生のオリエンテーションキャンプにて、目の前に居る生徒の一人に向かって、手に持っていた小さなゴムボールを突然ポンと投げ、不意打ちをくらった生徒に向かって、「さぁ、こっちに投げ返して。次回はちゃんと取るのよ」とおっしゃった井上先生の姿、今でもしっかりと焼きついています。

貴方自身全て、自分そのものが唯一無二のメッセージなのだから、それを毎日感じて生きていきたい。。。

更に、もう一つの素敵なフレーズも、ああ、お伝えしたかった!
大学の卒業式に、ウィリアム・カリー元学長からいただいた「Make a difference in the world」というもの・・・
貴方という存在や価値観や個性は、世界にたった一つしか、ないですから。多種多様、あってよいのです。だから生きている限り、自分なりの何らかの「使命」を果たしたいですよね。

あ、でも、映画監督の押井守監督の説く、「相対的に生きる」という意味については、共有出来ましたよ!

「自分が人生の中で出会ったもの・・・決してその中でしか生きられないんだから。自分が関わり合いを持った人間を大事にするんだっていう。これから誰に出会うんだろうって言う期待感で生きるんじゃなくて、既に自分が出会った誰を大事に生きるのかって。そっちの方がよほど現実的であって多分可能性という言葉を正確に使うとすれば可能性が高いと思う。これから出会うかもしれない誰かを待つのか、自分が既に知っている人間と改めて出会うのかって、どっちが大事だと思う?」


今週も、そしてこれからもずっと、皆さん、Think Big Dream Big! Onward and Upwardでゆきましょう〜!