ベルリンのアーティスト 竹村京さんの個展のご案内

ドイツベルリン在住で、知人のインスタレーションアーティスト 竹村京さんが、今週21日(土)より、東京で個展をされますので、ご案内させてください!(もちろん私も伺います〜)
下記サイトより
ちなみに京さん、拡張するファッション著者の林央子さんと一緒に1月29日にトークショーもされるようです、またご報告致しますね!
http://ignitiongallery.blogspot.com/2012/01/vol4.html

竹村京 Kei Takemura
「見知らぬあなたへ」 “dearest unknown You”

会期:2012 年1 月21 日(土)-2 月10 日(金)

会場:タカ・イシイギャラリー(東京・清澄)

オープニング・レセプション:2012 年1 月21 日(土)、18:00-20:00

click to enlargeclick to enlargeclick to enlarge

image

竹村京
「prosaic verse」(detail)、2011 年

タカ・イシイギャラリー(東京・清澄)は、1 月21 日(土)から2 月10 日(金)まで、竹村京 新作展「見知らぬあなたへ」を開催致します。ベルリンを拠点に活動する竹村京の3 度目の個展となる本展では、新作のドローイング、椅子やテーブル、クローゼットによって構成された家具のインスタレーション「prosaic verse」を発表いたします。また、刺繍と写真を重ねた大きな平面作品「Blocks in my Head and Berlin」、竹村の父方の祖母の家と実家の間に立つ木についての刺繍作品「between tree, ghost has come」を展示いたします。その他、平面作品を合わせたインスタレーション「in such a small world」や、最新の立体作品の修復シリーズを発表いたします。



子供を産んだ時のことです。飽きる程の痛みを経てから、突然、だまされた!と思ったのです。産む行為は一番生に近い行為だと思って張り切っておりましたが、自分が一番死に近い場所に立たされているとそのとき知ったのです。

あの地震の日。夫の仕事で一緒に東京の実家に帰って来て二日目のお昼過ぎでした。あんまり激しく家が揺れたので息子を抱きかかえて外に出ました。家の前の木は驚く程揺れていました。その前で病院からたまたま帰って来た父がてすりにつかまってようやく立っていました。元は祖母の家だったところの駐車場に車を停めた人が避難のためか立っていて、こちらに困惑の笑顔を向けました。私は以前机の下に隠れたのとどちらが強かったか考えていましたが父は人生でこんなに強い揺れは初めてだとのことでした。

毎日ものすごい破壊の映像がテレビを流れました。ベルリンに帰ってから沢山の被害の写真を見ました。ドイツの新聞や雑誌には亡くなった人の体の写真が壊れた街を背景に載っていました。写真には撮られた人の魂が何かしらこもっているとなんとなく信じている私には知らない人の体をそういう形で見ることは信じられないことでした。

それまでは知っている人々の人生に興味がありましたが、あの瞬間を通ってから知らない人々の人生に興味がつながりました。ベルリンで近くの市場に行って、知らない人々が撮られた写真を集めました。知らない人たちが写真に撮った風景は1920年代から80年代までさまざまでしたが、なぜか私の知っている風景と重なりました。

竹村京



市場で見つけた何百枚もの写真から、竹村自身が一種の既視感を感じたシーンを切り出して集めたドローイングの散文詩「prosaic verse」。この作品は竹村の祖母が幼少期を過ごした戦前の1920 年代から始まり、自身が幼少期を過ごした1980 年代の写真を元としています。同年代に作られたそれぞれの写真は被写体となっているものや人物が存在した「場」として相応しいと作家が感じた写真立てに収められています。また、同様に相応しいと思われた既視感のある机、椅子、本棚がその写真立てが存在する空間として選ばれています。「見知らぬ彼らの人生を写し取るプロセスにおいて、彼らの家においてあるものがさも自分の人生の中に存在したかのような感覚を自分に起こさせたのかもしれない」と竹村は言います。

「Blocks in my head and Berlin」と題された刺繍と写真を重ねた大きな平面作品は、壊された竹村の父方の祖母の家の跡地に建てられたコンクリートのブロックを思い出し、縫い起した壁のポートレートです。感覚的にブロックの組み合わせを配置することによって完成した「壁」は、作家が日々垣間見るベルリンのブロック塀と相似しています。作家の記憶は、それひとつで成立しているものではなく、紡がれた糸を辿る他者の記憶と交差し、しだいにその境界を越えて、見知らぬ人々をも巻き込みうる普遍的な記憶を呼び起こすことを試みています。

刺繍作品の「between tree, ghost has come」は「親愛なるあなたのために」展(2004 年、タカ・イシイギャラリー、東京・清澄)にて発表した作品「To remember the grandmother room」と対しています。2004 年の作品で竹村が扱ったのは母方の祖母の家でしたが、今回の作品は父方の祖母の家と実家の間に立つ木
を主題としており、重なり合うイメージと刺繍を通して竹村は観賞者の中に別の場所に存在した空間、そこに漂う記憶を呼び起こします。

本展の出展作品の多くは写真や描かれたドローイングの上に刺繍を施した布を重ねています。刺繍をするという行為は、竹村にとって「仮に」という状態を作りだすことを意図しており、既に存在しないものや記憶のかけらをより具体的な存在へと昇華させます。また、共に生きる人々の時間や風景の中から自分の記憶と重なるシーンを取り上げ、そこへ彼女自身の歴史を作品の対象に重ね完成されます。オーガンジーの布を通して光が落ち、刺繍の影と写真や描かれたドローイングの線が重なりあうとき、光と未完成の線の関係性を通して、場の記憶が強く呼び起こされます。それは作家の本人の記憶であると同時に、幾万人もの「見知らぬあなた」の回想や体験を描き出しています。
竹村京の最新作を是非この機会にご高覧ください。



【 竹村京 略歴 】
1975 年、東京生まれ、ベルリン在住。2002 年東京藝術大学院美術研究科絵画専攻油画専攻卒業。同年ベルリンに渡り、ベルリン芸術大学で学ぶ。2004-2007 年文化庁芸術家在外研究員。主な個展として、「親愛なるあなたのために」(2004 年、タカ・イシイギャラリー、東京・清澄)、「Kei Takemura」(2004 年、ギャラリー・アレクサンドラ・サヘブ、ベルリン)、「はなれても」(2007年、タカ・イシイギャラリー、東京・清澄)、「A part Apart」(2008 年、トーキョーワンダーサイト、東京))、「Dresden Dream with Y.A」(2009 年、ギャラリー・アレクサンドラ・サヘブ、ベルリン)などが挙げられる。2005 年、作品集『Takemura Kei in Berlin 2000-2005』を出版。
2006 年「第15 回シドニー・ビエンナーレ」に参加するなど、国際的に高い評価を獲得しながら活動の場を広げている。

ミラノの女流写真家 西川よしえさん

Ciao a tutti! 皆さん、お元気でいらっしゃいますか?海外コーディネーターの萩野絵美です。
毎日酷く寒い&乾燥した日が続きますが、体調管理を万全に、今日も今週も元気に過ごしてまいりましょう〜!

さてさて。
今回フィーチャーする「ハンサムウーマン」は、前回に引き続き、ミラノを拠点に、世界的にご活躍中の女性フォトグラファー、西川よしえさん。
仕事にプライベートに頑張る素敵女子=日経ウーマンブログ読者の皆さんへ、
よしえさんの写真家としての今迄、今後のビジョンなどなど、ご本人からのメッセージをお贈りしたいと思います☆


image.jpg
io-donna-11-299x300.jpg
*****

1996年渡伊。
1984年、東京に写真事務所を設立。時代は日本経済の高度成長期、仕事に恵まれ、一年一年と順調に、安定した楽しい時でもありました。が、一方では、”果たしてこれでいいのだろうか”と、自問自答する自分がいました。物質が豊富になに不自由無く手に入り、情報がありとあらゆる方面からもたらされ、時間が消費されるその空間は、自分にとって、どこか不協和音を奏でていたのでした。

この空間にどれだけ本質があるのか、本質を見いだそうとしているのか、、、、、、、。
自分の時間、つまりが自分の人生をどう過ごすべきか、どう過ごしたいのか、本質を問うべき、なにかに導かれるかのように、ミラノの土地を選択したのは、36歳の時でした。刻々と過ぎ去る、もしくは消費される時間をどう存在させるか、、、、、

_DSC0111.jpeg
昨年、11月18日から、ミラノ ギャラリーPavesi Fine Artesで、写真展を行いました。それらは、わたくしが17年前にフランスロケで撮影をした一連の作品で、 エロスを語ったものです。当時、それらは、評価の対象にも上らず、アーカイブの中にひっそりと眠る事となりました。

1994年、その時に、表現をしたかったエロスというのは、女性感から捉えた女性のエロスで、仮にプラトンの書を引用すれば、” 愛にはさまざまな段階がある事を説く真善美の世界に到達しようとする最も高次元な愛をエロスと呼ぶ”(そこにある真善美とは、認識上の真と倫理上の善と審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値を言う。)このエロス感は、当時の『ヘアー写真解禁』日本では、当然評価の対象外であったことは言う迄もありません。

eros 2p.jpg

teschio-200x300.jpgDSC0023-200x300.jpg2010年、そのうちの一枚の写真が、イタリアプロフェッショナル写真家協会主催のコンペで賞をいただき、その後、色々と評価をされ、今回の個展と結びついたのでした。17年間眠っていた写真が目を覚ましたのです。それは、17年前の自分の存在を確認し、17年間の歳月(時)の存在を認識する、自分にとっても興味深い写真展です。

写真は自分を表現できる一手段で、本質を見る事のできる最高の手段でもあり、過ぎ去る時間を存在させる一手段なのだと思います。

数年前から、一般の方向けのポートレイト撮影もはじめました。世の中は、デジタルの時代となり、写真を撮るという行為は、昔のように難しいという概念はなくなりました。そして、刻一刻と、デジタルの技術革新と求めやすい値段と共に、写真は、一般のものとなりました。いつでもどこでもだれにでも撮れるのです。

撮って、瞬時にして、写真を見る、もしくは確認するという事が、あたりまえ となりました。ただ、この簡単な行為の後、どれだけの写真が5年後、10年後、30年後手元に残っているのか、、、、。

わたくしは、人生のある一瞬が、長い時間を経たときにもう1度見たい一瞬の1枚を撮りたいと思い、一般の方向けに、このポートレイトスタジオを始めました。

わたくしのスタジオでの撮影は、もし、街の写真館と少し違う点を挙げるとすると、時間をかけて撮影をするということでしょうか、、、、。ポーズではなく、その人らしさが撮れる迄。

プロジェクトのひとつに、ミラノ、ドゥオモ大聖堂の撮影というのがあります。2007年から撮影を始めているもので、 わたくしのスタジオのテラスから見える風景の中に、ドゥオモ大聖堂も在ります。それを中心に毎日見えるその日常の風景を、実は1日たりとも同じ事は無く、瞬時に変化をしている現実を撮影。あたりまえのように過ぎるこの日常という現実、実は一瞬とも同じ事は無く、その一瞬をどうとらえるかにより日常は変化する。

その瞬間と、存在を主張し時間を生きる大聖堂。2009年より、大聖堂内に入り撮影開始。その存在の意味するところのエネルギー、それが交信するところの宇宙。このプロジェクトでは、瞬間と存在と宇宙を語りたく、ゆっくり時間をかけて撮影をしています。

_DSC0037hankyu.jpg
ce5375eb2a0eaeedee5f39698a95111a.jpg




最後に、ひとつ。ファッションからスチールライフまでと、20年以上の年月、ようような写真を撮って来たのですが、唯一触れない写真の世界がひとつあります。それは、リポルタージュ、報道という分野。

少し視点を変えて、写真を撮るという事を、現地の子供達と勉強し、 その土地で生まれ、成長している彼らのアイレベルで撮影をしたものを、世界の人に伝える報道、これから先やってみたい事としてあります。


*****


「女子写真部」なる活動?会?も増えていると聞く昨今ですが、皆さん、写真を本格的に勉強したくなりませんか??
私も、「一眼レフカメラを構えたら似合いそう」と言われるような、かっこいい女性になりたい!!(って、無理だろうけれど 苦笑)



西川よしえさん公式HP  www.yoshienishikawa.com/

Y.Nishikawa.jpg

ミラノの女流写真家 西川よしえさん

tokyoh2_1.jpg
んんん・・・?
ウーマンオンライン史上(←大げさ?)、衝撃的なオープニング写真に、ウーマンブログ読者のみなさん驚かれたかもしれませんが・・・!
これは、イタリア・ミラノ在住の私の知人で、写真家の_DSC0111.jpeg
image.jpg
tokyoh2_5.jpg
tokyoh2_6.jpg
ひょっとしたら一般人には見えないものが見えて、ユニークな視点や感性を持つ写真家。そんな彼女にとって、東京という街はどのように映っているんだろう、東京で魅力的に感じる場所はどこかしら、と、私は聞いてみたことがあります。
女性フォトグラファー西川さんの興味は、人、そして背景にあるストーリー・・・・○○チックとか○○もどきとか、何かのパクリ、真似ごとではない、本当の意味での昭和レトロな雰囲気が漂う喫茶店や、そこで働く人々。浅草など奇をてらっていない下町の風景。リアルなものが無くなってきて、平成生まれの子供たちが段々と大きくなってきている昨今、昭和の面影を残した人やモノを今この瞬間に撮っておきたい。そう熱く語ってくれました。
「だってデジタルっていうのは(写真を)撮った瞬間に終わる、完結してしまうでしょ」。そう、現代は余りにも簡単気軽に写真を撮ることができる時代。
以前インタビューをさせて頂いたことがある写真家の森山大道さんは、写真は記録で、光と時間の化石おっしゃっていたのが非常に印象的でしたが、写真というタイムレスで決して嘘をつかないメディアを使って作品を生み出し、それを子孫に伝承してゆくという写真家の仕事がこの上もなく尊いものに思われます。ああ、今度生まれ変わったら女流写真家になりたいな!と突発的衝動に駆られて言ってみたら、西川さんに「やめたほうがいいわよ」と返されました(苦笑)。
workshop 3.jpeg
58311_474972456803_583966803_6783730_3291929_n.jpg
西川さんは近年、一般の方向けのポートレイト撮影というジャンルに目覚め、ポートレートスタジオを開設。記念日の記念撮影とは違った、10年後にも20年後にも残しておきたい今の大切な私を撮影し、一作品として創り上げるという取り組みに力を注いでいらっしゃいます。「インディアンが写真嫌いな訳は、写真を撮られる時に自分の魂が吸い取られるのを恐れたから。私はそういうことを信じています」と西川さんはキッパリ。良い写真とは、写真を撮る側と撮られる側との双方のコミュニケーションや心の通い合いが投影されているもの。そんな魂や気持ちが感じられるような写真を撮り続け、後世に残してゆくことが、西川さんのライフワークなのかもしれません。
inaugurazione yoshie 3p.jpg
_DSC0037hankyu.jpg
やがて、土地そのものが持っているエネルギーや歴史的な意味といったことに話がエスカレート。鬼門や陰陽師、彫刻なども同様の考えã
‹ã‚‰æ¥ã¦ã„るんだとか。西川さん曰く、ミラノにも宇宙との接点が感じられるスポットがあって、なんとそれは街のシンボル的存在であるドゥオモ!約26年前の夏、バカンスシーズンで閑散としたミラノで唯一開いていたという此処にたどり着き、静寂で真っ暗な中を進むうちに、すぽっと闇の中に入るような感覚がして、気付くとそこには宇宙空間が広がっていたそうです! それから10数年経った今年、”アレ”をどうしても表現したくて、ドゥオモ(を管理する会社)から許可を得て(本当は許可無しで写真を撮ってはいけないらしい)、建築写真ではないドゥオモの撮影に果敢に挑戦したそうです。その中の一枚のモノクロ写真を見せていただくと、一体全体これは何? まるでSF映画に出てくるような国際宇宙ステーション的なフォルムに驚愕したのでした。
次回はそんな西川よしえさんの、ウーマンブログの読者の皆さんに向けてのメッセージを、お届けします〜
☆西川よしえさん 公式HP: http://www.yoshienishikawa.com/

中東オマーンより・・・新年のご挨拶!

日経ウーマンブログ読者のみなさま!!2012年、お仕事第一週目は如何でしたか?
3連休(マタマタお休み!)は楽しく過ごされていますか。
海外コーディネーターの萩野絵美です。
今年も益々、海外で活躍中の日本人女性=ハンサムウーマンを紹介してゆきますので、どうか宜しくお願い致します。
さて。
新年早々、オマーンの教育家で、私もとても尊敬する女性実業家、スワーダ・アル・ムダファーラさんより、愛情溢れる、素敵なメッセージをいただきましたので、皆さんにシェアさせてください。

★スワーダ・アル・ムダファーラ さん

との出会いは、今私が担当しているラジオ番組のインタビューに遡ります。

http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/2011/07/post_328.html


1990年アザン・ビン・ケイスプライベートスクール創立、2010年3月まで21年間校長を勤められ、その後引退、現在はLife Coachとしてご活躍中です。


Blog :http://ameblo.jp/suad/
著書:
『校長先生、大好き!』~アラビアのオマーン王国に学校を創った日本人女性の物語~
『砂漠に創った世界一の学校』

>>>>

新年明けましておめでとうございます。
 
ご無沙汰いたしておりますがスワーダは元気で2012年を迎えました。
2011年は世界至る所に激動の波が寄せられました。

世界変化を垣間見るような激動の時期に生きると言うことの難しさと厳しさを、中東という世界地図の中心にいるスワーダは見て、聞いて、貴重な経験をしています。。。。

人生とはまさに毎日が学ぶ校庭で、尽きることの無い学びと、そして回答の与えられない勉強なのです。。。。

しかし尊い学びの中には苦しく心痛めることも数多くありますが、痛めた心の傷は、思いやりと言う人間が持つべき一番尊い財産になっていることに気が付かされました。
若き頃はマテリアル(物質主義)を手に入れ、住みやすく生活ができることを念頭に入れ、将来を考え一生懸命に仕事をしていたようにも思います。勿論生活基準になる最低限の条件は叶えるべき必要性がありますが、しかし、それが本当の姿のかどうか最近深く考えるようになりました。。。。

その結論はまだ分かりませんが、2012年に向けてこんなことを考えました。。。
 
愛されることには充実感が無いこと!!!
 
愛することにこそ充実感があると!!!
 
それは第三者の心うちを知ることは不可能だから!!!
 
でも自分のことは自分が一番良くわかるから!!!
 
愛とは与えることが出来、その与えることの大切さが理解できた時。。。
 
自分自身を心から愛することが出来、それが充実感に繋がると。。。。
 
その充実感とは与えることの出来る自信と満足感。。。
そして新たに学び得て、自分が更に成長していると気が付いたとき。。。
 
愛されることを期待せず。。。
愛を与えることに喜びを見つければ。。。
それは無限なものと化していく。。。
それが自分を強く支えてくれることを。。。
 
スワーダは知りました。。。
 
健康で元気であることに感謝しながらこの2012年満足感のある年に。。。
一人ひとりの幸せ感が、世界の人々を平和に導く術なのでは。。。と
世界平和を心から祈る2012年。。。。。(2012年1月7日)
 
ご家族様皆さまのご健康と益々のご活躍お祈りいたしております。。。。
 
スワーダ・アルムダファーラ
 

Ms. Suad Mohammed Al-Mudhaffar
Life Coach & Lecture

20091126_0069.jpegnew school.jpeg
 

 

今年の私の漢字は「信」・・・!

日経ウーマンオンライン読者の皆様。
改めまして、明けましておめでとうございます!
海外コーディネーターの萩野絵美です。
素敵な年末年始の休暇を過ごされていますか?
皆さんの仕事始はいつでしょうか?
ご存知海外では、もう本日3日から、back to workな訳ですが。
学校の新学期においては日本と海外(例えば欧米は秋ですよね)の違いこそあれ、

新年は心新たに、期待に胸を膨らませて迎えるのは、世界共通!

新年の抱負や目標、new years resolutionsを語り合うのは一般的ですよね。
さて私は、昨年末、とても素敵な実業家の女性との出会いがあり、この方のお話はまた追ってお伝えしますが、下記のようなリクエストを頂きました:

毎年年末にはできるかぎり大切な友人に会って、お互いの一年を振り返り来年の目標を決めてお互い手帳に書くようにしているので、もしよかったえみちゃんの来年の目標やどんな年にしたいか、という一文字を聞かせてもらえませんか?この習慣をはじめて七年になりますが、素敵女子がどんどんパワーアップしていくので、毎年必ずやっているんです!

うーん、新年の目標、マイテーマを表す漢字ですか?!

と色々考えました末、(半分帰国子女なので漢字が苦手・・・なーんて言い分もあるのかしら 苦笑)、映画ニューヤーズイブをみてから思いついた文字、「信」。「信」=信念 faith、自分に対する自信 self confidence 、相手に対する信頼  trust…

昨年は、仕事やプライベート両方において、自分自身や愛する人々を信じ・信じ続けること、強い信念を持ち続けやり抜くことの大切さを、周りの素敵な人々から教えられました。

今年こそは、揺らがない自分や信念、他人を信じる大らかな心を持って、日々邁進してゆきたいと思っております。



ウーマン読者の皆さんの今年の漢字は何ですか??