スペイン人と闘牛

Hello everyone! 5月もそろそろ終盤、初夏のような汗ばむお天気も増えてきましたね、皆さんいかがお過ごしですか?私なんて、金環日食の今日!今年初の!スイカを食べちゃいました、しかもランチ笑 なので今回のレポートは太陽繋がり?で、太陽が似合う国スペインから。

以前もご登場いただきました、私が公私ともに大変お世話になっております、マドリッド在住のシステムエンジニア、中村美和さんより頂きました〜
スペインのお祭りに関してはラジオでもココでも色々ご紹介しているところですが、今回はマドリッドならでは、サンイシドロ祭りについて。スペインの闘牛にまつわるお話も大変興味深い・・・スペイン国内は歴史的な背景から、フットボール&フード事情も地域によって大変異なるのですが、スペイン人の闘牛観はいかに?スペインの人々皆さんが闘牛を楽しまれている訳ではない、(バルセロナなど)カタルーニャでは闘牛が禁止されたこと、等々知っているのですが、マドリッドの人々はどうなの?とっても興味津々です〜
《サンイシドロ祭り》
 
毎年5月15日は、マドリード守護聖人であるサ ン・イシドロの日で、マドリード市にとって重要なお祭りのひとつサン・イシドロ祭りがおこなわれ ます。
 
その日にマドリードの街を歩けば、男性は千鳥格子 のハッチング帽にお揃いのベスト、女性は裾の広がったドレスを着て、頭にカーネーションを飾りスカーフを巻く、 マドリッド伝統的な衣装に身を包んだマドリッドっ子たちに出会うことができます。
この伝統スタイルは、男性はCHULAPO(チュ ラポ)、女性はCHULAPA(チュラパ)と呼ばれ、スペイン語でマドリード下町の粋なスタイル、という意味です。
 
伝統的な風習では、この日は聖地へ巡礼をして、そ のあと川原でピクニックをしたり、ロスキジャと呼ばれるドーナツのような形のお菓子を食べたり、チョティ スと呼ばれるダンスが踊ったりします。
この様子は、スペイン絵画の巨匠ゴヤも絵に描いて います。

DSCF7116.JPG F_E_JJ_0509_SANISIDRO_IMG_2990.JPG

© Madrid Visitors & Convention Bureau, SA 2012

《お祭りと闘牛》
 
また、スペインのお祭りには闘牛がつきものです が、特に、この時期のマドリードでは、このサンイシド ロ祭りにあわせて、毎日のように闘牛が開催され、花形闘牛士たちが連日自慢の技を見せ合います。
 
この最大級の闘牛の祭典に参加することは、闘牛士 たちにとって大きな意味があるといわれています。
というのも、目の肥えたマドリードの闘牛愛好家た ちを前に、正々堂々と技の限りと勇気を見せて観衆の喝采を浴び、肩にかつがれてラス・ベンタス闘 牛場を退場することをは、非常に難しいことである反面、闘牛士の誰もが夢見る成功の形なのです。
 
一方で、万一にもこの晴れやかな舞台で失敗してし まえば、辛口のマドリードの観衆の容赦ない罵声をあびることなります。
そういう意味で、人気闘牛士にとっても、年間で最 もプレッシャーのかかる大舞台のひとつが、このマドリードのサンイシドロの闘牛なのです。
 
「生きるか、死ぬか」「栄光か屈辱か」。
それはまさに、闘牛の美学そのものといえるかもし れません。
 
 
《闘牛は芸術か?残酷な見世物か?》
 
スペインといえば、まずフラメンコと闘牛、という イメージを持つ日本の方も多いのではないでしょうか?
しかし、美しい衣装を身にまとった闘牛士が雄牛を 相手に華麗に戯れる見世物というイメージだけを持って、実際に闘牛観戦に行って、ショックを 受ける外国人観光客も多いようです。
確かに、人間の娯楽のために目の前で牛が、血まみ れになって死んでいく姿は、予想以上に生々しく強烈な光景です。
 
スペイン国内でも、闘牛に反対する動物保護団体な どの抗議行動などがおこなわれるたび、闘牛が伝統的な芸術であるのか、あるいは野蛮で残酷な動物虐待なのか、盛んに議論されます。
 
少し前に日本でもニュースになったと思いますが、 今年の1月からバルセロナなどがあるカタルーニャ州では、闘牛が禁止されました。
禁 止されたのがカタルーニャであったことは、政治的な意図もあったとは思うのですが(カタルーニャ州はスペインからの独立を願う人も多く、 日頃から「我々はスペイン人ではなく、カタルーニャ人」と主張しています。)、それはさておき、私個人も、闘牛の是非に対しては何かし らの明確な結論はいまだに到達できていません。
Las ventas 03.jpg
© Plaza de Toros de Las Ventas.
50 12.jpgただひとつ言えることは、闘牛は長い歴史の間に受 け継がれ、それを目にした人々に、何がしかの感情を呼びおこしてきたものである、ということで す。

スペインの闘牛は、ゴヤやピカソなどの画家たち や、ヘミングウェイやロルカのような作家たちの心を揺さぶり、絵画、小説、詩、映画などの創作意欲をかきたて、多くの作品を生み出すこと に一役買ってきました。
 
血にまみれた壮絶な死と戯れる闘牛士の姿、時に愚 かともいえるほどの闘牛士たちの無謀な勇気、それに熱狂する観客の姿に、日頃は私たちが目をそむけている何かを、目の前に引きずり出しま す。
 
たとえば、ポルトガルやフランスなどの闘牛では牛 を殺さないといわれていますが、それは観客の目の前で殺さないだけで、闘牛の終了後にはやはり牛 を殺します。
また、闘牛ではなくても、人は食べるために牛やそ の他の動物の命を日々奪っています。
場外で人目を避けてひそっりと殺すことや、スー パーマーケットにパックにつめられて綺麗に並べられたものを食べることは、スペインの闘牛よりも残酷ではないのでしょうか?
闘牛でも食用でも、人間に殺されるために育てられて死んでいくことに変わりなく(ちなみに闘牛の牛は、闘牛の後に食用に解体されます。) 、どちらなら許される範囲か、ということは私にはなかなか判断がつきません。
「殺すのはかわいそうだ」と思っても、やっぱり牛肉もだって食べてしまいますし、実際に殺すところを見なかったとしてもやっぱり日々ほか の生物の命をいただいて生きていることには変わりありませんし、それは変えられません。
 
そういう意味では、闘牛というのは、生きるという こと、殺すということ、普段の生活ではきれいに隠されているそれらのことを、明るい陽の元の引きずり出してきます。
そして、そういう生々しい部分が、天才たちの創作 活動にたインスピレーションを与えてきた部分の一部であるのかもしれません。
ともかく、こういったようにスペインの文化と精 神、芸術に深く根付いた闘牛は、急速に全面廃止になるということは考えにくく、スペイン国内でも闘牛 に対する議論はこれからも続いていくでしょう。
 
 
皆さんも多少の覚悟の上で、ぜひスペインの闘牛を一度見に来てください。
いろいろと固い話は抜きにしても、やっぱり闘牛士の伊達男っぷりはなんといっても素敵ですよ!

中村 美和さん

nakamuramiwa.jpg

日本の電機メーカー勤務後、2007年に渡西。
日本・スペイン間のいくつかのウェブ開発、プロモーションプロジェクトでの経験を経て、
マドリードでウェブシステム開発と電子書籍製作販売の会社CROSSMEDIA WORKS, S.L.を起業。
twitter: @spain_go, @seleccionES2010, @todo_madrid etc.

バングラデシュの魅力は、やはり人・人・人!

ウーマンブログ読者の皆さん、お元気ですか?少し、ご無沙汰しております、海外コーディネーターの萩野絵美です〜苦笑

さてさて。

今日取り上げます国は・・・・と、いきなりまたまたクイズ。(クイズづいてますね最近)

世界で7番目に人口が多い国って、どこだがご存知ですか?

南アジアにあって、イスラム教徒主体の国で、ベンガル語で「ベンガル人の国」という意味の国。

今年はちょうど日本と友好40周年を迎え、超人気タレント・ローラさんの故郷として、旬なあの国!

答えは、バングラデシュ

ええ、そうなの?という方も少なくないと思いますが、実は実は、バングラデシュは、狭い国土にとにかく人口の多い国!(日本より多い、公称1.5億)。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高いんです。

人間と人間の距離がとにかく近く(物理的にも(笑)心理的にも)、そのせいか、人と人との絆ですべてが回っていっちゃう・・・!

私も海外にいまして、目にした習慣ですが、バングラデシュでも、お祝いゴト(誕生日やテストの合格、身内の退院など)」の時、お祝い事がある本人が、まわりのみんなに、お菓子やものを配るんです。

現地の方にもご紹介いただいたんですが:

バングラデシュでは、自分のこの幸せを周りのみんなにも共有してほしい、みんなにもこの幸せをわけあたえたい!という考えがあります。日本のように、みんな「から」プレゼントなどをもらうのは、「いま幸せなのに、さらに幸せ(プレゼントなど)を貯め込んで、ひとりでどうすんの?」という感覚なのだそう。ひとりだけではなく、みんなでハッピーがもっといい!という、人間関係が濃いお国ならでは、ですよね。

地理的に見ても、ガンジス川の恵みを得て、世界有数の豊かな土地を誇り、

歴史的に見ても、黄金のベンガルと言われていた時代もあったのですが、

今では最貧国の一つとして数えられている、バングラデシュ。

おコメの生産量では世界でもトップクラスなのに、人口と消費量が追いつかない。

といった情報もしばしば飛び込んでくるのですが、そこに住む人々の生活はいかに?
バングラデシュ在住4年、首都ダッカで、日系企業のコンサルタントをされているハンサムウーマン、柘植奈緒子(つげなおこ)さんに、お話をお伺いしました!

アッサラーム アライクム、なおこさん!

***

【何故バングラデシュなの?】

こちらで出会う日本人に必ずと言っていいほどまず最初に聞かれるのが,「何故バングラデシュに来たんですか?」という質問.何故わざわざバングラを選んだのか?と.大学1年の時に南アジア研究(インド・バングラデシュ・ネパール)をされている先生に連れてきていただいたのがきっかけで,もしその時の渡航がインドやネパールだったら,今ここにはいなかったでしょうね.自分でバングラデシュを選んだというより,海外に出る最初のチャンスがバングラデシュだったという感じです.しかも首都ダッカではなく農村部に滞在して,夕方に停電したら朝まで電気が来ないとか.でも他の外国を知らないでいきなり農村だったので,却って外国ってこういうものなんだと思いました.その後,学生時代にアメリカやヨーロッパ,他のアジアにも旅行する機会があり,それぞれ国や地方で全然違うので,海外って面白いなと.そしてなるべく人が行かないところでやろうということで,卒論・修論のテーマをバングラデシュにして,半年に1度のペースで通っていました.大学を出た後にはメキシコに行ったり,日本に戻って就職したり,紆余曲折を経て2008年にまたここに戻ってきて,現在に至ります.

ダッカの人口密度は世界一!            商業の中心地グルシャン

あの頃から何が変わったかとよく聞かるのですが,3つ上げるとすれば,①ダッカの発展,②自家用車の増加と渋滞の悪化,③携帯電話の普及ですね.でもバングラデシュ人の気質は良くも悪くも変っていないなと感じる事が多いですね.日本からの変化と言えば日本人・日本企業が増えたのが印象的です.

私は20代後半からメキシコ,中国にそれぞれ1年ほど住み,現在バングラデシュにいます.海外に出ると日本をを客観的に見れるようになるという話をよく聞かれると思いますが,それは本当にそのとおりで,国内にいると見えづらい日本の良い所や悪い所に気づくようになります.また外に出るようになって日本に対する愛国心が増した気がします.今,韓国が非常に元気で中南米でもそのパワーを目の当たりにしました.世界における日本のプレゼンスは,残念ながら少し下がっているように感じています.ここでも韓国企業は進出が早く,在バ韓国人の数も日本人とは桁が違います.ただバングラデシュは生産拠点としても市場としても,まだまだこれからの国なので,日本が入るための余地は十分あると思います.それに日本はバングラデシュが独立した際に,最初に独立を認めた国でもあり,以来JICAやNGOが継続して支援しており,最大のドナー国です.国民もとても親日的で,日本とバングラデシュの橋渡し,特にバングラデシュでの日本企業・日本人が活躍するのをお手伝いできれば本望ですね.

バングラデシュの子供たち              農村の風景

現在,学生や若者がたくさんバングラデシュを訪れていて,観光だけでなくボランティア活動やインターンなども盛んです.やはりこの国に来ようという人たちですから,エネルギッシュだし,目的意識がはっきりしている人が多い気がします.うまくいかないことも多いと思いますが,どんどんチャレンジしてほしいです.日本では若者が外に出ないと言われているようですが,ここにいると元気のある人もたくさんいると思います.一方で,ちょっと危なっかしい感じの人もいて,やはり一歩海外に出れば日本の常識は通じないので,それなりの危機意識も持ってほしいなと感じることもあります.ちょっと気をつけていれば防げる事がたくさんあります.

またバングラデシュはイスラム国ですが,中東に比べれば遥かにソフトで,女性が生活・仕事をするのもそれほど困難という訳ではないと思います.むしろ生活面では,男性より女性の方が適応力が高いようです.もちろん男女の区別ははっきりしていますので場面場面では注意も必要ですが,それよりも日本との習慣の違いやインフラの未整備の方がハードルが高いように思います.

ダッカでの楽しみは,金曜日(イスラム国なので金曜日休み)にカフェ巡りをすることですね.もともとこの辺りの地域ではお茶を飲む習慣なので,コーヒーを飲む人は少なく,まともなカフェがなかったのですが,ここ数年で外資系のカフェが少しずつ入って来ています.デフォルトで大量の砂糖とミルクが入った「ネスカフェ」ではないドリップコーヒーやエスプレッソが飲めるカフェは貴重です.都会の若者もスノッブな雰囲気を求めているので,日本の「オサレカフェ」は流行るんじゃないかなと思います.また最近はクリケットのルールが少し分かる様になってきたので,大きな試合はバングラ人と一緒に見たりします.去年ワールドカップがバングラデシュで開催されたのでユニフォームを着込んでスタジアムに観にいきました.結果は記録的惨敗でしたが...

クリケットW杯会場にて(右がなおこさん)     子供たちが描いたなおこさん

☆柘植 奈緒子(つげ なおこ)さん☆

個人ブログ:http://bangladays.blog99.fc2.com/

所属会社:プリアディス・バングラデシュ(日本側はプリアディス・ジャパン)

http://www.pleiades-group.com/

セビージャの春祭り2012

HOLA! みなさんお元気ですか〜?折角のゴールデンウィークなのに酷い雨続きで、気分がドンヨリ、という方も多いはず。そんな時こそ、元気に、太陽がイチバン!似合う国スペインから、旬の春祭りの話題をお届けします。レポーターは、以前に4年間スペイン留学(2001〜2005年)、現在はちょうど1年経ったところで、お仕事はフラメンコグッズのオンラインストア経営をされていらっしゃるという、小川愛(おがわめぐ)さん!

テキスト&音声はこちらhttp://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/
2012年スペインはセビージャの春祭り(4月24日0時から29日24時まで)が終了しました。前半は天気にも恵まれ、会場内は人々の熱気とも相まってまるで真夏のような暑さでしたが、後半は一気に気温が下がり、なんと雹まで降ってしまいました。
このセビージャの春祭りは1846年から開かれるようになった牛や馬、羊などの家畜の見本市がその起源です。春祭りはスペイン全国で開催されますが、セビージャのものはその規模の大きさや華やかさで特に有名です。
大不況の最中にあるスペイン、アンダルシアですが、今年も地元の人、国内/国外からの観光客を合わせて多くの人が会場を訪れ、1,000を超えるカセータ(仮設小屋)内で食事やお酒、そしてセビジャーナスと呼ばれる民族舞踊を楽しみました。女性は赤ちゃんからご高齢の方まで、多くの方がフラメンコ衣装で着飾ります。男性はスーツ、もしくは馬に乗る時の正装としてブーツに裾を織り上げたパンツ、そして丈の短いジャケットを来ている方も多く見かけられます。会場内の移動手段は徒歩、馬、もしくは馬車となります。
2大イベントであるセマナ・サンタ(聖週間、2012年は4月1日から9日)とフェリアが終わり、セビージャにはまもなく夏が訪れます。
caballo.jpg      cochedecaballos.jpg
馬主たちは正装をして馬に乗って会場にやってきます
馬車はフェリア会場内におけるほぼ唯一の移動手段です

portada_dia.jpg                portada_noche.jpg
主要ゲートは毎年デザインが変化   24日0時点灯式直後の主要ゲート
recintoferial.jpg      sevillanas.jpg
フェリア会場内には多くの人が押し寄せます
会場へ向かう途中の女性達

 

スペインに来たきっかけ
高校2年生から3年生にかけての1年間、ロータリークラブの交換留学プログラムにて米国ニューヨーク州に留学しました。年度末に同プログラムの留学生約350名と5週間の米国横断旅行に出たのですが、その時に中南米からの留学生が、母国は違うのに同じ母語を有するということに衝撃を受けました。
スペイン語は留学中もハイスクールで授業を受けていましたが、これをきっかけにさらに興味を持つようになり、帰国翌年に東京外国語大学(スペイン語専攻)に入学しました。クラスメートに無理矢理に誘われ、同大学の部活「スペイン舞踊部」で体験レッスンを受けたところすっかりはまってしまい、フラメンコ三昧の大学生活を過ごしました。
卒業翌年にスペインへ初めてのフラメンコ留学、1年間のつもりでしたが最終的に4年間滞在しました。始めの1ヶ月はマドリッドでしたが、以降はずっとセビージャで勉強を続けました。
torredeloro.jpg    catedral.jpg
グアダルキビル川沿いにたたずむ黄金の塔
ユネスコの世界遺産に指定されているセビージャのカテドラル

 

小川愛さん プロフィール

c-2.jpgロータリークラブ青少年交換留学プログラムにて米国に1年間留学後、東京外国語大学に入学、スペイン語専攻。大学入学と同時にフラメンコを始め、大学卒業後、セビージャにフラメンコ留学、約4年間滞在。帰国後は派遣で会社勤務をしながら、英語/スペイン語/日本語の翻訳や通訳アテンドとしての経験を積む。合わせて、大学時代からの恩師、岡本倫子氏の舞踊団およびフリーとして日本各地のタブラオやスペインレストラン、イベントでダンサーとして仕事を受ける。舞踊団員として同舞踊団の公演に出演、講師も務める。2009年日本フラメンコ協会新人公演奨励賞受賞。2007年第4回CAFフラメンコ・コンクール、2009年第4回同コンクールファイナリスト。

2011年、スペイン人との結婚をきっかけにスペインへ移住。翻訳、通訳の仕事を続けながら、2012年にスペイン/フラメンコグッズのオンラインストア “Trianera”(http://www.trianera.com/) をオープン。同ストア facebook サイトより、セビージャ、フラメンコに関する情報を発信中(http://www.facebook.com/TrianeraSevilla)