ちきゅうラジオ〜ニューカレドニア

Hello everyone- hope you are enjoying the rest of the weekend and the gorgeous weather!  梅雨の中休み?梅雨明けも未だというのに、毎日初夏のようお天気が続いていますよね、みなさん、お元気ですか?
 
さて今回の「ちきゅうラジオ」からお届けする国は、天国に一番近い島、ニューカレドニア!面積は四国と同じくらいの大きさで、日本との時差はプラス2時間、直行便も飛んでいます(約8時間半)。
_MG_0197.JPG   _MG_0365.JPG
世界のイチメン」レポーターは、海外在住年数14年、首都のヌメアでダイビングセンターのマネージャーを務められていらっしゃる、小川理志さん。
*右側にある「前回の放送を聞く」ボタンをクリックすると、レポート内容がお聞きできます
 
ニューカレドニアで、ツーリズムに携わる者としては、ここにいる間、少しでも多く楽しんでいただくこと、非日常な環境と時間をたくさん提供することを以前より心がけて仕事に臨んでいます。
 
と語る小川さん。
 
まずは、自己紹介いただきましょう!

_MG_6025.JPG

1969年京都生まれ。サラリーマン時代に趣味として始めたダイビングにのめり込み、スクーバダイビングのインストラクターとして1999年よりニューカレドニアに移住。
離島イルデパンでの生活を3年経験し、今はニューカレドニアの首都ヌメアで暮らす。
ダイビングサービスの運営と平行して日本の専門誌やフランスの国際水中映像フェスティバルで自身の写真作品を発表し続ける。TVや雑誌の撮影コーディネーターとして様々な撮影シーンにも関わっている。
東京新宿のヨドバシギャラリーINSTANCEにて写真展開催予定(期間: 2013年9月30日〜10月6日)。
 
HP: http://wwww.alizedive.com 
 
ちきゅうラジオで、お届けしていただいた話題は:
 
【タイトルは「燃料が今朝到着」】

130619185752.jpg

「昨夜320,000Lの燃料を積んだバージが、数日間燃料がなくなって困っているマレ島の人達のためにヌメアを出発した。新しい貨物船が運航するのは9月」
 
【背景と内容】
ニューカレドニアは四国の面積ほどの長細いフランスパンのような形をしたグランドテール島と、マレ、リフー、ウベア、イルデパンの4つの島から成り立っている。グランドテール島には大きな港が整備されているので、燃料(ガソリン、軽油)は大型タンカーに積んで入ってくる。
 
しかし、小さな島には大きな港がなくタンカーを接岸できないため、首都ヌメアから中型の貨物船に積み替えて運んでいる。もともと島への物資や燃料の輸送は2つの貨物船が行っていた。しかし貨物船の1つが老朽化のために退役し、もう1つの貨物船は故障が見つかったため政府から航行許可が降りない。したがって島への物資や燃料の輸送手段が断たれてしまっていた。
 
そこで活躍することになったのがバージ(艀)、鉄でできた巨大な筏である。バージ自体はエンジンを装備していないのでタグボートを使って牽引する。今回はこのバージを使って燃料を供給することができたという話。
ただし、バージは海况が悪いと航行に危険があるため、海が時化ると運航できないという問題もある。
 
またこのバージを使った物資と燃料の供給はだいたい週に1回だそう。マレ、リフー、ウベア、イルデパン、と別に回るので、今回の次に供給があるのは約4週間後。それまで持ちこたえてくれるかが心配される。
 
海運関係で働く友人に電話をして裏話を聞きました。今回、バージに積み込みを行っている際、巨大なフォークリフトをうっかり海へ落としてしまったそう。そんなものを海に落としてしまうなんて失態があるのはニューカレドニアの人達のそそっかしさの現れかもしれない。(こんな失態はニューカレドニアでは日常的です)
 
故障した船はパーツを取り寄せる手続きをしているが、代金を前払いしないことには送ってもらいないのに前払いしていないので、パーツの到着のめどはまだ立っていない。
 
島を結ぶ輸送手段は島の人達にとって、まさにライフライン。
 
島で手に入らない食料品や今回のような燃料というものは、政府が責任をもって供給を確保すべきものであると思う。しかしフランスはレギュレーションに厳しい国なので、ボートが運航できる状態であっても、レギュレーションを満たせていないと運航許可を出さない。物資、燃料不足という深刻な問題が起きていることを心配し「輸送を手伝います」と申し出た大型船所有会社にも特別許可を出さない。
 
既得権益が関係するのかもしれないが、それ以上に法律に対する考え方がまじめ。裏を返すと、勝手なことをして責任を取らされることを恐れている。そんな考え方が我々日本人より強いようにも思う。
 
ただ、島々ではこんなに深刻な状態に陥っているのに暴動が起きたりはしていない。島で暮らす人達の生活はシンプルで、煮炊きは薪で火をおこして行っている家庭も多い。暗くなったら寝ればいい。魚は海で捕ればいい。なんとか生きていける。
 
そんな生活が今も多く残っている素朴なニューカレドニアの島々です。
 
私はイルデパンに3年住んだことがあるので、島の素朴な生活をリアルに体験しています。きっとなんとかなるだろ~、という楽観的なニューカレドニアの島で暮らす考え方が大好きです。
_MG_3478.JPG   2008_05120073.JPG
<ウーマンブログ読者の皆さんへメッセージ>
 
ニューカレドニアはオーストラリアの東、ニュージーランドの北に位置する南太平洋の島。日本から週6便の直行便があります。島を囲むバリアリーフの長さは世界で2番。ラグーンの面積は世界で一番を誇ります。そのラグーンの一部は、2008年にユネスコの世界自然遺産にも認定されました。
 
フランスの海外統治領ですので公用語はフランス語。誰かと目が合ったときには知らない人とでも「ボンジュール」と笑顔で挨拶を交わすという、人々の暖かさが感じられる島。
 
またビーチリゾートきってのグルメタウンでもあり、本格的なフレンチや、その日に海から揚がったばかりの食材を使ったシーフードなど、食文化も充実しています。
 
海に囲まれた島なのでニューカレドニアの一番の見どころはやはり海。離島の白砂のビーチにターコイズブルーの水の色。スノーケリングやスクーバダイビングで見られるカラフルなお魚やサンゴ。感動のため息が漏れるほど美しい。
 
朝早起きして鳥のさえずりを聞きながら取る朝食も最高。次のバカンスにはニューカレドニアへいらして下さい。
_MG_5974.jpg   DSCF0461.JPG

東京Slow Style ♪

私!
お友達のファッションライター、小川いずみさんご担当のスイーツサイト、東京Slow Styleに、
スイス発のスポーツカジュアルブランド、[sn]super.naturalのPRとしてご紹介いただきました〜♪
 
いずみさんのサイト:
 
スイーツ取材させていただいたお店は、神楽坂にありますWoodman’s Cake。名物「神楽坂ロール」、試食させていただきましたが、中身はなんとまあ、宇治抹茶クリームに大納言、オレンジピール、洋梨と、食べごたえ満点ボリューミー☆(もはやロールケーキの域を超えた?!)
 
神楽坂には私も大好きな地中海系グルメの(主にフランス系かな?)お店も沢山あるし、商店街を通って小道に入ると古き良き日本の雰囲気を感じさせる石畳のエリアもあって、探究心をかき立てられるんですよね。
私の母校の大学からもそんなに遠くなくて、学生時代時々来ていた記憶があります。
 
そしていずみさん!
キュートなルックスとガーリー&スイートなファッションと相反して、
学生時代のパックパッカーで海外放浪の一人旅をしたり、相模湖で仲間達とコスプレして障害物競走イベントに参加したりと、 (どうやらアメリカ発祥らしいぞ)
とーーってもアクティブで行動派で、とにかく魅力的なライターさんです。
 
ライターさん同士で情報交換や近況報告会などすることも多いのですが、ファッションや海外の話で共通の話題も多いいずみさんとは、特に楽しい。
 
次なる神楽坂スイーツターゲットのお店も既に決めていて(うしし)、今からもう楽しみなのであります。
 
まずはまずは、是非いずみさんのサイトチェックしてみて♡

ちきゅうラジオ〜 ワールドカップ開催国ブラジルより!!

やったーーー!!!
決めましたね、サムライジャパン、来年のワールドカップブラジル大会、進出(祝)!
ということで今回お届けする国・都市はブラジル・リオデジャネイロ★
いつもラジオのみならずとーってもお世話になっているリオ在住のスーパー・ハンサムウーマンで、ブラジルと日本でミュージシャンとしてご活躍中のMAKOさんより、日経ウーマンブログ読者の皆さんへ、あつーいレポートをいただきましたよ♡

MAKO_2.jpg

***
世界のイチメン http://www.nhk.or.jp/gr/ichimen/  より
来週 15 日から開催されるコンフェデレーションズカップに続き、2014 年のワールドカッ プ、そして 2016 年のオリンピックと、ブラジルはスポーツイベント満載で、ブラジル経 済に大きな影響を与えています。こうしたスポーツに関連したプロジェクトに国が 10 億 ドル、日本円でおよそ 1000 億円もの投資を予定しているということもあり、ブラジルの インフレ状況がとどまる気配を見せない、ということが記事に書かれていました。
ホテル、レストランはもちろん、アパートの家賃に食料品、交通費などありとあらゆるも のの値段が上がっています。私は今週月曜までリオからブラジルの北東部の街に旅行に出 ていたのですが、帰ってきてバスに乗ったらびっくり!。バスをよく使うんですが、いつ もの料金を払ったらお金を収集するバスの乗務員に「お金が足りないよ、と注意されて、 値上がりしている料金を「ほら!」と指で指され ヒヤー!としました。つい先日までは 日本円で 140 円ほどだったのですが、今月 4 日から 150 円に値上がりしていたんですよ。 ちなみに、私が初めてブラジルを訪れた 2000 年当時のバス料金は日本円で 40 円ほどでし たが、13 年たった今、およそ 4 倍近くになっているわけですから驚きでですよね。私が いま住んでいるアパートも、5 年前の家賃からおよそ 1.5 倍になりましたし、観光地で有 名な地区では、家賃が、3 倍にも 4 倍にも膨れ上がっている状況です。
食料品の値段も上がっていて、特に4月に、恐るべき物価上昇が、「トマト に起こりました!3 月まで 1 キロあたり日本円でおよそ 180 円だったトマトが、480 円ま で値上がりしたんですよ!このとき市民の間で、「恋人への贈りものは、宝石よりもトマ トの方が値打ちがある」という、風刺のきいたギャグも生まれました。
特に4月に起こった恐るべき物価上昇が、”トマト”に起こりました。3 月迄 1 キロあたり 約日本円で 180 円だったトマトが、480 円に値上がりし、国民は、恋人からの贈り物は、 「宝石よりもトマトの方が値打ちがある」など、ギャグが生まれたりもしました。
給料は、最低賃金というのがあるんですが、それは、物価の上昇に伴い上がっています。 でも、ある程度収入のある人たちは、あまり変わっていないのが現状です。
わたしは、日本のバブル崩壊による深刻な経済問題を体験したので、これから世界的なス ポーツイベントが続くブラジルの経済がどうなっていくのか、少し心配しながら見守って います。
Brasil.jpg   Corcovado.jpg
MAKO さん-プロフィール
MAKO_1.jpgのサムネール画像

兵庫県神戸市出身。 ブラジル音楽に魅せられ、日本でブラジル音楽歌手として、関西を中心に2001年迄活動 し、2001年8月にポルトガル語を学ぶ為ブラジル、リオ・デ・ジャネイロへ渡る。その後 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで歌手、パーカッショニストとして音楽活動を開始。ボ サノヴァ、サンバ、サンバカンサォンなどのレパートリーで、 MPBの正統派スタイルを 受け継ぎながら表現し演奏する日本人アーティストとしてブラジル、日本、そして各国で 活動。今までにWanda Sa、Roberto Menescal、Pedro Luis、Robertinho Silva、Teresa Cristina、Mônica Salmasoらと共演。
リオの空気で培った視点で選び抜かれた作品、優れたアレンジでレコーディングを行い 、 2010年ブラジルでCD「Algumas Coresーいくつかの色」をリリース。ブラジリア、サン パウロ、リオ・デ・ジャネイロでCD発売記念ライブを行なう。その可憐な美しい歌声は、 まさに”カリオカ(リオっ子)”女性シンガーのみが持つ特有の空気を放つ歌手、と過大な 評価を浴びる。PianOrquestra(ピアノオーケストラ)のパーカッショニストとして、カ ナダのバンクーバーそしてカルガリー、チリ、アルゼンチン、オランダへ演奏旅行 。 2010年ノルウェーオスロで行なわれたブラジル音楽フェスティバルに、
Flávio Venturin(フラヴィオ・ヴェントゥリーニ)、Yamandu Costa(ヤマンドゥ・コス タ)、Andrá Mehmar(アンドレ・メーマリ)らと共に参加。
リオで毎年行なわれるカーニバルのパレードで50万人の観客動員数があり、現在音楽シー ンにおいて絶大な人気を誇るストリート・パーカッション軍団” MONOBLOCO(モノブ ロッコ)”の唯一日本人メンバーとして、活動を続ける。そして、MONOBLOCO(モノブ ロッコ)2010年初来日の際に東京リキッドルーム、名古屋ライブでゲスト出演。その他 、 MPB(ブラジル・ポピュラー音楽)を代表するコンポーザーChico Buarque(シコ・ブア ルキ)の楽曲のみを演奏する女性グループ “Mulheres de Chico-シコの女達”、南米で最も 人気のあるアーティストRoberto Carlos(ホベルト・カルロス)を賞賛するバンド”Exalta Reiー王を賛美”で活動中。ブラジル国外で幅広い活躍を続けているブラジル音楽界の重要 性ある日本人アーティストとして、注目を浴びている。

留学ジャーナルさんのセミナーにて、お話させていただきます!

http://www.ryugaku.co.jp/event/detail.php?id=00003145t

「今年40周年を迎える留学ジャーナルが「留学応援企画」として、留学でなりたい自分に近づくための”応援講座”を年間40本開催します。そのうちのひとつが、留学の先にある「仕事」についての講座。「やりたい仕事発見!」と題し、「業界研究」「仕事研究」にもご利用いただける講座を毎月開催します。こちらでは、様々な業界、職種で活躍されている留学の先輩から、仕事の内容や、仕事に求められるスキルなどをお話しいただきます。翻訳・通訳をはじめ、海外リサーチやコーディネートといった海外関連サービスを展開する企業を起こした萩野絵美さん。オックスフォード大学院への留学前後にラジオ番組制作会社などで積んだキャリアやその時代に培った人脈、コミュニケーションスキルを活かして立ち上げた新規ビジネス(http://handsww.com/)やその立ち上げまでの過程などをうかがいます。」

ということですが、身に余る光栄な御話。とにかく、ご参加される方々と、海外留学の魅力や、イギリス留学体験で得たこと、現在の仕事の活動や自分の世界観にどのような影響を与えているか、そして脱フリーランスして起業をするまでの経緯、などなど、自由闊達に!語り合いたい、と強く願っております。

7月2日(土) 16:00~16:50

東京留学ジャーナル カウンセリングセンター

東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6F

です!

Sorry about the shameless self promotion, but will look forward to seeing many of you there!!

Emi Hagino

私の最愛の恩師・ミュンヘン宝飾細工師マイスター武市知子さん!!

日経ウーマン読者の皆さん、お元気ですか?早くも梅雨入りしてしまいましたね・・・私、心の準備ができてなかったのですが、、、体調管理など気をつけて今月も元気に!まいりましょう〜
暫くブログ更新していなくて、、、失礼致しました。
でも皆さんにご報告したい、最近とっても嬉しい出来事が。

 「本場ドイツで日本人のマイスターいないかな?」「ミュンヘンだと、ビールなのかな?!」

<以下 facebookの投稿より>
  そんなかる〜い動機で、ネットで検索してメールを打ったのが、3年くらい前。
私のメンターで宝飾細工師マイスター・武市知子さんとの出会いは、私の人生の宝物。
憧れだったジュエリーのPRのお仕事以外にも、自分のプライヴェート、双子姉の結婚指輪の制作、大切なお友達の(恋愛・仕事・健康etc)お守り創り・・・とお世話になりっぱなしです。
そんな知子さんが、JALカード会員さん向けのマガジン「アゴラ」の今月号に8ページにも渡って特集されています!!!
読み進めて行くうちに、もちろん色々知ってはいるけれど、一女性として、日本人として、コスモポリタンとして、人として、知子さんこそが rare gem indeed 世界に一点しかない、光輝くジュエリーであることを改めて実感。


何度読んでも唸るくらい、素敵な記事なんです。
IMG_3819.jpg  IMG_3820.jpg
IMG_3822.jpg  IMG_3823.jpg
知子さんと繋がっていることが、もう幸せで、光栄だなぁ〜
自分が取り上げられることも勿論嬉しいけれど、自分が大切で尊敬している方が素晴らしい記事にされるのは、実はもっと感動だなぁ〜
IMG_1421.JPG  IMG_2366.JPG
決めた、次に彼女を取材するのは、私、私、です!
でもって知子さんとミュンヘン・ツアーを企画いたします(宣言)
このブログでも随時、知子さんからいつも頂いているメッセージ、皆さんに共有させてください。だって私ばかり享受していたら実にもったいない!!
そしてこちらのツアーのタイミングは9月オクトーバーフェス、皆さん詳細どうかお待ちください、乞うご期待!
<さとこさんから、ウーマンブログ読者の皆様へメッセージ>
日経ウーマンをお読みのみなさま
ミュンヘンから、ジュエリー宝飾作家の武市知子です。
goldschmiedとして、ジュエリーをつくり続けて、15年。
女性を美しく、そして幸せにするお手伝いをさせて頂く喜びと同時に、ジュエリーを通してつながるご縁にも日々感謝し、驚きもしています。
まるで、ジュエリー達が、私の想いを運び、つなぎ、また私のもとに届けてくれているかのようです。
ジュエリーは幸せのシンボルですが、
くじけそうになったとき。泣きそうになったとき。
暗闇のなかで絶望しそうになったときに、、、
宝石は、より一層明るく輝いてくれるのでしょう。
私たちが光を見失わないように。そして、心の輝きを思い出せるように。
Jeder ist seines Glückes Schmied…..
誰もが自らの幸せの鍛冶である。とは、ドイツのことわざですが、
みなさまがこれからつくる幸せが素敵なものでありますように。
そして、これからの出会いとご縁に心を踊らせながら。
ミュンヘンより愛をこめて
武市知子
<武市知子さん プロフィール> 
IMG_6254.JPG
1972年生 札幌出身 ミュンヘン滞在歴25年

ジュエリー宝飾作家・ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター・画家・ミュージシャン

4歳よりピアノをはじめる。
小学生時代は、書道、茶道、ピアノ、スキー等のお稽古事をしながら、自然科学に没頭。

幼少時代よりクラシックのみ聴き育つが、14歳の時に偶然へヴィメタに出会い、激しいショックをうける。
ヘヴィメタ、アインシュタイン、ニーチェを心の友に、高校受験勉強中、突然「自分はこのまま日本にいたらだめになる」と覚醒、海外進出を計画。

親の反対をおしきり、北海道教育大学教育学部附属札幌中学校卒業後、15歳で渡独。単独でミュンヘンへ留学する。

現地の高校に通いながら、ミュンヘン市立リヒャルトシュトラウス音楽院ピアノ科教授、H・アルバート氏に師事。

在学中は、学校のビックバンドで、トランペット、ジャズバンドで、ヴォーカルを担当。
まったくドイツ語が出来ない悪戦苦闘の日々を乗り越え、高校卒業試験に無事合格。

卒業後、ミュンヘン美術大学教授、H・ セーガ氏のもとで絵画の勉強をしながら、数々のバンドに、ギター、キーボード、ヴォーカルとして参加。

最後のバンド、art of passion では、スコーピオンズ、asia の前座として、ルーマニアで2万5千人の観客の前でパフォーマンス。メジャーデビューの契約直前で、プロまちがいなし!と思いきや、デビュー前にバンドが解散。

フライエ・ヴェルクシュタト・ミュンヘン、造形デザイン科卒業後、通訳等の仕事をしながら、某航空会社への就職が決まりそうになるが、手に職をつけるために、ドイツ職業訓練システムにてgoldschmied(宝飾細工)を修業。
3年半の修業期間を経て、公認職人資格習得、金細工職人協会特別賞を受賞。

その後、ミュンヘン市立金細工師マイスター学校を首席で卒業、バイエルン州文化大臣より表彰される。

2005年、ドイツのマイスターの国家試験に合格、マイスターの称号を与えられ、バイエルン州初日本人宝飾細工師マイスターとなる。

同年秋、ミュンヘン市内に、美術、工芸、音楽を融合可能な空間をつくるべく、ジュエリー、絵、モダンアートのギャラリー&工房  terra auri をオープン、現在にいたる。

オフィシャルサイト
http://www.terraauri.com/