エジプトのハンサムウーマンより、力強いメッセージ!!

みなさん!

いつもいつも。

私は、胸がじーんときて熱くなる瞬間がたまらなく好きで、世界の素敵な皆さんと繋がっていることがやめられないでいます。

そしてまた。

人と人との繋がりや、大変なときこそ頑張れる踏ん張れる人間の強さを、改めて、強く、信じたくなりました。

こういったハンサムな女性たちの生声や存在そのものを、一人でも多くの人たちにお伝えすることは、

ブログや番組を持つ「発信者」の私の責務だと思えます。

今回のレポーターは、今揺れている国エジプト、首都カイロにお住まいで、旅行会社に御務めの石原由加利さん。

ゆかりさんとの出会いは、6、7年前くらいでしょうか。それこそラジオ番組制作会社時代にさかのぼりますし、東京でお会いしたこともあります。それから今に至るまで、ほーーんとに、色々なことがありましたね・・・エジプト、ね、ゆかりさん?!

<自己紹介>

1996年7月7日、七夕の日にカイロに到着。それ以来住み続けて早17年。先日18年目の記念日を迎えた。まさに光陰矢のごとし。なぜエジプトにこれほど長く住んだのか、、前世からの因縁としか思えない!!!ガイド歴11年。30代、40代前半はエジプト全土を飛び回って暮らしていたが、さすがに体力の限界を感じ、徐々にペースダウン。現在は旅行会社の日本人マーケットを仕切るdivision director。

2011年1月25日、エジプトにも「アラブの春」と呼ばれる嵐が吹き荒れ、革命が起こった。30年にわたるムバラク大統領の独裁に疲れた国民は、民主主義を旗印に立ち上がり、カイロ中心地のタハリール広場には若者を中心とした人々が集まり、2月11日、遂にムバラク体制は崩れさる。その時の歓声・歓呼の声は、タハリール広場からナイル川を挟んで3キロほど離れた私の自宅にも地響きのように聞こえてきた。花火が打ちあがり、人々はエジプト国旗を手がちぎれるほどにふっていた。

それから2年半。革命後の人々は弾けたように笑い、肩をたたきあった。が、半年、一年と遅遅として改善は見られない。「革命」という名に酔っていた若者たちは、腑抜けのようになってタハリール広場にたむろする。日常に戻りきれない人々は、徐々に生活におわれ、治安を乱す輩となり下がる。

選挙によって選ばれたモスリム同胞団を代表するモルシ大統領になって、さらに経済は悪化したかのように思われた。

十分なガソリンが供給されず、道はガソリンスタンドからあふれ出した車が列をなし、交通渋滞はさらに悪化。物の値段はうなぎ上りにあがり、町には今まであまり見られなかった物乞いの姿も見られるようになってきた。

そんな2013年、6月30日。

3757215087AEC213D.jpg

モルシ大統領に反対する大規模デモが行われる。

親モルシ派と反モルシ派にわかれ、国を二分する暴動に発展してしまった。

今日現在(2013年、7月15日)、国の要所要所では、それぞれ自分たちの主張がただしいと座り込みをしている。

軍はモルシ大統領を拘束し、暫定政権を制定。暫定大統領、暫定首相、暫定内閣等々。

明日はどこに行くのか、どころか今日はどうなるのかすら、あやふやなカイロ。

それでも、根が陽気なエジプト人は「なんとなるさ」と暮らしている。

私が一緒に仕事をしているエジプト人たちは、イスラム教ともキリスト教徒もみんな仲良し。

うれしければ笑うし、悲しければ手放しで泣くし、痛ければ痛いという。

エジプト人は飾らない。

それぞれが国が落ち着くことを祈り、自分たちの国が良くなることを祈っている。

ただそれだけ、とってもシンプル。

座り込みをしている広場の横では、日常生活がある。

どんな状況でも、人は生活している。

子供の手を引いたおじいちゃんが、広場を横切るときには、みんなが道をつくってくれる。

一刻でも早く、この国が落ち着くように。

エジプト人みんなが、今日のパンに困らない国に。

本当に本当に祈っています。

(日経ウーマンブログ読者の皆様へ)

とにかく、頑張りましょう。

一生懸命頑張りましょう。

明日、物事は良くなるかもしれない。

今は辛くても、絶対このままではないから。

とっても辛いことがあったときには、泣き叫んで、胸をガンガンたたいて、転げまわっていいから、

でも、進んで行きましょう。

「明日は今日よりいい日になる。だって、一日分賢くなるのだから」

って、エジプト人から教わりました。

ゆかりさんの会社のブログ

http://ameblo.jp/triways-3/

-1099422193020B5DB6.jpg -1476779038027790AB.jpg  -5957462485B3D4775.jpg

韓国よりスマホ中毒?!の話題〜 NHKちきゅうラジオ

みなさーん!
お元気ー??
三連休いかがお過ごしですか〜〜
そういう私がいちばん、元気なく過ごしていること、間違い無し。
絶賛夏風邪中です(トホホ
お仕事もブログも番組も休みはなし・・・
もはや気合いのみで、乗り切ります!!
ということで、今回も気になるNHK「ちきゅうラジオ」より気になる世界の話題を!!
前回とっても素敵なレポートをいただいた、戸根めぐみさんよりいただきました★
7月4日付、韓国の新聞「中央日報」から、
「韓国の青少年4万人がスマホ中毒」という記事をご紹介します。
 
記事では、韓国政府が5月から6月に、小学4年生、中学1年生、高校1年生の青少年およそ170万人を対象にスマートフォンの利用習慣に関する調査を実施したのですが、全体の14%に当たる24万人が「スマートフォン依存症」の危険があり、そのうちの4万人が、スマートフォンを使用できない時に、「深刻な不安と焦りを感じる」など禁断症状が現れて、「日常生活に深刻な影響を与える依存症である」ということでした。
 
そのため、政府はスマートフォン依存症の相談治療マニュアルを開発して、来年から普及させる計画です。また、全国の青少年相談福祉センターと治療協力病院を通じて、相談を受けられるようにしたり、合宿して治療を受けるプログラムも運営するということです。
 
一方では、政府の対策以上に各家庭での努力が大切であるという指摘もあり、「親が強制的にスマホの使用を制限するのではなく、子どもとの約束を通じて、使用時間を自律的に調節するように助けるのが望ましい」という意見もあります。
 
私も実際に中学生の娘がいますが、彼女もシャワーを浴びている時でもスマートフォンのメッセージ着信音が鳴ると、あわてて飛び出して来て、確認する姿を見かけます。また、学校の定期試験の期間には、私に携帯を預けて勉強する約束を何度もして
いますが、なかなか守られていない現状です。
 
娘の話では、送られてきたメッセージにすぐに返事をしないと、「無視をされた」などど、友だちが勘違いをしてしまい、友人関係が悪化することを恐れているようです。
 
これまで、国を挙げてITの発展に取り組んできた韓国ですが、ここにきて、様々なITの弊害が出てきています。
 
最近は、これまで使用していたスマホをあえて、2Gフィーチャーフォンに変え、勉強に集中するという学生も出てきたといいます。
 
2G携帯は、携帯各社が生産中止を発表していますが、「実は財閥系大手企業のオーナーたちは、昔ながらの携帯を使用していた」などとの報道が出たのを受け、改めて見直されました。
 
また、スマホを使った新たな詐欺なども見られ、スマートフォン使用の見直しが必要な時期に来ています。
 
デジタルが発達し、最新技術によって、すばらしい「機械」が出てきていますが、どんなに優れた「機械」でも、主役は「人間」になるべきだと思います。
 
そういった意味で、「人間らしく」スマートフォンを使うために、小中高生のスマートフォン利用への対策が急がれるべきだと思うのです。
 
(御写真提供:韓国経済新聞社)
SamsungGalaxyS4.jpg  student.jpg
戸根 潤(とね めぐみ)さん TONE MEGUMI
Megumi Tone02.JPG
新潟県出身
韓国ソウル市在住
 
大学卒業後、韓国ソウルにて日本語教師、留学コンサルティング、日系ニュース通信社勤務などを経て、2010年10月、日韓のビジネストリップのアレンジおよび現地コーディネート、日韓相互への企業進出アレンジなどを手掛ける会社「株式会社BTコンサルティング」を設立。

赤道直下!赤道(スペイン語)の国エクアドル!!

さあー 今日も暑かった!!!(マイッタ〜〜〜)
今日も行きますよ、海外レポート、from NHK ちきゅうラジオ。
 
レポーターは、(暑い!!)赤道直下の国、南米エクアドルより!!
 
エクアドルEcuador)とはスペイン語で「赤道」を意味しているの、ご存知ですか?
 
本土から西に1000メートルほど離れている、あの有名なガラパゴス諸島も、実はエクアドル領有なんです!
Galapagos.jpg
その名の通り、エクアドルは赤道直下に位置し(赤道記念碑も点在しているんだそう!)、20メートルくらい南にある首都キト在住のハンサムウーマン、市川 芽久美(いちかわ めぐみ)さんより、今回はレポートお届けいただきます♪
1_Megumi.jpg
ブログ: http://mmegumii.blogspot.com/

『旅行』に関係する仕事をやれるだけやってみようと思い、日本とヨーロッパの旅行会社、航空会社、旅行業界誌、旅行展示会と経験してきました。その中で、本当の旅のあり方を考えさせられる機会が多くありました。
「旅行業に従事している人はもっと誇りをもって楽しく仕事をして、日本人の旅のスタイルをもっと楽しく変えられる」。
そう強く思うようになり、なぜか今はエクアドル。しかも今まで約40カ国を旅してきたのに…初めての中南米。
日本で展示会の仕事をしていた時に、生き生きと仕事をする中南米関連のかたがたに出会い、その潜在的な魅力にひかれ、現在は、エクアドルに本社をおく、Surtrek(スールトレック)という中南米専門の旅行会社で日本市場を担当しています。
2_cuador_Quito.jpg  2_Ecuadro Quito.jpg
<今回のレポート>
NHKラジオでは、ちょうどアンデスの村々で開催される『インティライミ』というお祭りの時期(毎年6月の夏至の時期に開催)で、その関連記事を紹介させていただきました。
『インティライミ』は、インカの人々の最も重要な文化的なイベントで、収穫(太陽と大地)に感謝するお祭り。ラテンアメリカの国々で開催され、ここエクアドルでも、各地で開催されます。

※ 『インティライミ』を簡単にご紹介。
インカ帝国(1533年のスペイン侵略以前100年続いた)の時代から続いているお祭り。
ここエクアドルでスペイン語とともに公用語として認められる先住民(インディヘナ)の言葉、ケチュア語で『太陽の聖なるお祭り』を意味します。夏至から2週間にわたって行われ、太陽の神様(インティ・ヤラ)と、母なる大地(パチャ・ママ)に収穫を感謝し、翌年の収穫を願うお祭り。
基本的に終日踊りつくし、各地で衣装などが異なります。自然や動物をモチーフにした衣装や、カうボーイの衣装、現地の手織りものやカラフルな刺繡が施された衣装などを着て踊ります。
アンデスの主食であるともろこしを使ったスープ料理や、チチャ(ともろこしの発酵飲料)なども振舞われます。
村の人が”一体となって自然に感謝し、ともに生きる”という精神に根づき、このお祭りは地域ごと楽器をかなで、踊り、飲み、食べ祝います。
3_Intiraymi 2.jpg  3_Intiraymi.png
Otavalo.jpg
現在、エクアドルの人口の70パーセントが白人と原住民の混血メスティーソです。
過去には、スペイン人に戦略され、原住民のインディヘナが労働者として使われたり、今でも目に見えない差別はあるのだと思いますが、現在、メスティーソの人たちも、インディヘナの文化を貴重な観光資源として、また自身にも流れる祖先の文化を残したい、大切にしたいと思っているメスティーソの方々は多いです。そして、インディヘナの生活を尊重しながら、ともに暮らしています。
例えば、今私自身がお気に入りのアシエンダ【hacienda】
Hacienda.jpg  Hacienda1.jpg
Hacienda2.jpg  Hacienda3.jpg
原住民(インディヘナ)の多くが雇われていたかつてスペインが支配していた地域における伝統的な大農園。
今は、その大農園のお屋敷の多くが宿泊施設として運営されています。
数百年続く、歴史とかつての豊かな生活を感じながら滞在できる素敵な空間です。
その居心地の良さは、今も従業員として働く原住民のインディヘナの方々の清く身についた礼儀正しいサービスが、更に荘園ホテルの価値を高めています。彼らなしでは、荘園ホテルのサービスはなりたたないといっても過言ではありません。

私は、観光業に従事していて思うのですが・・・、観光客を誘致するために、自然や文化遺産を大切にしたり、その調和を大切にする。。。観光が多くの平和を運んでくれると実感しています。

<読者のOLさんへのメッセージ>
東京で暮らし、働いていた私が南米に来たのは30代後半になってから、虫嫌い、日焼け嫌い、自然の中へも自ら赴かなかった私ですが、今では、エクアドルをはじめ中南米の自然や文化に魅了されています。
インカの時代からスペインによる植民地時代が絶妙にからみあう現在の景色や生活。
ガラパゴスのユニークな動物たちや、ジャングル体験、アンデスの山々の美しさ・・・・。
旅や日常と異なる体験は、いつも生活にスパイスと気づきを与えてくれます。
是非、外に出て、旅をして、もっともっといろんなものを見て知ってほしいと思います。

Jungle[1].jpg  Jungle3.jpg
Jungle2.JPG  Jungle4.jpg
cotopaxi.jpg  Otavalo.jpg

夏の読書に!NYハンサムウーマン著「奇跡はつばさに乗って」

 

みなさん!
暑い!HOOOTT! 梅雨があっという間に明けて、うだるような暑さが続きますが、お元気ですか?
今日は、感動して胸が熱くなって、じーーんとしたお便り、NY在住のハンサムウーマンからいただきましたので、ウーマンブログのみなさんに共有させてくださいね。
源和子さんとは、私が制作会社時代、彼女がジャパンソサエティー勤務のときからとってもお世話になっております。
ハンサムウーマンの方々の本が出る度に、私は感動してしまうのです!
是非、チェックを!
それにしてもこういう熱さはいいんだが、うだるような暑さは勘弁してほしいい・・・
Emi

 

 
 

私がボランティアでかかわってきている、サダコ鶴を、世界各地に寄贈していくご遺族のプロジェクトについて、著書「奇跡はつばさに乗って」を講談社から出版する運びになりましたので、ここにお知らせします。サダコ鶴が、NYのテロ跡地、ハワイの真珠湾をつなぎ、原爆を投下命令をしたトルーマン大統領の孫と被爆者の交流、神風特攻隊員と米兵の友情など、驚くべき実話を満載しています。実は、この本では、絵美さんに依頼されたラジオのプロジェクトもご紹介させていただいているんですよ。随分前になりますが、FM局から「5年後の9.11について」で、電話インタビューを放送されたことがありますが、それについても本書で触れています。こちらが本書のご案内です。


kiseki_jacket.jpg

p1_リリース「奇跡はつばさに乗って」(講談社)-1.jpg