海外視察 通訳手配で知っておきたいポイント

海外視察に行く場合、現地での一番の問題はやはり言葉。
もちろんご自身で話せる方はいいですが、ちょっと考えてみてください。たとえば同行者が全く語学が出来なかった場合。そうすると、その人のコミュニケーションを手伝わなくてはならなくなり、自分が本来目的にしていたものだったり、肝心のものを見逃してしまった!なんてことになってしまったら、とてももったいないですよね。
H&Sは、海外視察では通訳を必ずつけることをオススメします。弊社のお客様から話を伺うと、せっかく通訳を手配しても事前に確認してなかったばかりに、残念ながらトラブルになってしまうケースもあるようですね。そこで今回は通訳を手配する時に知っておきたいポイントをご紹介します。

1. どんな通訳をお願いすればいいの?

まず海外視察において、どんな通訳をお願いするのか決めます。通訳といっても実は大きく分けて3つのスタイルがあります。通訳の手配費用を大きく左右するので、視察の際の通訳の目的(訪問先での会議、工場見学、展示会見学)、そして通訳が必要な方の人数を把握して、最適な通訳スタイルを検討・選択しましょう。
1-1 同時通訳:通訳者がブースに入って、発言者とほぼ同時に通訳していくスタイルです。専用のイアフォンをつけて通訳された内容を聞いて進めていきます。大人数の会議や長時間となることが見込まれる会議を開催するときに向いています。ただし通訳者の集中力が求められるために時間によって交代するため、複数人によってチームを組みます。半日で2人、全日の場合は3〜4人体制とするケースが多いようです。
1-2 逐次通訳:発言者が幾つかのセンテンスごとに区切って、通訳された内容を話していくことを繰り返していくスタイルです。相手の話を一言一句、正確に理解したい時に向いているので、たとえば表敬訪問や工場視察などに向いています。ただし相手の話を区切って通訳していくので、たとえば10分の話でも20分かかり、通常の2倍ほど時間がかかります。また通訳時間によって手配する人数も変わってきます。
1-3 ウィスパリング:通訳者が通訳が必要な方の後ろ(もしくは横)にいて、ほぼ同時に通訳していくスタイルです。通訳が必要な方が1人から2人といった少人数のときに向いています。同時通訳のようなブースも不要で、テンポよく会話を進めることができます。こちらも通訳が必要な時間によって手配する人数が異なってきます。

2. 通訳をお願いしたい時間の確認

「どんな通訳をお願いすればいいの?」でお伝えしましたが、もう一つ通訳手配の費用を左右するのが通訳の拘束時間です。拘束時間を、時間単位で計算するところや、半日もしくは全日で○時間以内と計算するところもあり会社によって異なります。費用を確認する際は、事前に決めていた規定の時間が長引いた場合の延長料金の計算方法も確認しておきましょう。海外で日本人通訳を手配するとなると、実はその都市に日本人がいなくて、距離によっては通訳者の居住先から「出張」として宿泊を伴い派遣される可能性もあります。その場合は往復の交通費と宿泊費が計上されます。休憩時間の有無によって通訳者の手配人数も変わるので、視察の行程を検討する際、通訳者の休憩時間の確保はどうするか?こちらも含めて、予め考えておくといいかもしれません。

3. 通訳手配はこんな流れ!

通訳を手配する会社は数多くありますが、手配から実施までの流れはおおよそ以下のとおりです。発注決定後はキャンセル費がかかるところもありますので、キャンセル費の発生有無、そのタイミングや料率について確認しておきましょう。
・海外視察目的、希望内容を伝える
・見積書の確認、発注決定
・事前打合せ(会社によっては費用がかかる場合もあります)
・海外視察での通訳実施
・実施内容の確認、請求・支払い

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?海外視察を充実させるには、現地でのコミュニケーションがとても大切です。現地で、相手からいい話を聞き出せるかどうか?いい関係を築けたかどうか?海外視察でより良い結果を残せるかどうかは、通訳手配にかかっているといっても過言ではありません。
海外在住日本人ネットワーク(現在世界141か国、348都市、約450名)を保有するH&S。もちろん私たちも通訳手配をしています。幅広い業界に精通したベテラン揃い。単なる通訳だけではないホスピタリティが求められるケースでも、どんな通訳もお任せください。海外視察をどんな風に成功したいのか、ぜひお聞かせください!お問い合わせ(無料)は、こちらまでご連絡くださいね。

*************************************

株式会社H&S WORLDWIDE http://www.handsww.com/

e-mail:  info@hsww.jp

tel:  03-6425-7166

*************************************