今週のTFMコスモレポーターは、ブータン在住のハンサムウーマン松尾茜さん!

13350285_1050697115010084_1474462899989954112_o

今週のTFMコスモレポーターは、ブータン在住のハンサムウーマン松尾茜さん!放送の中で一つ、茜さんが紹介しきれなかったもう一つの「未来へのタカラモノ」をここで特別に教えちゃいます!https://www.facebook.com/earth.act

最近話題になった、ブータンの元首相、ツェリン・トブゲイさんの「カーボン・ネガティブ」発言です。TEDでそのプレゼンテーションが話題になりました。ブータンは、ヒマラヤの天然の川の高低差を利用した小規模な水力発電を国内の数か所で実施しており、自国の電力は100%その水力発電で賄われ、電力不足に悩む隣国のインドに輸出もしています。また、山がちなブータンには平地がほとんどないこともあり、大きな工業地帯などは存在しません。その結果、最新の統計によると、ブータンが年間に排出するCO2は150万トンであるのに対し、森林によって生み出されるCO2は600万トンという結果が出ており、首相は、これからもずっと、ブータンは「カーボン・ネガティブ」な国でありつづけるとの決意を国際社会に向けても表明したのです。そのひとつの方策として、ふんだんな電力を活用し、電気自動車の積極的な利用を始めています。もちろん、電気自動車のコストは大きいですが、日産などの協力もあり、パトカーやタクシー、政府の車両などから、少しずつ、ハイブリットカーや電気自動車の導入を開始しています。
伝統的な価値観や文化を守りながらも、最新技術を取り入れることにも果敢にチャレンジする国、ブータン。これからも目が離せません。

首相のTEDプレゼンは、こちらからご覧いただけます!
http://www.ted.com/…/tshering_tobgay_this_country_isn_t_jus…

<松尾 茜さんプロフィール>

日本の大手旅行会社に5年間勤務した後、2012年よりブータン王国の首都ティンプー在住。ブータンの持続可能な観光開発事業に携わっている。地域固有の自然や文化、昔ながらの人々の生活を守りながら、ゆるやかに交流人口を増やし、地域経済を、訪れた人の心身を、着実に豊かにしていくような観光を、世界各地で促進していくことがライフワーク。

13308337_1050697121676750_4403375516312697383_o

13320462_1050697148343414_8212468062914739455_o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です