Happiness lies within you, in your own hands…?! 

H&S WORLDWIDEの海外リサーチ&コーディネーター、世界で活躍する日本人女性ハンサムウーマンの応援隊長、萩野絵美です。

先日、世界的に有名な「カリスマ・ゴッドハンド」の方にお逢いして来ました。

ローズマリー ・カスターノ Rose-Marie Castano さん。

アロマセラピーの発祥、フランスご出身で、フランスの大女優や、ヨーロッパのロイヤルファミリーを含め、12万人もの女性を癒してきた、超・人気エスティティシャン。

およそ40年にも渡って関わっていらっしゃる、フランスの化粧品会社「クラランス」の哲学や、

心身ともに美しくなることの意味を伝えるため、世界100カ国以上の国を飛び回っていらっしゃいます。

そんなローズマリーさんの本が、6月17日に発売されました。

「おうちでできる 神の手テステ ~幸せ肌が手に入る美の魔法」

神の手の動きが分かる DVD付き!

book1.jpg

決してお名前負けしていない、圧倒的な癒しのオーラに、

温かくてフレンドリーなお人柄、明るく陽気な声にのって流れてくる、ユーモアたっぷりのトーク。

ステージを行ったり来たりして、時折観客席のこちらまで降りてきて、デモンストレーション用に男性を見つけ出し、ステージ上まで連れて行く、といったパフォーマンスも飛び出し、会場はどっと沸きました。

demonstration.JPG

demonstration.JPG

そしてある時・・・。

前のほうで観覧していた私ですが、ビビビーと体全体に電気が走った!

はっと気づいて見ると、ローズマリーさんが私の目の前にかがみこんで、私の脚を触っていたでは、ありませんか~!!

記者会見後、ゴッドハンドの持ち主の、カリスマ・エスティティシャンさんは、

その温かく大きな手で私を優しく包み込むように、写真撮影に応じて下さいました。

DSCF0207.JPG

さてさて。

この本は、エスティックだけではなくメディカル、医療の心得があったクラランスの創始者ジャック・クルタン‐クラランス氏の、美のフィロソフィーと、世界中の多くの女性と接してきたローズマリーさんの、美のノウハウが凝縮されたもの。

フェイスケア・ボディケア・美の哲学という3部構成(DVD付きで)、私のようなエステ・超初心者にも分かり易い!

私がここで一番触れたいのは、美の哲学 Belle Toute La Vie

ファッション誌の特集率ナンバーワン。街の女性のスナップ写真では、いつも常連のパリ。

でもパリジェンヌやパリマダムは、実はそれほどまでにおしゃれじゃない、実は日本人女性のほうがおしゃれ、というのは、私の持論なのですが、

20年前から日本にいらっしゃっているローズマリーさんもご指摘のように、

日本人女性は、自分に余り自信が無い、自分のプレゼンテーションが苦手なのかもしれません・・・

フランス人の女性から学べるところ、それはファッションやおしゃれよりも、寧ろ、生き方?

年齢やライフステージの概念に一切とらわれず、

徹底して、独自の美しさ、個性・自分らしさを追求すること。

ありのままの自分を認め、磨きをかけて、フルに人生を楽しむところ。

フランス人男性も、女性は歳を重ねるほど美しさが増す、と考えているようです。

女性の人生は40歳から新たに始まる」 とローズマリーさん。

恋愛は、「7歳から77歳まで」 現役主義、ですって!

日々、満足して、前向きに わくわくして生きる。難しいけれど、辛い時も。

「落ち込みは神様が用意したスパイス」って、なんとも素敵な表現ですよね。

この本の中で、幸せ肌へのパスポートとなっているのは、「」。

以前、手の一部である爪について:

鏡無しで見る事が出来る、唯一の自分の姿、といったようなことを聞いて、とても頷けたのですが、、、

手は、様々な「気」が入り、出て行く大事な部分でも、あります。

ローズマリーさん曰く、手は「最高の美容器具」。

ポイントは、手首の力を抜いて、優しいタッチで行うこと

人間同士、触れ合うことが最上級の愛、コミュニケーションの手段と説き、

自分自身に触れることは、自分を愛することに繋がる、と仰います。

ええ?!

カリスマエステティシャン自ら、

年に数回行くエステティックサロンよりも、毎日のお手入れのほうが大事、と公言!

効果的な製品を、自宅で1日2回(730回)正しく使用することのほうが、

年に数回エステティックサロンでトリートメントを受けるよりも効果的、だと。

・・・自分に優しく。

私は、酷く落ち込んでいる時、オーストラリア人の友達に言われた励ましの言葉を思い出しました。

Make peace with yourself, be friends with yourself…

人から愛され、エネルギーを貰うことも必要ですが、

でも自分へエネルギーを注ぎこむ、日々そうやって自分を愛する時間を積み重ねることは、

もっと重要なのかもしれません。

そういった意味で、自分に触れるというのは、自分への愛を伝える、一番の自分孝行の行為・・・

しあわせは 自分のこころが決める (相田みつお・日めくりカレンダーより!)

よくよく考えてみたら、絶対的な神の手など、存在しないのかもしれません。

そう、美しさや幸せは、貴方の中、手の中にあるのですから・・・!?

rosemarie_castano.jpg

★ローズマリー カスターノ(Rose-Marie Castano)

1954年のマッサージセンター開設を経て、1968年に初めて店頭でクラランス製品が販売されるにあたり、クラランス創設者のジャック クルタン クラランスから直接指導を受ける。100%植物性のオイルを使用したマッサージ法や、企業理念に共感し、エステティシャンとして入社。カトリーヌ ドヌーヴなどの大女優を始め、皇室ファミリーのトリートメントも行う。

1983年、国際部トレーニング ディレクターに就任。アメリカ、ヨーロッパ、日本はもちろん、南アフリカ、アジア諸国など100カ国以上の国を訪れ、心身ともに美しくなる秘訣を教えている。

彼女のゴッドハンドと癒しのテクニックは、日本でも話題となり、2003年3月には「世界ウルルン滞在記」に登場。女優野波真帆さんのトレーナーとして出演し、その大らかで温かい人柄と癒しのオーラで、一躍人気者となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です