ユタ州より、ラジオ番組のライブレポートをさせて頂きました!

皆さん、こんにちは!

Hello everybody, this is Emi Hagino reporting live from Utah, the United States!

 

・・・と、JFNのラジオ番組flowers フラワーズさんの海外コーナー「World Flowers Network」にて、ユタ州よりレポートさせていただきましたよ!

早速、ウーマンブログの読者の皆さまにも御報告&共有させて下さい。

(上記サイトにて、音声レポートもお聞きになれますので、宜しければお聞きになってみてください。)

 

DSCF0684.JPG皆さんは、ユタ州というとどのようなイメージを連想されるか分かりませんが、実はユタ州に、行ったことがあるんです!

 

というのも、現在まで800以上の映画やテレビなどの撮影に使われてきたのです。

例えば:

 

2001年宇宙の旅 1968

オースティンパワーズ ゴールドメンバー 2002

バックトゥザフューチャー3 1990

明日に向かって撃て!1969

シティスリッカーズ2/黄金伝説を追え 1994

コンエアー 1997

イージーライダー 1969

出逢い 1979

フットルース 1984

フォレストガンプ 1994

ハイスクールミュージカル 123 200620072008

伝説のライヴ 1996

インディペンデンスデー 1996

インディジョーンズ最後の聖戦 1989

ナショナルトレジャー 2004

アウトロー 1976

パイレーツオブカリビアン/ ワールドエンド 2007

猿の惑星 1968

ロマンシングストーン 秘宝の谷 1984

サンドロット 僕らがいた夏 1993

捜索者 1956

幌馬車 1939

テルマ&ルイーズ 1991

 

と挙げだしたらきりがないほど。

 

中でも、モニュメントバレーは、ユタ州で最初の西部劇を始め、アメリカの原風景を映し出した作品が多く撮られているのです。

 

フォレストガンプの中で、理由もなく走り続けていた主人公フォレストが、走るのを止めた所は、ココなんです!

・・・ということで、私も真似をして走ってみました(笑)。

さすがのフォレストも、余りの景色の美しさに目を奪われてしまったのでしょうか?!

 


DSCF0678.JPG
DSCF0679.JPG

その後、アメリカの先住民の居留地(reservation)のエリア、標高約1695メートルの高地にある、ナバホ・トライバル・パークへ移動。

 

 


ナバホトライバルパーク4.JPG
ナバホトライバルパーク7.JPG

まず覚えておくべきことは、インディアンではなく、ネイティブアメリカンと言います。

 

それから、モニュメントバレー(英語の正式名称:Monument Valley Tribal Park)は、国立公園ではなく、ネイティブアメリカンのナバホ族の居留地(reservationだということ。

 

このトライバルパークの広さは約3万エーカー。
ネイティブアメリカンの居留地としては全米最大、またナバホ族は人口約30万人、最も人口が多い部族(tribe)だそうです。

 

この居留地はナバホ族にとって神聖な場所・・・ 「ナバホネーション」そう、彼ら独自の法律を持った一つの国(independent nation)として、認められています。

英語も通じますが、日常会話はナバホ語が使われていて、学校もあります。

現在もナバホ族の人々は電気や水のない生活を営んでいます。

 

私たちは、ナバホインディアンが案内してくれるジープツアーに参加しました。

ジープから眺める景色は、もう映画の中さながら!

大昔にタイムトリップしたような、今までに味わったことのない異空間体験の連続、なのです。

静寂の中に、辺り一面、赤い岩、巨大なビュート(残丘)が整然と立ち並んでいて、青い空とのコントラストが美しくて、迫力や景色の雄大さに目を奪われます。

 

ナバホトライバルパーク5.JPG
ナバホトライバルパーク2.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0701.JPG

 

ナバホトライバルパーク.JPG
DSCF0789.JPGそして何より、人の温もりが感じられました。

ネイティブアメリカンの人々の廃墟や壁画、そして工芸品の数々は、先住民の方々の歴史がそこに刻まれ、生き続けている証。(今から約1500年以上も前、この地にやってきたのはアナザシと呼ばれる古代の人々だそうです)。

ナバホ族のお店やさん.JPG

ナバホ族のお店やさん (2).JPG
DSCF0727.JPG

DSCF0723.JPGネイティブアメリカンは御写真を撮られると魂を吸い取られるので、嫌がるといった言い伝えを聞いたことがありますが、ホースマン(カウボーイ)や、お土産を売る方々も、御写真を撮ることを快く承諾してくれました。

DSCF0761.JPG

ホースマン2.JPG
DSCF0774.JPG
ホースマン3.JPG
ナバホトライバルパーク6.JPG
ナバホ族のベネットさんと.JPG


こちらのベネットさん
(Bennett)さんもその一人。

ツアーのガイドさんにはナバホ語の歌も御披露いただきましたよ!
なんと、あっち こっちといった言葉が、ナバホの方々と似ているということや、ネイティブアメリカの祖先はアジアで、ひょっとしたら、日本、先住民のアイヌの方々とのルーツと近しいようなことも仰っていたのです!
こんなにも沢山のハリウッド映画が撮られているのですから、どうでしょう、日本映画のロケもすべきでは!ネイティブアメリカンと日本人のコラボレーション作品を、創ってみない?と大それた提案をしてしまいました。


では、締めくくりに、映画フォレストガンプ 一期一会より、この一言を:

Life is like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.


フォレストガンプ1.JPG


フォレストガンプ3.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です