天使が舞い降りるところ・・・

ウーマンオンライン読者のみなさん!

10月もいよいよ終わりに近づいてきて、日もだんだんと短くなって参りましたが、

いかがお過ごしですか?お風邪などひいていらっしゃいませんか。

日本に帰国して、毎日多忙な日々を過ごしていますが、
ユタ州でのゆったりとした時間を忘れることは片時もありません。
移動移動の合間に空を見上げては、
ユタのぬけるような青空、赤い岩肌の峡谷、頑張って背伸びしたら手が届きそうな雲、
爽涼とした高原の空気、煌めく満天の星たち、茜色の夕焼け・・・
などなど
恋しく想い、物思いにふけっています。(秋のせいかしら?)
生まれも育ちも東京で、キャンプさえしたこともない私が、いやはや!!
人生観が変わる覚悟で臨んだユタでの研修旅行でしたが、
意外にも私、アウトドア、結構いけちゃうのかも!
と思った衝撃の瞬間は、6日目にやってまいりました。
【ザイオン国立公園 Zion National Park】

ザイオンとは、「神の住む町」という意味で、聖書に出てくる言葉。

ユタ州にはZionとつく銀行や団体も幾つかあって、ユタ独特のネーミングといっていいと思います。

こちらの国立公園、年間の訪問者数がユタ州でナンバーワンという事実も、全く驚きません。

ザイオン国立公園.JPG
ザイオン国立公園2.JPG

国立公園内を流れる川.JPG

DSCF0987.JPG
ハイキングには最高のお天気.JPG
公園内を流れる川2.JPG下から見上げるキャニオンのザイオンは、
1117メートル(最低標高)〜2660メートル(最高標高)ということで、
1000メートルを超す岩山がほぼ垂直に連なる景色は、
自分に覆い被さってくるような錯覚に陥る程、威圧感と迫力たっぷり。
ザイオンキャニオンに沿ってバージン川が流れ、秋は紅葉・黄葉が美しい・・・(9月下旬から10月いっぱい)

ザイオンナショナルパークの一番の魅力、それは、往復30分の短いものから1日かかる長いものまで、個人&ニーズにあったハイキングトレイルが豊富にあるということ。

ここはまさにハイカーの天国なのです!

それでは・・・!
私たちは、下記メニューから、一つを選択することに。

*エンジェルズランディングへのハイキング
*エメラルドプールへのハイキング
*ビジターセンターからシャトルバスに乗りで園内を見学(岩肌を滝が流れるウィーピングロック、またシャトルバスの終点であるバージン川沿いを歩くリバーサイドウォークでのハイキングなど)
ハイキング、乗馬、カヌーなどのオプション体験

バスでの移動中、迷う事およそ1時間。

体育会系&負けず嫌いの私、ザイオンきっての名物ハイキングコース、
切り立った岩場をチェーン伝いに登る、
「エンジェルズランディング」にチャレンジ〜!と相成りました。


エンジェルズランディングトレイル.JPG
エンジェルズランディングトレイル2.JPG
305392_277201332311214_273099539388060_948050_317910644_n.jpgエンジェルズランディングトレイル後半戦.JPG

天使が舞い降りる所という美しい名前がついたこのコース、グロットの停留所から、往復8.6キロメートル 標高差453メートル 5時間半というもの。



天使にお目にかかる為に待ち受けているのは、最後の800メートルにかけて、チェーンを伝っていく道幅が狭く急勾配の難所。

ハイ、高所恐怖症の人には不向き、中級レベルのトレイルなのです・・・

トレイルを登り進むにつれて、圧倒されるようなボリュームの巨岩群が目に飛び込んで来て、ザイオンに入っていくという言う実感が、否が応でもも高まって来ます。

311381_277201248977889_273099539388060_948049_2106484094_n.jpg
ザイオン国立公園の看板.JPG
途中休憩.JPGDSCF6028.JPG
今まで見てきたナショナルパーク同様、気が遠くなるような昔(2億4千万年前)から長い年月をかけて、気候の変化により陸地が隆起したり陥没を繰り返したりして出来た、この地。

地殻活動は今も続いているんですって・・・

DSCF6013.JPG

エンジェルズランディングトレイルの様子.JPG景色を楽しみながらのトレイル2.JPG景色を楽しみながらのトレイル3.JPG

とにもかくにも景色の雄大さに夢見心地で歩かされるうちに、決断の時がやってきました。 
最後の800メートル・・・
ガイドさんが指差す先に見えたのは、断崖絶壁に沢山の人がよじ上っている光景。これ、ロッククライミングじゃないの?

305190_277201712311176_273099539388060_948056_1404386415_n.jpg
エンジェルズランディング難所はこから.JPG
シンジラレナイーー!
で、どうする?
うう、ここで引き下がったら相当悔しいし、

何よりも、素敵なガイドさんや、愉快で親切な仲間とお別れするのも心惜しい、後ろ髪引かれるだろうな・・・なんてまぁ、不純な動機が過りまして、スケッチャーズの厚底スニーカーで参戦することに。

エンジェルズランディング後半戦はチェーンを伝って.JPG

出発直後、この難所で命を落とした人たちの話を聞くとは、まさに思っても見なかった、アメリカンジョークじゃなくて・・・汗


気を取り直して!楽しくお喋りを続けながら、時には手に手をとって仲間に助けて貰いながら、頂上に到達〜☆

You should never hike alone!
そう、一人でハイキングは御法度!


頂上付近の絶景.JPG
アウトドア初心者の私、チェーンにしっかり掴まり、蜘蛛女の様に這いつくばって登りましたので、
カメラのシャッターを切る余裕も、絵葉書に出てくるような美しい景色に酔いしれる余裕さえ、当然ありませんでした。





それだけに山頂を制覇すると、充実した達成感に満たされて気分がイイ!頂上につくや否や、座り込んで、チョコチップマフィンとアップルをほおばり(むさぼり)ました!


頂上から覗くと.JPG
頂上から覗くと2.JPG
エンジェルズランディング頂上にて2.JPGエンジェルズランディング頂上にて.JPG

それ以来というもの。
私はアウトドアの天使の魔法にかかってしまいました。
もはや、その魔法からさめられません、いやさめたくない!
300950_281161141915233_273099539388060_962659_1503587798_n.jpg321639_281161078581906_273099539388060_962658_740765299_n.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です