イタリア流 週末の、心と身体のお洗濯!

皆さん、お元気ですか?いよいよ寒くなってまいりましたね・・・
さぁ、今月からのイタリア強化月間(勝手に命名)!ということで、どんどんいきますよ〜
スローフード発祥・世界的な美食の国イタリア、その首都ローマで、ソムリエとワインショップの責任者をされているcasa2.jpg

gazebo.jpgterme1.jpgterme7.jpgチェッレータでの生活は少しでも長いのをお勧めしたい。そこに居る間は、TVもラジオも無いから、風や水の音、動物の声がそのまま心地好い音楽になって耳に入ってくる。動物や植物、そのままの自然と触れ合い、その空気に溶け込んで居眠りしてしまう。温泉で水が身体に浸透するのをゆっくり感じる。乳搾りを手伝ったり、森に栗やきのこを拾いに行ったり、鞍のない馬に乗って優しく撫でてあげたり、近くの森や町へ散策に行ったり、いいにおいがプンプンするキッチンに居座ったり、とにかく自分の思いのままに一日を過ごす。アグリツリーズモのお客様は、チェッレータを経営するダニエレとヴィルマ夫妻とみんなで夕食をとる。素材がふんだんに生かされた料理は、これ以上美味しくなりえないほどの最高の味。それに暖炉を囲んだみんなとの団欒が、心を和ませる。

IMG_7641.jpg
mattina.jpg

心と身体の洗い変えとはまさしくこのことだと思う。大切だと思い込んでいたことが実は些細な事だったり、自然にありすぎていたことが本当はすごく貴重なことだったり。なかなかうまく伝えられないけど、この「洗濯」、是非体験してみて欲しいのです。
Azienda Agricola Biodinamica “La Cerreta”
www2.lacerreta.it

vigna.jpg
uan_uan3.jpg
IMG_0906.jpg
IMG_0932.jpgpane.jpgvitellino.jpg******

カッペッリ 佳奈 さん  イタリアソムリエ協会公認プロソムリエ , ワインショップ責任者

Kana e vino.jpg
日本で7年半に渡り大手損害保険会社で事故担当として勤務。カスタマーサービス向上のためのグループリーダーも勤め、社内論文でも同内容で受賞など、仕事の内容、そして同僚、顧客との連携、いずれをとっても満足のいくOL生活でした。6年目を過ぎた頃からここまで満足できたなら、全く違うことにチャレンジしてã
¿ã‚‹ã¯ã©ã†ã‹ã¨ã€å¤§å¥½ãã ã£ãŸã‚¤ã‚¿ãƒªã‚¢ãƒ¯ã‚¤ãƒ³ã‚’求めて渡伊を決意。
1998年にトスカーナはシエナに留学を始め、翌年からローマで本格的にソムリエの勉強をし、2000年イタリアソムリエ協会公認ソムリエ試験に合格(その後プロソムリエに昇格)。99年から日本のワイン輸入業者ローマ事務所で3年半勤務し、未取引ワイナリーのワインセレクト、輸出を行う。その後イタリア創作料理の生みの父、グアルティエロ・マルケージ氏と出会い彼のレストラン(当時ミシュラン2つ星)で働き始め、その後ローマの2つ星レストラン「イル・パリアッチョ」でプリモ・ソムリエとして勤務。その後はドイツに本店を持つワインショップのローマ店舗の責任者として、商品セレクト、ワインコース講師担当、テイスティング企画など全般業務を行い、現在に至る。2009年ローマ人のアレッサンドロと結婚、ジュリオが誕生。
イタリアに来て良かった思うことは、自分の考えや感情を表現することが大切なイタリアで、日本をまた自分をよく知ることが出来たこと。忘れかけていた、ちょっとした一息の大切さを改めて実感できたこと。そんな意味で、将来は自分が癒されていることを感じられる、それを伝えられる仕事が出来たらと思っている。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です