中東オマーンより・・・新年のご挨拶!

日経ウーマンブログ読者のみなさま!!2012年、お仕事第一週目は如何でしたか?
3連休(マタマタお休み!)は楽しく過ごされていますか。
海外コーディネーターの萩野絵美です。
今年も益々、海外で活躍中の日本人女性=ハンサムウーマンを紹介してゆきますので、どうか宜しくお願い致します。
さて。
新年早々、オマーンの教育家で、私もとても尊敬する女性実業家、スワーダ・アル・ムダファーラさんより、愛情溢れる、素敵なメッセージをいただきましたので、皆さんにシェアさせてください。

★スワーダ・アル・ムダファーラ さん

との出会いは、今私が担当しているラジオ番組のインタビューに遡ります。

http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/2011/07/post_328.html


1990年アザン・ビン・ケイスプライベートスクール創立、2010年3月まで21年間校長を勤められ、その後引退、現在はLife Coachとしてご活躍中です。


Blog :http://ameblo.jp/suad/
著書:
『校長先生、大好き!』~アラビアのオマーン王国に学校を創った日本人女性の物語~
『砂漠に創った世界一の学校』

>>>>

新年明けましておめでとうございます。
 
ご無沙汰いたしておりますがスワーダは元気で2012年を迎えました。
2011年は世界至る所に激動の波が寄せられました。

世界変化を垣間見るような激動の時期に生きると言うことの難しさと厳しさを、中東という世界地図の中心にいるスワーダは見て、聞いて、貴重な経験をしています。。。。

人生とはまさに毎日が学ぶ校庭で、尽きることの無い学びと、そして回答の与えられない勉強なのです。。。。

しかし尊い学びの中には苦しく心痛めることも数多くありますが、痛めた心の傷は、思いやりと言う人間が持つべき一番尊い財産になっていることに気が付かされました。
若き頃はマテリアル(物質主義)を手に入れ、住みやすく生活ができることを念頭に入れ、将来を考え一生懸命に仕事をしていたようにも思います。勿論生活基準になる最低限の条件は叶えるべき必要性がありますが、しかし、それが本当の姿のかどうか最近深く考えるようになりました。。。。

その結論はまだ分かりませんが、2012年に向けてこんなことを考えました。。。
 
愛されることには充実感が無いこと!!!
 
愛することにこそ充実感があると!!!
 
それは第三者の心うちを知ることは不可能だから!!!
 
でも自分のことは自分が一番良くわかるから!!!
 
愛とは与えることが出来、その与えることの大切さが理解できた時。。。
 
自分自身を心から愛することが出来、それが充実感に繋がると。。。。
 
その充実感とは与えることの出来る自信と満足感。。。
そして新たに学び得て、自分が更に成長していると気が付いたとき。。。
 
愛されることを期待せず。。。
愛を与えることに喜びを見つければ。。。
それは無限なものと化していく。。。
それが自分を強く支えてくれることを。。。
 
スワーダは知りました。。。
 
健康で元気であることに感謝しながらこの2012年満足感のある年に。。。
一人ひとりの幸せ感が、世界の人々を平和に導く術なのでは。。。と
世界平和を心から祈る2012年。。。。。(2012年1月7日)
 
ご家族様皆さまのご健康と益々のご活躍お祈りいたしております。。。。
 
スワーダ・アルムダファーラ
 

Ms. Suad Mohammed Al-Mudhaffar
Life Coach & Lecture

20091126_0069.jpegnew school.jpeg
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です