カナダ・トロントより、映画祭&震災チャリティーレポート!

これから秋本番、皆さんのイチバンのお楽しみは何?

私は、グルメ以外なら、、、映画!
例のごとく、ラジオでもお届けしているのが、海外の映画祭。
今月末にも東京国際映画祭が開幕されますが、これからは映画鑑賞にぴったりの季節〜
3大映画祭の1つで、世界最古のヴェネチアを経て、
北米最大で、アカデミー賞の前哨戦として名高い映画祭といえば・・・
トロント!
そう、今回もカナダをフィーチャーします。
レポーターは、ファッションデザイナーで実業家のハンサムウーマン、瀬戸山久子さん。。。
トロント国際映画祭は、今年で第37回目で(9月6日開幕〜16日閉幕)、上映作品の9割がワールドブレミアまたは北米初上映、オーディエンスが受賞作を決める映画祭だというのをご存知でしたか?
その結果ですが、園子温度の【希望の国】がNETPACアジア最優秀映画賞を受賞致しましたね!

 「希望の国」は東日本大震災から数年後、新たな大震災を引き金に起きた原子力発電所事故に翻弄(ほんろう)される家族の物語。国民に深い傷を与えた出来事を、芸術性を失わずに描いたことなどが高く評価された・・・

ということですが、早速、瀬戸山さんに、映画祭の魅力や、震災関連でのご自身のチャリティー活動について、お話していただきましょう!
2001_show_600.jpg
2003_show-chako17_600.jpg
***

***

「テルマエ・ロマエ」の阿部寛さんや上戸彩さんを含む世界中のセレブたちが一堂に介し、10日間にわたって熱く盛り上がったトロント国際映画祭も終わり、トロントは本格的な秋に突入しました。

このトロント映画祭が始まって間もない9月8日、私の自宅では東日本大震災復興支援のチャリティーディナーが開催されました。これは、当地のロータリークラブとトロント新企会(戦後カナダに移住をして起業した人達のグループ)の協賛によって、昨年に引き続き実現したものです。

トロントでは、東日本大震災復興支援の大小さまざまなイベントが今でも盛んに行われています。私も、できる限りさまざまな形で支援していけたらと考えている一人です。

今回もカナダ人、日系人、外交官の方々約150名が集まってくださり、約1万3000ドルの募金が集まりました。この一部は、昨年に引き続き、東日本大震災で親を亡くされた宮城教育大学の学生の方への奨学金になる予定です。今年12月には、再び宮城教育大学を訪れるので、再会が今から楽しみです。

それから、現在、被災した子供たちをカナダに招待し、キャンプやホームステイを体験してもらう企画を進行中で、これにも今回の収益の一部を当てたいと考えています。

来年の夏がやってくる前に、これからサンクスギビング、ハロウィーン、サンタクロース・パレードと年末に向かって大きなイベントが続きます。トロントは寒くなっても、とても元気な街。カナダというと、新緑や紅葉、ダイナミックな大自然といったイメージがあると思いますが、以前にカナダに来たことがある方は是非冬にも訪れて、ハートウォーミングなトロントのイベントを楽しんでほしいと思います。

 

2006_noh019_600.jpg

2011_charitydinner1_IMG_8082_600.jpg

〜瀬戸山久子(せとやま ひさこ、通称チャコ)さん プロフィール〜

大阪万博でコンパニオンをつとめた翌年の1971年、カナダへ。1985年にビジネスパートナーで現在の夫、松本ジェームス真一郎氏と毛皮専門店と旅行サービス会社を設立、副社長に就任。デザイナーとしても才能を発揮し、トロント・ファッション・ウィークでは日本の着物とレザーを融合させたデザインなどで注目を浴びた。2012年夏、一線から退き、社長の松本氏ともども引退。現在は、国際ロータリークラブ、トロント新企会などを通したチャリティ活動に尽力している。

2011_charitydinner2_IMG_8097_600.jpgP1010094.jpg

日本のOLさんへのメッセージ

21歳のときに、このままでは自分が何をしたいのか、何ができるのかさえ試すことすらないまま、親やまわりの環境に流されて、後悔の人生を送ってしまう。…という恐怖心から逃れるようにカナダにやってきたチャコです。

あれから41年も経ってしまいました。22歳で長女誕生、超貧乏生活も体験しました。離婚もしました。スキルも英語力もなかったけれど起業しました。28年間で230億ドルくらい売り上げる会社も作りました。会社は従業員100名を超えました。そして、今年、リタイアしました。

嫌味な上司に悩んでいるOLのあなた、恋人に裏切られたあなた、親の看病で落ち込んでいるあなた。そうです、その今のあなたこそ一番のチャンスをつかんでいることに気づいてください。その状況こそがあなたの成長とあなたの未来を約束してくれています。逆境こそが体と心のミラクル・バイタミンなのですから。あなたの感情は、怒りや嫌悪感や落胆で立ち上がれませんが、行動は変えられるのです。嫌味な上司には、とびっきりな笑顔でアイサツを!恋人に裏切られたあなた…何か自分へのご褒美で楽しく時間を過ごしてみて!親の看病で落ち込むあなた…お父さん or お母さん、ありがとう!と言ってみて!!

感情は変われないけど→行動は意志で変えられる→行動すると心が変わる→心が変わると感情が癒される。

“Sink or swim” こちらではよく言われるフレーズです。

沈むか、泳ぐか。

Have a happy day!

Chako 

<関連サイト>

ショーフレックス・インターナショナル http://www.showflex.com/

ジェームス・モト・エンタープライズ http://jamesmoto.com/

P1010833.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です