ホビット!ワールドプレミア

Hello everyone!! 本格的に冬到来、といった感じですが、ウーマンブログ読者のみなさん、お元気に過ごされていますか? 萩野絵美です。
私は仕事柄、映画の試写会や来日記者会見といったものにも足を運ぶ事が多いのですが、最近、行ってきましたよ〜、「ホビット 思いがけない冒険 (The Hobbit : An unexpected Journey)」!
IMG_2948.JPG
いつも監督や俳優の方々の話し方や記者からの質問の答え方など見所が満載なのですが、今回のホビット会見は、ピーター監督&主役のマーティンフリーマン含めメインキャスト陣総勢5名が集う非常に気合いの入ったものでしたね。一人一人の個性や人柄も感じられて興味深かったのですが、クルー全員の一体感や、新作に対するパッション、原作者トールキンやニュージーランドへの愛情もひしひしと伝わってきて、非常に印象深かったです。もちろんラジオ番組では、28日にニュージーランド首都ウエリントンで行われたワールドプレミアの前の様子について、現地在住21年、以前にロードオブザリングのロケ地ツアーもされていた、ハンサムウーマン磯貝輝未さんにお話いただきました!
http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/
***
マオリ語でKiora (キオラ)。礒貝てるみです。
待ちにまっていたホビット1作目、An unexpected journey (日本題:思いがけない冒険) のワールドプレミアが28日にウェリントンで行なわれました。ロードオブザリングのプレミアのときよりも多くの人がウェリントンのレッドカーペットを見に集まるといわれていて、前回は10万人ほどが集ったそうです!これはウェリントンの人口4分の1ですよ!友達もオーストラリアからわざわざプレミアのためにNZに戻ってきました。
16093_426166170783570_1505958594_n.jpg
21808_426166737450180_1686121750_n.jpg
この映画の撮影が始まるまで、かなりの問題を乗り越えてきました。コピーライトの問題、監督の辞退、役者のユニオン(労動組合)との問題。最後には、NZ政府も関わって、交渉なんとかしたくらいです。なので、こうしてやっとプレミア、しかもウェリントンで!となると、ものすごくうれしいものです。2011年の3月21日から、今年の6月くらいまで、長い撮影を超えて、やっとやっと公開です。NZの観光業、映画関係のビジネス、そしてそのスタッフが利用する飲食店、サービス業など、、、、NZの経済にかなりの影響があるのです。NZ航空もホビットテーマの機内安全ビデオ作ってますし、ウェリントン空港には長さ13メートル、高さ3メートルのゴラム像が登場しました。
北島にあるMatamataという町にはホビット村のセットがあります。ロードオブザリングの時もここでホビット村の撮影が行なわれました。LOTRの撮影後にセットは壊されてしまったのですが、ホビットの撮影のためにまた復活しました。今回は、セットが長く残せるように、建築もしっかりとしたものになりました。このロケーションをみにくるファンにとってはとってもうれしいニュースです。ホビット村がこのままずっと残るんですから。去年の10月から数ヶ月映画撮影のためにホビット村ロケーションツアーはしばらく停止していました。その直前に私はツアーに参加して、映画撮影で使われるセット、そのままをこの目に目撃してきました。ファンにとっては、映画の世界に入った気分で、素敵でしたよ。
LOTRの時は屋外での撮影が多かったので、NZの各地にロケーションツアーが登場しました。私もウェリントンでしばらくロケ地案内させていただきました。今回はスタジオでの撮影が多く、ウェリントンのロケは特別にお見せするところありません。スタジオのセキュリティーもかなり厳しいので、ちょっとのぞくとか、そういったことできませんからね。
マッサージ業をつうじて、Wetaに勤めている人達も私の顧客になってくれています。そういった方からちょっとずつ情報をいただけるのでうれしいです。映画業はかなり忙しく、ストレスのたまる職のようです。NZの経済が危ぶまれている中、映画関係業はまだまだ忙しくなるみたいです。ウェリントンがその中心となっています。
予定では2作だったホビットですが、3作に増え、これから数年間、ウェリントンはホビットで盛り上がることだと思います。
Picture 274.jpg

Picture 277.jpgウェリントン空港内に登場した巨大ゴラム像です。

Luggage Carrouselもこんなものになりました。

Picture 320.jpg
Picture 365.jpg

NZ航空の飛行機
エンバシーシアター前に登場した、巨大ガンダルフ像
PB273349.JPGPicture 339.jpg町に登場した、Hobbitマーケット。左側が私です。
空港で一同集合した、プレミア参加の皆様。
Picture 369.jpg

Picture 434.jpg

ウェリントンインフォメーションセンターのスタッフもこんな格好して働いてました。
レッドカーペット。
Hobbitプレミアは、本当に国をあげてのお祭りでした。NZの国の経営のテレビチャンネルでは、朝6時からプレミアの模様放送していました。天気予報を伝える方も、エルフの格好をして、しかもエルフ語で天気予報伝えていたりしたくらいです。こんなにもりあがるのは、NZくらいでしょうかね (笑)。地元新聞もスペシャル版でした。NZ航空もHobbitの絵がかいてある飛行機飛ばしているくらいです。世界各国からファンが駆けつけたプレミア。この勢いでNZの観光業をはじめ、経済が復活してくれるとうれしいものですね。
975_426165250783662_1880344068_n.jpg
74711_426166094116911_1633653854_n.jpg

270151_426165904116930_1281078381_n.jpg305600_426165674116953_638387835_n.jpg386436_426165120783675_830330548_n.jpg406793_426166320783555_1708852976_n.jpg

磯貝輝未さん マッサージセラピスト
<http://www.healingenergy.co.nz/>

Picture 309.jpg

ニュージーランド滞在暦21年。ロードオブザリングが公開されたころから4〜5年ほどウェリントンで日本語観光ガイドしてました。3年前から自営でマッサージセラピスト、エナジーヒーラーとして働きはじめました。人生いろいろと経験して楽しんでます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です