私の最愛の恩師・ミュンヘン宝飾細工師マイスター武市知子さん!!

日経ウーマン読者の皆さん、お元気ですか?早くも梅雨入りしてしまいましたね・・・私、心の準備ができてなかったのですが、、、体調管理など気をつけて今月も元気に!まいりましょう〜
暫くブログ更新していなくて、、、失礼致しました。
でも皆さんにご報告したい、最近とっても嬉しい出来事が。

 「本場ドイツで日本人のマイスターいないかな?」「ミュンヘンだと、ビールなのかな?!」

<以下 facebookの投稿より>
  そんなかる〜い動機で、ネットで検索してメールを打ったのが、3年くらい前。
私のメンターで宝飾細工師マイスター・武市知子さんとの出会いは、私の人生の宝物。
憧れだったジュエリーのPRのお仕事以外にも、自分のプライヴェート、双子姉の結婚指輪の制作、大切なお友達の(恋愛・仕事・健康etc)お守り創り・・・とお世話になりっぱなしです。
そんな知子さんが、JALカード会員さん向けのマガジン「アゴラ」の今月号に8ページにも渡って特集されています!!!
読み進めて行くうちに、もちろん色々知ってはいるけれど、一女性として、日本人として、コスモポリタンとして、人として、知子さんこそが rare gem indeed 世界に一点しかない、光輝くジュエリーであることを改めて実感。


何度読んでも唸るくらい、素敵な記事なんです。
IMG_3819.jpg  IMG_3820.jpg
IMG_3822.jpg  IMG_3823.jpg
知子さんと繋がっていることが、もう幸せで、光栄だなぁ〜
自分が取り上げられることも勿論嬉しいけれど、自分が大切で尊敬している方が素晴らしい記事にされるのは、実はもっと感動だなぁ〜
IMG_1421.JPG  IMG_2366.JPG
決めた、次に彼女を取材するのは、私、私、です!
でもって知子さんとミュンヘン・ツアーを企画いたします(宣言)
このブログでも随時、知子さんからいつも頂いているメッセージ、皆さんに共有させてください。だって私ばかり享受していたら実にもったいない!!
そしてこちらのツアーのタイミングは9月オクトーバーフェス、皆さん詳細どうかお待ちください、乞うご期待!
<さとこさんから、ウーマンブログ読者の皆様へメッセージ>
日経ウーマンをお読みのみなさま
ミュンヘンから、ジュエリー宝飾作家の武市知子です。
goldschmiedとして、ジュエリーをつくり続けて、15年。
女性を美しく、そして幸せにするお手伝いをさせて頂く喜びと同時に、ジュエリーを通してつながるご縁にも日々感謝し、驚きもしています。
まるで、ジュエリー達が、私の想いを運び、つなぎ、また私のもとに届けてくれているかのようです。
ジュエリーは幸せのシンボルですが、
くじけそうになったとき。泣きそうになったとき。
暗闇のなかで絶望しそうになったときに、、、
宝石は、より一層明るく輝いてくれるのでしょう。
私たちが光を見失わないように。そして、心の輝きを思い出せるように。
Jeder ist seines Glückes Schmied…..
誰もが自らの幸せの鍛冶である。とは、ドイツのことわざですが、
みなさまがこれからつくる幸せが素敵なものでありますように。
そして、これからの出会いとご縁に心を踊らせながら。
ミュンヘンより愛をこめて
武市知子
<武市知子さん プロフィール> 
IMG_6254.JPG
1972年生 札幌出身 ミュンヘン滞在歴25年

ジュエリー宝飾作家・ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター・画家・ミュージシャン

4歳よりピアノをはじめる。
小学生時代は、書道、茶道、ピアノ、スキー等のお稽古事をしながら、自然科学に没頭。

幼少時代よりクラシックのみ聴き育つが、14歳の時に偶然へヴィメタに出会い、激しいショックをうける。
ヘヴィメタ、アインシュタイン、ニーチェを心の友に、高校受験勉強中、突然「自分はこのまま日本にいたらだめになる」と覚醒、海外進出を計画。

親の反対をおしきり、北海道教育大学教育学部附属札幌中学校卒業後、15歳で渡独。単独でミュンヘンへ留学する。

現地の高校に通いながら、ミュンヘン市立リヒャルトシュトラウス音楽院ピアノ科教授、H・アルバート氏に師事。

在学中は、学校のビックバンドで、トランペット、ジャズバンドで、ヴォーカルを担当。
まったくドイツ語が出来ない悪戦苦闘の日々を乗り越え、高校卒業試験に無事合格。

卒業後、ミュンヘン美術大学教授、H・ セーガ氏のもとで絵画の勉強をしながら、数々のバンドに、ギター、キーボード、ヴォーカルとして参加。

最後のバンド、art of passion では、スコーピオンズ、asia の前座として、ルーマニアで2万5千人の観客の前でパフォーマンス。メジャーデビューの契約直前で、プロまちがいなし!と思いきや、デビュー前にバンドが解散。

フライエ・ヴェルクシュタト・ミュンヘン、造形デザイン科卒業後、通訳等の仕事をしながら、某航空会社への就職が決まりそうになるが、手に職をつけるために、ドイツ職業訓練システムにてgoldschmied(宝飾細工)を修業。
3年半の修業期間を経て、公認職人資格習得、金細工職人協会特別賞を受賞。

その後、ミュンヘン市立金細工師マイスター学校を首席で卒業、バイエルン州文化大臣より表彰される。

2005年、ドイツのマイスターの国家試験に合格、マイスターの称号を与えられ、バイエルン州初日本人宝飾細工師マイスターとなる。

同年秋、ミュンヘン市内に、美術、工芸、音楽を融合可能な空間をつくるべく、ジュエリー、絵、モダンアートのギャラリー&工房  terra auri をオープン、現在にいたる。

オフィシャルサイト
http://www.terraauri.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です