これからは、ヨーグルトとアロエでUV対策!

先日も書きましたが、私。

ため息が出るような、目が覚めるようなミントカラーマスカラーの魔法にかかり、
ブルーへの愛が止まりません。
ブルー。
透き通るようなブルーの瞳、紺碧の海、雲一つない、あのユタ州のグランドサークルで見た空・・・
でも世界中で一番好きなブルーで真っ先に挙げる場所は、ココ!
ギリシャのサントリーニ島。


GT_Santorini_4.JPG

GT_Santorini_6.JPG
(ギリシャ政府観光局ご提供)

そう、私はまだまだギリシャに夢中・・・!
ギリシャの家って、思い浮かべると白い色の壁が多いと思うんですけど強い日差し対策なんですって。
そんな乾燥してて日差しが強い、ギリシャで開発されたUVケアです!」

と目をキラキラさせながら話してくれたのは、
KORRES NATURAL PRODUCTS コレスナチュラルプロダクト ブランドマネージャーの伊藤里映子ちゃん。

むむむ?


海外、特に欧米では、いらっしゃった方はお分かりかもしれませんが、日に焼けた綺麗なブロンズ肌への憧れが強い。(海外)旅行に行く=お金持ち=セレブの方程式があって、夏になるとヨーロッパでは短い夏を楽しむかのように、とにかく日焼け、日焼け。週末のビーチや湖のほとりは人で賑わう、賑わう。バカンスシーズンのセーヌ川も人工ビーチに早変わり。ドラッグストアではサンタンローションの品揃えが半端ないですし、ささっと肌に塗るだけでブロンズ肌になれる、即席日焼けアイテムなるものもお店にずらーりと並んでいます。

ほら、例えば(記憶が定かじゃないけれど)アメリカのドラマ「フレンズ」で、ロスだったかな、登場人物が家で日焼けマシーンを使って、失敗するシーン・・・あんなこと日本よりも日常茶飯事なのかもしれません。
従って欧米には、美白命!のような女性は皆無といっても過言ではないが、アジアに行くと、日本に限らずタイやインドでも色白=美人の条件や象徴なのだから、不思議。


それで、ギリシャ発のUVケア製品って意外?逆説的な組み合わせじゃない、と思いつつ、私は興味津々。

「コレスは本当にUVケアに力を注いでいて、こんなにラインナップを揃
えているブランドは
他にはないんです!(日本で取扱いのもので、7品目もあるのに、本国は倍くらいあるんですよー!)
青いボトルのものは、オーガニック商品の証のエコサートの認証を受けていますし。生後半年後の赤ちゃんから使えます!
食用ヨーグルトが入っていたり、日本でもやけどに使われていたアロエベラが入っていたりするので、
きちんとUVケアしたい人には、本当におすすめです!
サンスクリーンは、フェイス(化粧下地にも)、フェイス&ボディ(伸びの良いスプレータイプ)、ベビーから使えるもの と沢山あります!
アフターサンは、ヨーグルトクーリングジェルっていうのがあって本当にスーっとするんです。日焼けで赤くなったら、絶対これを使っていただきたい!
アロエベラのチューブタイプは、日焼けって結局やけどですからね。日本でも昔から使われているアロエベラが配合されています。
植物のそれぞれの特徴を感じながら、UVケアをお楽しみ下さいませー」

いやいや、、これまたマスカラ同様、UVケアは今迄の私の人生で無縁でして、自称・美白音痴。
しかし、タイムハニー〜ミントカラーマスカラ〜の流れに乗り、楽しみながら今度はUVにTRY!と相成りました。


ギリシャの オーガニック食用ヨーグルトとは?
うんうん、前々から知ってはいたのですが、ギリシャや発祥の地トルコ、東欧諸国では、ヨーグルトは決して甘くなくて、塩味だったり、酸味が利いていたり、生クリームのように濃厚だったりと、味も様々。食材の一部として、スープに入れたりお野菜と混ぜて食べたりもしますよね。

なんでも古代ギリシャの時代、高脂肪で水分が少なく、濃厚なヨーグルトは、食用以外にも、直接体に塗るなどされていたそうですよ!

コレスさんのキーイングリディアントのヨーグルトには、ラクトース(乳糖)、プロテイン、ミネラル、ビタミンなど栄養分が豊富。



ヨーグルト サンスクリーン フェイス&ボディスプレー SPF30
(70.5% ナチュラル成分 合成着色料フリー、ポリエチレングリコールフリー)

ÅyfullsizeÅz96dpi_korres_bodyspray-SPF30.jpg

顔とボディー両用で、使い易くスプレータイプ、程よいSPF値、つけ心地もUVクリーム特有のあのべたべた感がなく、少量でとても伸びがいい。
といい事づくしで、これまたスボラ!な私のハートのど真ん中に。その他に主な成分として、
オーガニックアクティブアロエ:肌の免疫システムをサポートし肌を保湿
セサミオイル、ババスシードオイル:肌を保護してくれながら柔らかくし、滑らかに
オリーブオイル:抗酸化保護
(リリース資料より)
因みに、ギリシャのオリーブオイルって、一番エキストラエキストラバージンオイルで、濃い緑色をしていて、抗酸化作用が抜群。実際日本に出回っているオリーブオイルは、ギリシャから輸出されたオリーブオイルが、イタリアやスペインでラベルされて、現地のオイルとミックスされて出ているということがよくある・・・そう考えると日本で売られているオリーブオイルの半分が、中身はギリシャ製なのです!

さて、お次のアイテムへ〜



アロエベラ ボディミルク アフターサン 150ML (85.7% ナチュラル成分)


ÅyfullsizeÅz96dpi_korres_Aloe_aftersun.jpg

以前美容家の方に、UVクリームは家を出る前に塗るだけではなくて、その後何度も塗り直すことや、家に帰ってきてからのアフターケアが肝心と伺ったことがありますが、
私の中で保湿力最強!ブランドのコレスさんのアフターサンケアのキーイングリディアントは、オーガニックアクティブアロエ。日本でもアロエは肌にいいとされ、直接塗る方もいらっしゃいますよね。ギリシャでも幅広く使われているボディケア成分・アロエベラを配合し、肌に潤いを与えながら、乾燥で固くなった肌を、柔らかくしてくれるダブル効果が、期待できるとのこと。
スージング、クールなつけ心地で、日焼け後の傷んだ肌を優しく包み込んでくれます。

アロマ豊かなハーブの香りにも癒されながら・・!

他には主に、カレンデュラエキス:敏感肌用化粧品に使われる成分、肌の潤いに。
ミモザエキス:滑らかな肌に。
カモミールエキス:肌を保護。
ビタミンE:保湿
(リリース資料より)

とハーブ大国ギリシャならではの成分もきっちりちゃっかり入ってくれています。

3つ目の”IT” UVアイテムは、
ヨーグルト サンスクリーン フェイスクリーム SPF 50(71.0% ナチュラル成分)


ÅyfullsizeÅz96dpi_KORRES_sunscreen_face_spf50.jpg

紫外線(UVA・UVB)をケアする顔用のUVケアクリームは、前述のオーガニック食用ヨーグルトを配合。
ナチュラルフィルターを使用しているから、肌に優しい、しっかり保湿も忘れない。水や汗にも強く、
化粧下地としても使えるんです!

ものぐさな私、リキッドファンデの代わりに、BBクリームや化粧下地クリームだけということが多いのですが、これからの紫外線が多くなる時期、鼻の上のそばかすが気になる、どうしようと思っていた矢先。SPF値も50と、まさに私の救世主!その他の成分は

シトラスハニー、ベタイン(天然アミノ酸):水分保持 多糖(イースト由来):天然抗酸化成分

(リリース資料より)
などが含まれているそうです。

私の体、手(ハンドクリーム)はピスタチオ味、腕と足はヨーグルト&アロエ味って・・くんくん!

コレスさんのUVケア商品は4月25日発売!美白女子をめざす読者の皆さん、絶対要チェック。

他にもナチュラルスキンケアアイテムがたくさん!詳しい商品内容はこちら:
コレス ナチュラル プロダクト ÅyfullsizeÅz96dpi_KORRES_sunscreenforchildren_spf30.jpg


ÅyfullsizeÅz96dpi_KORRES_Cooling_aftersun.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です