登山発祥の地「フランス・シャモニー」

H&S WORLDWIDE、スタッフKです。
2020年の東京オリンピックで新しい競技に選ばれたスポーツクライミング。
スピード、ボルダリング、リードの3種目の合計点で順位が決まります。
伝統的に強いのは、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリアなどの
険しい岩壁を擁するヨーロッパ・アルプス山脈周辺の国々だそうです。
国際スポーツクライミング連盟のクライミングワールドカップが
今年の7月にフランスのシャモニーで開催されました。
そんな訳で、今回はフランスの東部にある山岳リゾート地『シャモニー』を紹介します。

シャモニーは標高1000メートルに位置していて、美しいアルプスの山々や
標高4,810メートルのヨーロッパ最高峰「モンブラン」を眺めることができ、
街にいるだけでも絶景を見ることができるとても美しい街です。
モンブラントンネルを利用すれば30分でイタリアに行くことができます。
また、モンテ峠を越えればこちらも30分でスイスに行ける非常に便利な場所。
お昼はイタリアで本場のピザを食べてから、夜はスイスでチーズフォンデュを
堪能するなんていうことも出来てしまうそう。なんという贅沢!!

アクティビティも様々で、夏は登山やハイキング、パラグライド、ゴルフができ、
冬はスキー、スノーシューなどのウィンタースポーツを楽しむことができます。
1786年8月8日にモンブランが初登頂されてから、現在の登山というスポーツが
始まったとされているため登山発祥の地として登山家の聖地とも呼ばれています。
ちなみに日本人によるモンブラン初登頂は、1921年に日高信六郎氏が成し遂げました。
学生時代から山登りに親しみながら、外交官としてイタリア大使を務めたという興味深い人物です。

シャモニーのガイド組合は、1921年に創立され
世界で一番歴史のある山岳ガイド組合だそうです。
このガイド組合が1924年から毎年行うのが「ガイド祭り」で、
8月15日にシャモニーの町中がお祭り騒ぎになります。
様々な催しがありますが、ガイアン湖で開催される花火がお祭り気分を盛り上げます。
そのほかにもシャモニー谷では子供向けのクライミング教室などもあるそうで、
小さい頃から山と親しむ土地柄が窺えます。
教会の広場では、今年の名誉ガイドの紹介と新しくガイドになった新人が発表されます。

最近では岩を使ってプロジェクションマッピングをしたり、
シャモニーのガイドたちの歴史を語るショーが行われています。
技術、知識と経験を備え山を安全に案内するシャモニーのガイドたちは、
この地でガイドをすることに対して強い誇りを感じているそうです。
登山が好きな人にとっては、とても特別な場所ですね。
私がシャモニーに行けたらアクティビティよりも、
ピザとチーズフォンデュを同時に味わう旅がしたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です