完全無欠コーヒー「ギ―コーヒー(バターコーヒー)」の再ブーム~From NewYork

海外のトレンド情報、今回は NY から。
数年前にカリフォルニア州シリコンバレーのエンジニアが紹介して即座に話題になった朝食代替ドリンク、ギ―コーヒー(バターコーヒー)をご存知ですか?日本でも専門店が出来たり、少し話題になりましたね。

NY では再ブームで whole foods ではギー(※インドを中心とした南アジアで古くから作られ、食用に用いるバターオイルの一種)がほとんど無くなっていて、「人気なのだな〜」と驚きの状況なのだとか。写真は人気のギーと、すっかり品薄になっている棚の様子です。
コーヒー、ギー(or バター)、MCT(or ココナッツオイル)を混ぜるだけと、作り方もとっても簡単!忙しい朝の時短にも最適なので、是非お試しあれ。

#海外コンテンツ #海外リサーチ #国内視察アレンジ #海外視察 #国内視察 #
海外ロケ #国内ロケ #日本撮影 #取材 #翻訳 通訳 #英語通訳 #PR #海外 PR
#海外展示会 #ジャーナリスト #テレビ #ラジオ #グループインタビュー #トレンド調査 #AI 翻訳 #海外コーディネーター #キャスティング #マネジメント

初!情熱大陸 11/17

https://www.mbs.jp/jounetsu/

ランジェリーデザイナー、
イェガー千代乃アンさんの回で、
英語字幕翻訳(一部)&英訳など、担当させていただきました!

<見逃し配信:11/24 23時まで>

#海外コンテンツ #国内視察 #海外視察 #ラジオ
#海外ロケ #国内ロケ #日本撮影 #取材 #翻訳 #通訳 #英語通訳 #PR
#海外PR #海外展示会 #ジャーナリスト #テレビ #ラジオ #海外コーディネーター #キャスティング #マネジメント
#Japan #Tokyo #fixer #Tokyo2020 #Filming #Research #Translation#Arrangements #Sightseeing #English #visittokyo #visitjapan

リアル野生の王国「ケニア」

H&S WORLDWIDE、スタッフです。
9月から10月にかけて日本で開催されたワールドカップバレー2019。
日本の男子チームは28年ぶり4位という好成績をおさめました。
そんな中、9月に札幌で行われた女子バレーの日本対ケニア戦の後、
両チームが一緒に試合後に記念撮影するという珍しい光景が見られました。
日本とケニアのバレーの歴史において関わりは深く、
1979年に日本人コーチ、桧山弘氏 が初めてケニアへ渡って
指導をするようになって以来、バレーボール界で両国の交流が続いているそうです。
今回はそんなケニア共和国、通称「ケニア」をご紹介します。

アフリカの東に位置するケニア。
ケニアと聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。
槍を持って驚異的な跳躍力を持つマサイ族?
マラソンなどの 長距離走で活躍する陸上選手?
ですが、ケニヤと「ワイン」を結びつけられる人は中々いないのではないでしょうか。
2017年に南アフリカの国際ワインコンクールで賞を獲得したケニア産ワインが日本に上陸しました。
赤道直下で冬がないケニアでのブドウ栽培、ワインの醸造は様々な困難があったそうです。
試行錯誤の末、10年以上の年月を掛けて市場販売まで漕ぎ着けました。
ワインと言えばフランスやイタリア、チリなどが思い浮かびますがケニアで作られたワインはどんな味がするのでしょうか。一度、味わってみたいです。


ケニアにあるナクル 湖には、毎年多くの「フラミンゴ」がやってきます。
フラミンゴはソーダ湖と言う特別な水質の湖でしか生きられず、
そこに発生する緑の藻を食べています。
この藻を食べ続けることでフラミンゴは、あの目の覚めるようなピンク色になるそうです。
それが、数年前からエルニーニョ現象による大雨の影響で雨水が湖に大量に流れ込み、エサとなる藻がなくなったことや湖の汚染などからナクル湖にやって来なくなりました。
ケニアの野生生物保護を担うケニア野生生物公社はこの問題を大きく捉え、
地域の住民も巻き込んで湖に流れ込む水の清掃を定期的に行うプログラムを開始したそうです。
その後、湖に流れ込む水の量もゴミも減り再びフラミンゴの群が戻ってくるようになりました。


野生生物の宝庫と言われるケニアですが、一方で人口や産業の増加から
存続を脅かされている種も多く今後いかにしてケニアの宝とも言える
野生動物や植物と共存しながら、国として発展していくかが大きな課題だと言われています。
リアルな野生の王国であるケニアで、 本物のサファリツアーを体験してみたいです。

Theres No Place Like Radio♪

Yuo, my french boss is back on the live radio show on J-Wave today…its been actually over 15 years since I got involved in its production & never a dull moment!

今日は生放送、J-waveにお邪魔してきました!思えばBossのFlorentとの出会いもラジオ。ラジオは自分の一部、始まり、落ち着く場所。

語学学習は何よりも好きではないといけないと、florent. You are never too old to learn anything,ということで、フランス語、頑張るぞー!

ワタシ、日本語&英語しかできませんが、ここで、メディア(ビジネスでも)で使える英語やイギリス英語なども、つぶやいていこうと思います。

~Emi

#海外コンテンツ #国内視察 #海外視察 #ラジオ
#海外ロケ #国内ロケ #日本撮影 #取材 #翻訳 通訳 #英語通訳 #PR
#海外PR #海外展示会 #ジャーナリスト #テレビ #ラジオ #海外コーディネーター #キャスティング #マネジメント
#Japan #Tokyo #fixer #Tokyo2020 #Filming #Research #Translation #Arrangements #Sightseeing #English #visittokyo #visitjapan

さようなら自由が丘!!そして!!

長らくお世話になった自由が丘オフィスを離れる事になりました。オープンパーティーがついこの前のようです。世界中からもたくさんのHandsomeWomanの方々がいらして下さいました。

そして今度は目黒の不動前のシェアオフィスに移転します!
そして×2、我々も10期目に突入しております!
そして×3、Instagram始めました!

ニュースたくさん(笑)引き続き変わらぬご愛顧を、どうぞ宜しくお願いします!!

<新住所>
東京都品川区西五反田3-15-6 リードシー目黒不動前ビル

<Instagramアカウント>
hands.worldwide

#海外コンテンツ #海外リサーチ #国内視察アレンジ #海外視察 #国内視察 #海外ロケ #国内ロケ #日本撮影 #取材 #翻訳 #通訳 #英語通訳 #PR #海外PR #海外展示会
#ジャーナリスト #テレビ #ラジオ #グループインタビュー #トレンド調査 #AI翻訳 #海外コーディネーター #キャスティング #マネジメント

【HSWW新メンバー紹介】第31弾 今回はアメリカはニューヨークから!

海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwideの新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介しているコーナー、今回はニューヨークより渡邉なおこさんの御紹介です。(http://hsww.jp/profile.php?id=303)

ニューヨーク市の公認ガイドライセンスをお持ちのなおこさん。現地の食やファッションなどのトレンドカルチャー、リアルなライフスタイル情報を雑誌などのメディアを通して発信されている傍、企業のコーディネーターとしても活躍されているハンサムウーマンです。

なおこさん、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

渡邉なおこさんからのメッセージ:

はじめまして、ニューヨークを拠点としている渡邉なおこと申します。新しいもの好きで良いものはどんどん取り入れていくけれど飽きっぽく、そう思えば古いものも意外と多く残っているという懐の深さもあるニューヨーク。時と共に生まれるトレンドと、月日が流れても変わらない魅力のあるもの、そしてニューヨークに住んでいないと分からない情報を皆さまと共有できれば幸いです。

そして現在、最も注目していることはサステイナブルです。以前に訪れたアップステート・ニューヨークにある農場、ブルーヒル(Blue Hill Farm)の写真をご覧ください。ここは、現在定着しつつある「農場から食卓へ(Farm to Table)」を最初に始めたことでも知られています。

農場内のレストラン「ブルーヒル・アット・ストーンバーンズ(Blue Hill at Stone Barns)」では、朝一に収穫された新鮮な食材を使った料理が楽しめます。ここは全米から人が訪れる人気店で予約は数ヶ月待ちです。その他、新鮮な野菜や精肉、生花、雑貨を販売するギフトショップ、惣菜やこだわりの美味しいコーヒーが飲めるテイクアウト専門のデリがあります。

ファーム、レストラン・デリ、ギフトショップと全てが連動していて、『作る食べる納得できる製品を使って生活する』というライフスタイルの提案が秀逸でした。さらにそれだけでは終わらず、教育と研究機関としても機能しており、レクチャーやイベント、書籍出版も行なっています。

あらゆる業界、企業で実践されているサステイナブルな取り組み。ご興味のある方はどんな些細なことでも結構ですので是非ご連絡ください。