【HSWW新メンバー紹介】第29弾は東欧の国、アゼルバイジャン共和国から!

海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwideの新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介しているコーナー、今回はカスピ海に面した、アゼルバイジャン共和国の首都バクーより和田未有さんの御紹介です。(http://hsww.jp/profile.php?id=299)

アゼルバイジャン人の旦那様と共に現地に移住して一年。アロマセラピストとして働かれている傍ら、日本語の家庭教師としても活動していらっしゃいます。バクーならではの歴史と文化が滲み出る独特の街並みや、現地の食文化に魅力を感じられているようです。現地のお写真もたくさん送っていただきました!ありがとうございます!

未有さん、今後ともよろしくお願い致します!

和田未有さんからのメッセージ:

こんにちは!
アゼルバイジャン、バクー在住の和田未有と申します。
アゼルバイジャン人の夫とは、10年前にイギリスで出逢い、縁があり、3年間の遠距離恋愛の末、晴れて昨年9月末にこちらに移住してきました。
アゼルバイジャン、日本でも最近、少しずつメディアに出て来て、国名を聞いたことのある方も増えてきていると思います。
首都バクーは、日本では「第2のドバイ」と謳われていますね。
バクーは、そんなオイルマネーを感じるビカビカの場所もあれば、旧ソ連を思わす廃れた場所や、ヨーロッパの雰囲気漂うオシャレな通り、イスラムを感じるモスクや文化、迷路のようになっているオールドシティ、色々な顔が楽しめる街です。
果物や野菜、ナッツも豊富に採れ、カスピ海の魚も楽しめます。アゼルバイジャン料理は美味しいものばかりです。
2016年から、毎年、F1も開催され、Bakuのコースは世界最速のストリートサーキットとも呼ばれています。今年初めて観に行き、あまり興味がなかった私ですが、その迫力に大興奮でした!!
是非一度、お越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です