幸福の黄色いハンカチ「フィジー」

H&S WORLDWIDE、スタッフです。
2020年の東京オリンピックに先駆けて、今月から日本で行われる2019年ラグビーワールドカップ。
今回はワールドカップでの活躍も期待されるラグビーが国技の『フィジー』を紹介したいと思います。
フィジー共和国、通称フィジーは、イギリス連邦加盟国です。
330以上の島々からなる、火山やサンゴ礁でできた南太平洋上にある群島国家。
ビーチリゾートのイメージが強いフィジーですが、
火山が多いため天然の泥温泉があり現地ではマッドプールと呼ばれています。
美肌効果や皮膚病に効果があるため、観光客はもちろん地元の人達も利用しているそうです。

今年のラグビーワールドカップで台風の目になるかもしれないと言われている
フィジー代表の「フライング・フィジアンズ」が、7月13日に地元スバで歴史的な勝利をあげました。
ラグビーの強豪ニュージーランドのマオリ・オールブラックスに27-10で快勝しました。
フライング・フィジアンズがマオリ・オールブラックスに勝ったのは1957年以来、実に62年ぶり。
意外性にあふれるパスと突破で織りなす攻撃は「フィジアン・マジック」と呼ばれているそうです。
2016年のブラジル・リオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得し、
選手たちがフィジーに帰国した日は国中が祝賀ムードで祝日になったそうです。
7人制ラグビーでの金メダル獲得を記念して、世界初の7ドル札も誕生しました。
ラグビーワールドカップでは1987年、2007年大会でも8強進出を果たしています。
フィジー代表のワールドカップでの活躍が楽しみです!

そんなフィジーには、元受刑者の社会復帰を応援する
「イエローリボンプログラム」というユニークな取り組みがあります。
フィジーの刑務所が取り組んでいる活動で、日本の映画
「幸福の黄色いハンカチ」がモチーフになっているそうです。
数年前にフィジーは「刑務所」を「矯正施設」という名称に変更し、
受刑者を仕事ができる状態にして、社会に戻すための様々な取り組みをしています。
出所後でも働ける能力を刑務所内で身につけられるように、
農業や養鶏業、陶器づくり、服の仕立てなどの様々な仕事を受刑者にしてもらいます。
1日あたり2フィジードル(約120円)の給料が各受刑者に支払われ、
それを出所後の自分のビジネスの資金源にしたり仕事に必要な道具を買ったり、
そのお金で大学へ進学する元受刑者もいるそうです。
また、一般社会の中で受刑者を受け入れてもらいやすくするために、
受刑者たちが老人ホームの掃除などの社会貢献活動をする様子を、新聞やテレビで報道することで
イエローリボンプログラムを広く知ってもらう活動も行われているそうです。

ハネムーンの旅先にも選ばれる、海が綺麗で楽園のようなフィジー。
そんなフィジーに住む人達の何に対してもいい意味で緩いところが
イエローリボンプログラムのような取り組みを実現する原動力になっていのではないでしょうか。
過ちを犯してしまった人達を許して受け入れる、とても素晴らしい心温まる取り組みだと思います。

登山発祥の地「フランス・シャモニー」

H&S WORLDWIDE、スタッフKです。
2020年の東京オリンピックで新しい競技に選ばれたスポーツクライミング。
スピード、ボルダリング、リードの3種目の合計点で順位が決まります。
伝統的に強いのは、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリアなどの
険しい岩壁を擁するヨーロッパ・アルプス山脈周辺の国々だそうです。
国際スポーツクライミング連盟のクライミングワールドカップが
今年の7月にフランスのシャモニーで開催されました。
そんな訳で、今回はフランスの東部にある山岳リゾート地『シャモニー』を紹介します。

シャモニーは標高1000メートルに位置していて、美しいアルプスの山々や
標高4,810メートルのヨーロッパ最高峰「モンブラン」を眺めることができ、
街にいるだけでも絶景を見ることができるとても美しい街です。
モンブラントンネルを利用すれば30分でイタリアに行くことができます。
また、モンテ峠を越えればこちらも30分でスイスに行ける非常に便利な場所。
お昼はイタリアで本場のピザを食べてから、夜はスイスでチーズフォンデュを
堪能するなんていうことも出来てしまうそう。なんという贅沢!!

アクティビティも様々で、夏は登山やハイキング、パラグライド、ゴルフができ、
冬はスキー、スノーシューなどのウィンタースポーツを楽しむことができます。
1786年8月8日にモンブランが初登頂されてから、現在の登山というスポーツが
始まったとされているため登山発祥の地として登山家の聖地とも呼ばれています。
ちなみに日本人によるモンブラン初登頂は、1921年に日高信六郎氏が成し遂げました。
学生時代から山登りに親しみながら、外交官としてイタリア大使を務めたという興味深い人物です。

シャモニーのガイド組合は、1921年に創立され
世界で一番歴史のある山岳ガイド組合だそうです。
このガイド組合が1924年から毎年行うのが「ガイド祭り」で、
8月15日にシャモニーの町中がお祭り騒ぎになります。
様々な催しがありますが、ガイアン湖で開催される花火がお祭り気分を盛り上げます。
そのほかにもシャモニー谷では子供向けのクライミング教室などもあるそうで、
小さい頃から山と親しむ土地柄が窺えます。
教会の広場では、今年の名誉ガイドの紹介と新しくガイドになった新人が発表されます。

最近では岩を使ってプロジェクションマッピングをしたり、
シャモニーのガイドたちの歴史を語るショーが行われています。
技術、知識と経験を備え山を安全に案内するシャモニーのガイドたちは、
この地でガイドをすることに対して強い誇りを感じているそうです。
登山が好きな人にとっては、とても特別な場所ですね。
私がシャモニーに行けたらアクティビティよりも、
ピザとチーズフォンデュを同時に味わう旅がしたいです!

実は身近な国「キルギス」

H&S WORLDWIDE、スタッフKです。
2022年サッカーワールドカップ、カタール大会の予選が6月からスタートしました。
9月から始まる2次予選の組み合わせが発表され、
日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルがいるグループFに入りました。
今回は、日本人と顔が似ていると言われている『キルギス』の話をご紹介します。
キルギス共和国、通称キルギスは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家。
万年雪の天山山脈や寒い冬でも凍らない神秘的なイシククル湖など、雄大な自然が魅力です。

そんな豊かな自然が育んだキルギス産の蜂蜜は、日本でも人気がある特産品のひとつ。
とくに有名なのは「エスパルセット」という白い蜂蜜です。
エスパルセットとはキルギス高山地域に育つマメ科の植物で、
毎年6~7月になると満開になるピンク色をしたとても綺麗な花が咲きます。
この蜂蜜にはグルコン酸、酵素、各種ビタミンなど多くの栄養分が含まれており、
美容のためや風邪をひいたときなどは必ず食べるそうです。
日本はちみつマイスター協会は、蜂蜜の日(8月3日)に合わせて
最もおいしい蜂蜜を選ぶコンテスト「第5回ハニー・オブ・ザ・イヤー」を開催。
試食投票で最も得票数が多かった、海外産部門の来場者特別賞に輝きました。
蜂蜜界のロールスロイス(?!)とも言われるこの蜂蜜、一度味わってみたいですね。

同じくキルギスの名産品として外せないのがフェルト製品です。
キルギスは羊の産地としても有名で、郷土料理にも羊の肉は欠かせません。
羊の毛を使って作るフェルト製品はすべてが手作りで、
伝統的な模様を使った敷物やバッグなど素敵な商品がたくさんあります。
このフェルトから作られる「シルダック」という敷物は、
冬は暖かく夏は涼しく使うことができ、とても丈夫で何年間も使えるそうです。
また、「カルパック」という男性用の伝統的なフェルトの帽子は
寒さからも暑さからも頭を守ってくれるもので昔の人達は大切にしていたそう。
キルギスでは古くからフェルトが生活に根付いていることが分かります。

2011年から日本のJAICAと無印良品が協力して、
より高品質なフェルト製品を作るためのプロジェクトを立ち上げました。
JICAは、ソ連崩壊から20年以上が経ち地域経済の衰退といった問題が深刻化しているキルギスで、
一村一品運動をベースに、農民が現金収入を得てコミュニティの活性化を図る支援活動をしています。
また、無印良品はこのプロジェクトで、通常の商品と同じクオリティとデザインレベルを追求。
キルギスの生産者は収入だけでなく製品作りのノウハウを得て、
無印良品は良質な製品を得るという関係を築いているそうです。
キルギスという遠い国がフェルト製品を通して、とても身近に感じられますね。

You Are What You Wear…?!

つい最近に春が来たと思ったら、いつだってキマグレで短い春(しかも時々嵐も吹いたり、冬に逆戻り?のような天候になったり?)、心の準備がまだなのに、帽子&サンスクリーンがかかせない、週末ですね。
実は、会社でお世話になっているコンサルの方から、
麦わら帽子って、何?』って聞かれて、思わず私、「その質問、どこから来ました?私が帽子人間だということ、どうして分かったのですか?」と答えてしまいました。

いきなりですが、皆さん。
今まで「似合わない」と思っていた、思い込んでいたことが違っていることって、ありませんか?私の場合は帽子。そうだなぁ、数年前くらいでしょうか、私の場合帽子デビューが極端に遅い。ほら、いますよね、帽子はずっと自分の一部、ファッションとして通年、ずっとしている男女。私の場合は全然違いました。
私の顔は小さめなのですが、額の横幅が長くて、縦幅が短いので、帽子選びが難しいんです。沢山の商品がおいてある帽子専門店で専門家のアドバイスのもと試着してみても、何一つピンとくる帽子に出会えませんでした。とりわけ日本サイズのハンチング帽なんかかぶったら、帽子が歩いているみたいで、すごく嫌だったんですね。ザ・ミスマッチ。むしろキッズサイズや西洋の、インポートもののほうが合っていました。それゆえ、私は帽子が似合わないんだとずーっと思い込んでいました。※地球博@カナダブースにて、何度か”アン仮装”にTRY!

そんな時オフィスの帰り道、仕事相方に教えてもらったブランドの中古セレクトショップにふらりと立ち寄ったら、吸い込まれたように、マネキンがかぶっている麦わら帽子に目がいって。かぶってみると、うん、なかなか、悪くないじゃない。 Made in Italyでブランド名は知らなかったけれど、気に入ったので即購入。以降、この麦わら帽子は、イギリスや北欧などの海外、国内ロケ・出張と、あらゆるシーンを共にしてきたパートナーであり、一番の思い出が詰まった帽子となりました。
2年前の夏、国内出張、新潟・魚沼での「米」ロケの時。タイとアメリカの米農家・農協関係者が来日し、私は通訳とコーディネートをしていたのですが、皆で長靴を履いて畑の前でグループショットを撮ったら、写真を見た仕事相方たちに、「絵美ちゃんの帽子が農作業用に見える」だの「およねーず?」とかなんとか言われて、ナニソレ?!?!とリアクションしたこと、も。今でも思い出すとおかしい(大笑)。今では使用しすぎて、スーツケースにも入れすぎて、型くずれしてきて、少し悲しいけれど。帽子にも寿命があるんですね、当然かぁ。

昨年の夏はまっていて、デートでもアウトドアでも旅行でも大活躍だったのはヘレンカミンスキーのラフィア帽。くしゃくしゃできて持ち運びに超便利だし、形も微妙に自由自在に変えられるのも楽しいです。私が持っているのはつばの広いものですが、小さめのもおすすめ。少し高価だけど、原料もいいし、ハンドメイドだから、納得のお買い物です。(とはいえ、例の中古セレクトショップで購入しましたけれど。)少しだけ難点は、マスコミとはいえ、仕事場でバカンス帰りに間違えられること(苦笑)。※写真真ん中はエヴィアン・スパ本場のオフィシャルストアで購入、エヴィアンマスターズキャップ。

一つ、麦わら帽子にまつわる悲しいやら珍しいやらのエピソードも。
ランチ後ふらりと立ち寄ったブックオフで買った、ロンハーマンのウエスタンぽい麦わら帽子。いつものパターンで気に入った即購入。この日の午後は六本木ヒルズのスタジオでテレビ番組収録があるので、この帽子を早速かぶり、わくわく気分で電車のホームに立っていました。ええ、風の強い日でした。皆さん、何が起きたが想像は容易につきますよね?ホームで派手に飛ばされたのです、そして線路にきれいに弧を描いて落下。

ああああああああああああああああ・・・・

何度も風で飛ばされ、駅員を呼び助けを求めるも、この子は、針金が飛びでて、炭だらけで、ぼろぼろのお姿で救出されたのでした。
その後、帽子専門店に紹介された修理屋さんにも依頼したのですが、全く私の思い通りに復元ならず。こりゃあ、残念だ。ああ残念だ。でも、帽子は、一期一会。ふと出会い、繋がるも、離れていくものもある・・・執着からは何も生まれないね・・・きっと縁がなかった、私の一部となるアイテムじゃなかったということ。こう意味づけて、前に進みます。

今では私、帽子がないとなんかピンとこない。なんかしっくりこない。頭が涼しくて、すかすかな気がする。家を出てオフィスに向かっても、何か忘れ物をしてきたような、何かが足りないきがする。テレビ番組のスタジオ収録で、帽子をいつもかぶっているアメリカ人ジャーナリスト数名にも、”You are such a hat person, how many hats do you have?” と帽子人間に認定されちゃいました。やったね!

秋冬になると、ざっくり編みの毛糸帽やトラッドなウール帽のシーズンです。自分らしいアイテムは、ラビット毛の帽子。これは私のトレードマークとなっています。これは、ミュンヘン在住の私のメンターで宝飾細工師マイスターの方のハンドメイドだよ!見た目、ロシアンハットのようだから、「ロシアから来たの?」ともよく言われるんですけれど、見た目より生地が薄いので、それほど暖かくないんですよ・・・

と、帽子のトピックはつきません。よく言いますよね。ファッションは自己主張だと、ファッションも立派なステイトメントの一部。帽子はもはや、単なるファッションを超えた、私の一部。You are what you wear! 思い込みこそ捨てて、挑戦すべき!今年はどんなハットにトライしようかな。。。

そして、これは番外編。この春から、クロスバイク(bianchi roma4)通勤デビュー!両親との約束で、最近は頻繁にヘルメット姿デス・・・!ははは。
※工場見学(ロケ通訳)につきものの帽子(とかっぽう着)、映画配給会社から送られてきた、今まででイチバンタマゲタ被り・贈り物、スウェーデンの夏の風物詩ザリガニパーティーのザリガニ帽!

 

EH