【HSWW新メンバー紹介】第34弾の今回はブラジルの首都ブラジリアから!

海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwideの新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介しているコーナー、今回はブラジルの首都ブラジリアから杉浦敦子さんのご紹介です。 http://hsww.jp/profile.php?id=302

現地在住7年。旦那様とご夫婦お二人で切り盛りされている日本食レストランでは、仕込みから調理、接客、経営に至るまで運営の全てを担う凄腕ハンサムウーマンでいらっしゃいます。

日本の家庭料理から地方料理など、無添加&手作りにトコトンこだわった、”オーセンティック”な日本の味がブラジルの首都で楽しめる杉浦さんのお店、是非行ってみたいですね!

杉浦敦子さんのからのメッセージ:

オラー!
ブラジルの首都、ブラジリア在住の杉浦敦子と申します。
主人は中学の同級生で、共に日本人の夫婦です。

2013年に主人の長年の夢であったブラジルに移住し、
現在は、ブラジリアで唯一の、純粋な日本人が経営する、
日本食レストランのオーナーをしております。

ここブラジリアは、首都であり、政治の街です。
約60年前、何も無かった高原地帯に、突如計画して作られた人工的な街で、
官庁群と人々が住むアパート群が静寂の中にレゴブロックのように並び、
宇宙の中にいるような街の作り、奇抜な建築物、人っ気の無さは、
クールで無機質な印象を持たれると思います。

サッカーの有名なチームがあるわけでも、特有の文化があるわけでもありませんが、歴史を持たない首都として、街そのものが世界遺産として登録されているという、異例の都市でもあります。

レストランを通して従業員とお客様、毎日多くのブラジル人と接する私だからこそ
特別に得ることのできる情報を、今後も発信していけたらと思います。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です